昭和のペンギンが、平成21年にフランス語開始。インターネットがあるから家でも勉強できるよ。あなたも一緒にどうですか?

menu

フランス語の扉を開こう~ペンギンと

フランス語脳プロジェクト(フランスダイレクトスクール)の仏検講座~合格率70%の秘密

仏検対策講座

2016年10月3日追記:このスクールから卒業して、独学することにしましたので、現在は、特にこの教材をおすすめしてはいません。pen

仏検の勉強法、どうしたらいいかわからず、困っていませんか?

学校に通う、過去問の問題集をとく、テレビやラジオ講座を利用する・・・いろんな方法があります。

でも、毎回準備不足で当日を迎えてしまう、モチベーションが続かない、どうしても合格できない・・・そんな方にはフランス語脳プロジェクトの仏検対策講座がおススメです。

私は去年の春に2級の講座、秋は2級と準一級講座を受けてみました。

とはいえ、そばに試験会場がないため、仏検そのものは受けたことがありません。

試験では総合力が問われますので、基礎力アップのため受講したのです。

二度ともスケジュール的にきつく、最後まで力を出し切ったとはいえないのですが、受講してよかったです。

試験は受けられませんでしたが、仏検対策の勉強法を実践することで、語彙を増やし、文法であやふやなところをつぶし、総合力を高めるのに役立ちました。

私の個人的な感覚だけではなく、数字上でもこの仏検講座の実力は証明できます。

この仏検講座の受講生は、なんだかとても合格率がいいのです。

春の2級の講座
一次試験の合格率:78パーセント
二次試験の合格率:(つまり最終)71パーセント

秋の準一級の講座:
最終合格率が71パーセント

10人に7人の受講生が合格しています。

参考までに、apefdapf | 仏検のAPEF/公益財団法人フランス語教育振興協会の発表によると2012年の最終合格率は

1級  10.6パーセント
準1級 21.5パーセント
2級  春32.0、秋32.3パーセント

1級は10人に1人、準1級は10人に2人、2級は10人に3人合格しています。その年によって多少の変動はあれど、だいたいいつも同じくらいの合格率です。

比較すれば、一目瞭然ですよね。これだけ合格率の低い難しい試験であるにもかかわらず、なぜプロジェクトの仏検講座の合格率がこんなに高いのでしょうか?

 
主催する織田先生は「メンバーの潜在能力が高いから」とメールに書かれていました。

きょうは私なりに、この仏検講座の高い合格率の理由を考えてみました。

5つの理由が考えられます。

1.メンバーの高い潜在能力
2.合格という明確な目標設定
3.パワフルな授業
4.受講生同士のネットワーク
5.メンタル面のサポート

ではひとつずつ説明してみますね。

1.メンバーの高い潜在能力

これを確かめる方法はないのですが、大手の学校に比べて生徒が少ないため、受験する人数そのものが少ないです。つまり、受験者が淘汰されているのでしょう。

大手の学校や、大学の仏文科だと、極端な話「なんとなくすすめられて」「必要みたいな感じだから」受験するという受験者も多いのでは?

その点、プロジェクトの受講生さんはかなり本気です。

どんな試験でもそうですが、「受かったらいいな」という運頼みの受験では、勉強にも身が入りませんし、結果もついてこないということです。

2.合格という明確な目標設定

どんな試験にも傾向と対策があり、それは仏検も同じです。

過去の合格率がだいたいいつも同じということは「失点させる」出題の仕方だということです。

たとえば、準一級のディクテは性数一致、時制の一致など、多くの人がうっかり間違えてしまう問題があります。

こうしたひっかけに対応するため、いわゆる受験テクニックが惜しみなく講義に入っています。

3.パワフルな授業

課題図書の提示に始まり、各問題ごとの概論説明に、実際に問題を解きながらの授業がなされます。

秋には準一級対策を見据えた作文講座もありました。また、受講生の質問は、先生が音声で回答し、全員に配信されます。

とにかくたくさんzipファイルが届きます。

その都度、タイミングを見計らって必要な情報が届くので、勉強のペースやモチベーションを維持しやすいのです。

4.受講生同士のネットワーク

フェイスブック上のコミュニティで情報交換(参考⇒フェイスブックを少し見直した話)をしたり、受講生自身が用意した教材の配布がありました。

自分の勉強時間を削って、みんなのために教材を作ってくれるなんて親切すぎますよね。

2級用に1番の前置詞問題の過去問。準一級用に「名詞化辞典」の問題が毎日届きました。大変ありがたかったです。

5.メンタル面のフォロー

試験2週間前ぐらいからメンタル部分の考え方に関する音声が配信されます。ウサギのようにばっちり対策できたと自信満々の人も、カメのようにまだまだ準備中で不安な人も、両方サポートしてくれます。

これでかなり救われたという受講生さんが多かったです。

試験という「一発勝負」の場では、自分の潜在能力を集中して出す必要があり、メンタル面をコントロールすることはとても大事です。こうした仏検対策を実践している講座はきっと他にはないと思います。

講座を受講すると、教材、音声がどんどん届いて、自然に受験体制の渦に巻き込まれてしまいます。

しかも、上記で述べたような5つの「仕掛け」もあり、微妙なレベルにいる人が基準点ぎりぎりでどんどん合格してしまいました。

フランス語脳プロジェクト流の「いい雰囲気に引っ張られて思わず勉強してしまう仕掛け」が、仏検対策講座にもたっぷり込められていた結果だと思います。

受験しなかった私は、春、秋ともなんとなく置いてけぼりをくってる気分でした。

パワフルなフランス語脳プロジェクトの仏検対策講座、この春も5月から行われ、たくさんの方が一次試験を基準点ギリギリで合格されました。

「まだ仏検なんて考えられない」という入門レベルの人、この記事を読んで「いつかは仏検に合格したい!」と思った人、まずはフランス語脳プロジェクトの扉を叩いてみて下さい。期間限定の無料体験ができます。

インターネットで学習できるので、場所や時間を選びませんし、
何より「えっ!?なんでこんなにわかっちゃうの?」という霧が晴れるような体験を味わって欲しいと思います。

「独学では限界を感じる」と思っているあなたは、この機会をお見逃しなく!

☆最初にも書いたように、2016年10月4日をもって、フランスダイレクトスクールをおすすめすることはやめました。仏検講座は悪くありませんでしたが。

興味のある方は、ネットで検索すれば、紹介している受講生さんがいると思います。



  1. こんばんは。
    ペンさん、また教えてください。
    虎と小鳥の件で何かすっきりしない不安な気持ちでおりました。でもそんなことに振り回されてる時間も惜しくなり、最後には自分の目的を再確認して初心に戻ることでまた勉強の意欲が戻ってきました。仏検もまだ早いと思ったのですが2級目的で始めたことですし、またいつ不安なことが起きるか解りませんでしたので申し込んだのですが、織田氏のメールの意味がよくわかりません。感想など求めているようなのですが、返信しないとその後は何も贈られてこないということでしょうか?一度観想コメントして答案のDWもできないことを言ったのですが、その後解説が送られてきて解答あわせは3問までできました。結果はぜんぜんだめでしたが・・・ペンさんは返事のコメントとか問題の訳とか提出なさったのでしょうか?よろしかったら教えてください。氏のメールは私には理解不能です。参考書も手配いたしましたがこの秋は実力もともなわないので来春にしようと思ってます。

      • フランス語愛好家
      • 2014年 10月 15日

      yukiさん、こんにちは。
      コメント、ありがとうございます。
      仏検講座、申し込まれたのですね。
      ご質問にお答えします。

      >織田氏のメールの意味がよくわかりません。感想など求めているようなのですが、返信しないとその後は何も贈られてこないということでしょうか?

      該当のメールの内容がわからないので私には何とも答えられません。

      >一度観想コメントして答案のDWもできないことを言ったのですが、その後解説が送られてきて解答あわせは3問までできました。

      ということは、メールはちゃんと届いているということなんですね?

      >ペンさんは返事のコメントとか問題の訳とか提出なさったのでしょうか?
      課題は期限内に提出していました。

      >氏のメールは私には理解不能です
      わかりにくい点があれば、問い合わせすればいいと思います。
      先日、ダイレクトフランス語スクールになってからの問い合わせ先のメアドが
      書かれたメールが届いていました。問い合わせ先、ご存知ですよね?

      尚、講座の具体的なことについては、コメントではなく、お問い合わせして
      いただければ、もう少し詳しく答えることができます。

      ダイレクトフランス語スクールの教材は有料で提供されているため、
      どなたでも閲覧できる、ブログのコメントらんに書けないこともままあるからです。

      yukiさんの。仏検でのご健闘をお祈りしております^^

  2. ペンさんいつもありがとうございます。
    今朝このタイミングで模擬試験感想フォーラムが届きました。次に試験の解答DWも今頃届きました。もっと早くに届いていたならば変に疑う余地も無かったのに、いろいろな心理的な攻略方?メールばかりででわけ解りませんでした。私の無知ゆえなんでしょうが、このことも課題といっしょに書いて返信しようとおもったのですが、このことは削除しました。講座など楽しく勉強させて頂いてよいと思いますが、どうも事務処理とか会社組織内容に問題、疑問ありで懸念され残念です。最近私も確認したいことがありFBに登録いたしました。このようにメンバーによって教えれれることありで理解できないこと多すぎます。ペンさんにみなさん救われてますよね。tipaの消えていくビデオは寂しいものですよね。手元にあるビデオを大切に勉強しようと思います。ありがとうございました

      • フランス語愛好家
      • 2014年 10月 16日

      yukiさん、こんにちは。
      メールはちゃんと届いたのですね。よかったです。

      何か、疑問点などありましたら、
      問い合わせしたほうがいいですよ。
      新しくフリーダイヤルもできるそうですから
      直接電話してもいいですね。

      コメント、ありがとうございます。
      仏検、がんばってください。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね☆

◆お気に入り登録は Ctrl+D

◆ツイターで更新情報、フランス語の表現などつぶやいてます。
◆つぶやきのログはこちら ⇒pen(@mlle_pen) - Twilog
◆Feedlyでフィードをとって読むと何かと便利↓↓penも愛用中
follow us in feedly

逆アクセスランキング☆彡

毎月1日にリセットします
どなたもふるってご参加を!
2以上のアクセスから参加できます(^O^)/
アクセスランキング

アーカイブ

このブログの運営者

運営者こんにちは。フランス語愛好家のpenと申します。 フランス語を自宅で学習して正味3年8ヶ月です。おもにインターネットの講座とラジオ講座(ストリーミング放送)を利用してます。学習するにつれて自分の世界がどんどん広がってきました。
このブログには日々の学習や、フランス語について書いています。コツコツ謙虚に学んでいきたいです。もう少し詳しい自己紹介はこちら⇒penはこんな人
プライバシーポリシー・免責事項・著作権

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちらからどうぞ
封筒
⇒お問い合わせフォームへ

お気軽に^^