昭和のペンギンが、平成21年にフランス語開始。インターネットがあるから家でも勉強できるよ。あなたも一緒にどうですか?

menu

フランス語の扉を開こう~ペンギンと

グルテンフリーダイエットとは?~二つの解釈

ごはん

私はフランス語脳プロジェクトの講座のひとつである翻訳者養成講座を受けています。

ゆうべ、二回目の企画会議の音声が配信されました。

お米

この企画会議では、たくさんの受講生が提出した翻訳したい本の概要から次に講座で訳す本が選ばれます。

興味深い本がいろいろとありましたが、「グルテンフリーダイエット」の本が気になりました。

グルテンフリーダイエット、話を聞いているとどうやら健康法の一つであるらしいです。

私の知っているグルテンフリーダイエットはおもに小麦粉のグルテンを摂取すべきでないセリアック病(celiac disease)の人たちのとる食事だったので、ちょっと意外でした。

セリアック病の人は、小麦粉のグルテンを摂取すると小腸から栄養分が吸収されません。

自分の免疫が自分の小腸を痛めつけてしまいます。米が主食の日本ではあまりない病気だと思いますが、欧米では多いです。

***************************************************

娘が小学生のときの一番の親友がこの病気でした。病名がちゃんと判明したのは小学校2年ぐらいの時だったと思います。この病気は遺伝する要素が強く、彼女のおばあさんもセリアック病でした。

そして、病名が判明したあと、なんとお母さんまでもがセリアック病という診断がおりました(おばあさんは父方のほうです)。

なんともない大人がストレスなどの要因である日突然この病気になってしまう場合があるのです。ほかのお友達のおかあさんもそうでした。

このように、周囲にわりあいこの病気の人がいますし、ちょっと大きなスーパーであればグルテンの入っていない(つまりグルテンフリー)食品が販売されています。

黒板(グルテンフリーの文字)

小麦のグルテンをとらないのは想像以上に大変です。小麦粉はいろんなものに入っています。

小麦粉から作るパンやケーキ、クッキーなどのお菓子類はもちろん、クレープやホットケーキ、餃子みたいな包むタイプのものもだめ。パスタやラーメンなど麺類も小麦粉が全くはいっていないものを選ばなければなりません。

調味料では、ホワイトソースや、グレービーソース、みそや醤油もだめ(味噌はともかく醤油は海外でも人気です)。

明らかに大丈夫なのは米、豆、卵、魚、肉、野菜、果物などいわゆるふつうの食べ物。

しかし加工品は原材料をしっかり読む必要があります。そして、こうやってみていくと、いかに私たちのまわりに加工品が多いか気づかされます。

娘の友だちが遊びに来るときはおやつに苦労しました。果物や野菜のほかは、結局いつも砂糖と卵の白身でつくるメレンゲか、卵と牛乳が材料のカスタードプリンを作っていました。

市販のグルテンフリーのおやつを買ってくるという手もありますが、ものすごい割高です。

そんなグルテンフリーの食事が健康法として注目されているんですね。

企画会議に出された« Sans gluten naturellement (édition illustrée)
»という本をフランスのアマゾンでチェックしました。

同じ本でイラストなしもありましたが、レシピ本のようなのでイラスト本を選んでみました。

これね↓

アマゾンにあった本の説明(Description de l’ouvrage)を読んでみます。

10 ans de succès pour ce classique très complet de la cuisine sans gluten. Un livre référence, préfacé et validé par le docteur Seignalet.

グルテンフリー料理を網羅した代表的な本として10年、よく読まれています。医師のセグナレ氏が前書きを書き、また太鼓判を押している参考書です。

Cette nouvelle édition, reliée et illustrée, du best-seller de Valérie Cupillard propose sur 224 pages ses fameuses recettes sans gluten et sans produits laitiers, illustrées de photographies.

この新版では、バレリー・キュピラーのベストセラーである224ページにわたるグルテンフリーと乳製品フリーのレシピに写真とイラストをつけています。

Une crème anglaise à la farine de châtaigne, des beignets de légumes à la farine de pois chiche, de la farine de riz pour le clafoutis… autant d’alternatives délicieuses pour oublier sans peine la farine de blé !

栗の実の粉からつくるカスタードソース、ひよこ豆の粉を使った野菜の揚げ物、米粉を使ったクラフティ、その他の小麦粉の痛みを忘れさせてくるおいしい代用レシピがたくさん。

Valérie Cupillard vous propose des astuces et savoir-faire pour innover agréablement en renforçant votre santé : utiliser des purées de légumes pour monter des soufflés, de la farine de lentilles pour les blinis, de la poudre d’amande pour réaliser un fond de tarte…

バレリー・キュピラーは楽しく健康になれるような新しい工夫やノーハウを提案しています。たとえば、スフレをふくらますために野菜のピューレを使ったり、ブリニスにレンズ豆の粉を使ったり、タルトの台にアーモンドプードルを使ったりしますよ。

★単語メモ
crème anglaise カスタードソース(直訳はイギリスふうのクリーム)
châtaigne 栗の実(プチロワの説明:ふつうは食用にしない。食用の栗はmarronという)
pois chiche ひよこ豆
laitier 乳製品
astuce 巧妙なやり方、うまい手、アイデア
savoir-faire ノーハウ、
agréablement 気持よく、快適に、楽しく
lentille レンズ豆
blinis ブリニ(ス)(プチロワの説明→ロシア風のパンケーキ そば粉などで作り、サワークリーム、バター、キャビアなどをのせて食べる。)見た目はクレープと同じです。

マクロビオティックなレシピ本という感じでしょうか?

確かに小麦粉のケーキを食べるよりはローカロリーで健康にいいとは思います。

しかしやはり病気で食べられないというような何か強い動機がないとこうしたお菓子を作るのは大変かもしれません。

健康に一番いいのは加工品をなるべく食べないことでしょうね。

健康法としてのグルテンフリーダイエットについてはもう少し調べてみようと思っています。



    • Ryoka
    • 2013年 4月 12日

    どんなものでも、食べすぎって良くないって、
    思われてるけど、欧米にとっては主食なだけに、
    これは難しそうですよね。
    私がしているデュカン・ダイエットは、
    3ステップでやっと炭水化物がOKですが、
    それでも毎日食べてOKのお許しは無かったような・・・。
    食生活は大事だなぁ~(^O^)

      • フランス語愛好家
      • 2013年 4月 12日

      Ryokaさん、こんにちは。
      小麦のグルテン抜くの難しいですよ。
      記事にも書いたけど、加工品をいっさい食べないというのがいいかもしれないです。
      アメリカのシンプルライフ追求している人はベジタリアンが多いのですが、
      とにかく箱や袋から食べ物をとらないようにしましょう、ってよくブログに書いてあります。
      クラッカーとかお菓子とかみんな箱や袋に入ってるでしょ?
      これがとりあえず加工品を避けるわかりやすい目安のようです。
      私はおやつを食べ過ぎないようにしてみます。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね☆

◆お気に入り登録は Ctrl+D

◆ツイターで更新情報、フランス語の表現などつぶやいてます。
◆つぶやきのログはこちら ⇒pen(@mlle_pen) - Twilog
◆Feedlyでフィードをとって読むと何かと便利↓↓penも愛用中
follow us in feedly

逆アクセスランキング☆彡

毎月1日にリセットします
どなたもふるってご参加を!
2以上のアクセスから参加できます(^O^)/
アクセスランキング

アーカイブ

このブログの運営者

運営者こんにちは。フランス語愛好家のpenと申します。 フランス語を自宅で学習して正味3年8ヶ月です。おもにインターネットの講座とラジオ講座(ストリーミング放送)を利用してます。学習するにつれて自分の世界がどんどん広がってきました。
このブログには日々の学習や、フランス語について書いています。コツコツ謙虚に学んでいきたいです。もう少し詳しい自己紹介はこちら⇒penはこんな人
プライバシーポリシー・免責事項・著作権

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちらからどうぞ
封筒
⇒お問い合わせフォームへ

お気軽に^^