昭和のペンギンが、平成21年にフランス語開始。インターネットがあるから家でも勉強できるよ。あなたも一緒にどうですか?

menu

フランス語の扉を開こう~ペンギンと

悲しみの庭~ジョルジュ・ムスタキ、歌と訳詞

デイジー

23日、ニースでジョルジュ・ムスタキが亡くなったというニュースが飛び込んできました。79歳。肺の病気だったそうです。2009年に病気で活動停止したのですが、それからずっと患っていたようです。

・・・とても残念ですね。

でも素晴らしい曲をたくさん残してくれました。

ジョルジュ・ムスタキの経歴についてはこちらで書いています。
歌と訳詞:3月の水~ジョルジュ・ムスタキ その1

きょうは追悼の意味をこめまして「悲しみの庭」という曲をご紹介します。

邦題の「悲しみの庭」は、例によって安易なタイトルです。「悲しみの~」という曲、多すぎますね。

原題は Il y avait un jardin 「ある庭があった」です。

ムスタキはある庭を探しているのですが、その庭はべつに悲しいものではありません。かつては、この世にあった庭。それを失ってしまったことが悲しいといえば悲しいのですが、彼は悲しみにくれているというより、探し続けているのです。

では、曲を聞いてください。

Il y avait un jardin Georges Moustaki
3分30秒

※歌詞はこちらを参照願います⇒Georges Moustaki – Il Y Avait Un Jardin Lyrics

最初の二つのフレーズだけオリジナルを引用します。

Il y avait un jardin
かつて庭があった

C’est une chanson pour les enfants
Qui naissent et qui vivent entre l’acier
Et le bitume, entre le béton et l’asphalte
Et qui ne sauront peut-être jamais
Que la terre était un jardin

これは子どもたちのための歌です。

彼らは銅とタール、コンクリートとアスファルトの間で生まれ、暮らしています。

そしてたぶん大地が庭であったことを決して知ることがないのです。

Il y avait un jardin qu’on appelait la terre
Il brillait au soleil comme un fruit défendu
Non ce n’était pas le paradis ni l’enfer
Ni rien de déjà vu ou déjà entendu

大地と呼ばれた庭があった
禁断の果実のように太陽で光り輝いていた
いや、そこは天国でも地獄でもなく、
人が見たことも聞いたこともない場所だった

庭と家と木々があった
愛を交わす苔の寝床も
波をたてずに小川が注ぎ込み
その場を冷やし、流れ去っていった

谷のような大きな庭があった
一年中、食べ物がとれた
焼けつくような地面の上でも、凍りつくような草の上でも
そして名もない花が咲いていた

大地と呼ばれる庭があった
何千という子どもたちが集うのに充分な大きさだった
かつて祖父がそこに住んでいた
祖父もまた自分たちの祖父の庭を受けついでいた

私たちが生まれるはずだったその庭はどこにあるのか
のんきに裸で暮らせたはすのその庭はどこにあるのか
扉がすべて開いていたその家はどこにあるのか
私はいまだにその庭をさがしているが、見つからないのだ

※単語メモ
bitume ビチューメン、瀝青:天然のアスファルト、タール、ピッチなど、黒色の粘着性のある物質の総称
sauront savoir (知る)の単純未来形
défendu 禁じられた
mousse 苔
ruisseau 小川
insouciants のんきに
●時制
半過去:avait,appelait,était,venait,poursuivait,pouvait,tenaient
条件法過去 
助動詞(この歌詞ではavoir)の条件法現在形+過去分詞
~しただろうに
aurions pu naître 生まれることができただろう庭
aurions pu vivre 生きることができたであろう庭

***************************************************

■こちらは彼の死を知らせるユーロニュース
1分8秒

多作な人で、300曲以上の曲を作ったと言ってますね。

ムスタキさん、お疲れさまでした。
数々の名曲をありがとうございました。
あの世で、素晴らしい庭を見つけてください。

***************************************************
※関連記事もどうぞ※
歌と訳詞:3月の水~ジョルジュ・ムスタキ その1
歌と訳詞:3月の水~ジョルジュ・ムスタキ その2
歌と訳詞:3月の水~ジョルジュ・ムスタキ その3
歌と訳詞:3月の水~ジョルジュ・ムスタキ その4 ステイシー・ケント
***************************************************



  1. penさんにムスタキさんの歌詞の記事を伺ってすぐの訃報に驚きました。
    この歌も本当にメッセージがあって、素晴らしい曲ですね。
    ご冥福をお祈りもうしあげます。

      • フランス語愛好家
      • 2013年 5月 26日

      アンジェリクさん、こんにちは。
      コメントありがとうございます。
      本当ですね。私も久しぶりに彼の歌をきいたところだったので驚きました。
      この歌、アレンジが当時の雰囲気を感じさせて好きなのです。
      また、ムスタキの歌の記事をそのうち書くつもりです。

    • Yasuko Inon
    • 2013年 5月 29日

    penさん、私も永遠の恋人を失っなったような悲しみからまだまだ、
    抜けきれずにいますが、彼が残してくれた、膨大な詩と曲を大切にしていこうと
    思っています。
    悲しみの庭…ありがとうpenさん
    Yasuko

      • フランス語愛好家
      • 2013年 5月 30日

      Inonさん、こんにちは。コメントありがとうございました。
      こういうニュースは突然入ってくるのでショックですよね。
      確かに、作品は膨大にありますね。
      そういうものは消えないので、そこはいいなと思います。
      また、ムスタキの曲をとりあげるつもりです。
      詩人なので、歌詞が難しいんですが・・・。がんばります。

    • Yasuko Inon
    • 2013年 5月 30日

    penさん、嬉しいです、ムスタキの詩が解りたくてフランス語を
    勉強始めました…Letterも書けたら…でも間に合いませんでした、

      • フランス語愛好家
      • 2013年 5月 31日

      Yasukoさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
      ほ~、そうなんですか。それはかなりのファンですね。
      私の動機はトリュフォーの映画でしたけど。
      少しずつ訳していきますね。

    • Shinji Inoue
    • 2013年 6月 16日

    若い精神的に困ったときに、「MaSolitude」を聞き、そうか人間は一人でいながら、一人じゃないんだと思い、自殺せずにすみました。彼は命の恩人ですし、それ以来、私は本気で生きることをやめました。

      • フランス語愛好家
      • 2013年 6月 16日

      Shinji Inoueさん、こんにちは。コメント、ありがとうございます。
      「私の孤独」は、私は私の孤独と一緒だから孤独ではない、という歌ですよね。
      私もあの歌好きです。そのうち和訳をしてみたいと思っています。
      命の恩人ですか。ムスタキの歌にはパワーがありますね。

      ところでInoueさんのホームページ、拝見しました。
      コメントを入れる場所がなかったので、ここに書きますが、
      語学のコンテンツもそのうちできるのですね。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね☆

◆お気に入り登録は Ctrl+D

◆ツイターで更新情報、フランス語の表現などつぶやいてます。
◆つぶやきのログはこちら ⇒pen(@mlle_pen) - Twilog
◆Feedlyでフィードをとって読むと何かと便利↓↓penも愛用中
follow us in feedly

逆アクセスランキング☆彡

毎月1日にリセットします
どなたもふるってご参加を!
2以上のアクセスから参加できます(^O^)/
アクセスランキング

アーカイブ

このブログの運営者

運営者こんにちは。フランス語愛好家のpenと申します。 フランス語を自宅で学習して正味3年8ヶ月です。おもにインターネットの講座とラジオ講座(ストリーミング放送)を利用してます。学習するにつれて自分の世界がどんどん広がってきました。
このブログには日々の学習や、フランス語について書いています。コツコツ謙虚に学んでいきたいです。もう少し詳しい自己紹介はこちら⇒penはこんな人
プライバシーポリシー・免責事項・著作権

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちらからどうぞ
封筒
⇒お問い合わせフォームへ

お気軽に^^