昭和のペンギンが、平成21年にフランス語開始。インターネットがあるから家でも勉強できるよ。あなたも一緒にどうですか?

menu

フランス語の扉を開こう~ペンギンと

パリでもお花見「虎と小鳥のフランス日記」第98話

桜

今週の「虎と小鳥のフランス日記」はパリ郊外のソー公園が舞台でした。

この公園はお花見のメッカです。

最初の収録では、桜はまだ咲いておらず、アントワーヌは«hanami sans les hana»(花のないお花見)と言っておりました。

ビデオの後半ではその2週間後に咲いた桜の花の様子がおさめられていました。

では、まずいつものように三つのキーフレーズをご紹介します。

すべて、アントワーヌが虎と小鳥のフランス日記のスタッフの健とティファニーにインタビューしている言葉です。

健とティファニーはフランス語脳プロジェクトという教材の制作スタッフです。

健は「虎と小鳥のフランス日記」の字幕や、スクリプトの翻訳をアントワーヌと一緒に作っています。

そしてティファニーはスカイプを使った会話講座の講師です。

シーン1
それで、お花見をしにここに来るのは初めてじゃないんですね?

ソー公園の花見

Et euh…donc c’est pas la première fois que vous venez ici pour faire ehu, hanami?

シーン2
それで、ケン、君にとってフランスでのお花見とは何ですか?

ソー公園の花見

Et pour toi Ken, qu’est-ce que ça représente faire un hanami ici en France ?

シーン3
フランスに来る前は、フランス人もお花見をするって知ってた?

ソー公園の花見

Mais avant de venir en France tu savais que les Français faisaient des hanami ?

☆こちらはサンプルビデオです。
映像のみ 42秒

★2015/01/24追記
「虎と小鳥のフランス日記」の配信が終了したため、サンプル動画も削除されました。あしからずご了承ください。

【覚えておくと使えそうな表現】

きょうは一番最初の疑問文をとりあげます。

C’est pas la première fois que vous venez ici ?
ここに来るのは初めてではないんですよね?

この文はいわゆる否定疑問文です。

日本語なら、こうした疑問文に答えるとき、

はい、初めてじゃないです。
いいえ、初めてです。

というふうに答えますが、フランス語の場合、英語と同じで、

答える時の文が否定文だったら、最初にNonとつけます。

つまり、

Non, c’est pas la première fois.
はい、はじめてじゃないです。

あるいは

Si, c’est la première fois.
いいえ、はじめてです。

となります。

とっさに言おうするとけっこう間違えやすいところです。

フランス風鯉のぼり
鯉のぼりのディスプレイフランス風

【きょうの豆知識:お花見をフランス語で?】

お花見をする : faire un hanami
ビデオで話している3人は一人は日本人、後の二人は日本通のフランス人なので花見=hanamiという単語を使っていました。

でも、一般のフランス人に話すときは
admirer les fleurs de cerisiers
ぐらいがいいと思います。

以前Les petits citoyensというこども新聞に、「花見」の説明をしている文がありました。以下に引用します。

Tous les ans, au début du printemps, au Japon on fête le « hanami » qui veut dire « regarder les fleurs » !

Pour cette fête, très importante pour eux, les japonais vont pique-niquer dans les parcs des villes sous les cerisiers en fleurs.

À Washington, les Américains célèbrent aussi la fête des cerisiers en fleurs car pour ces deux pays, la fleur de cerisier est la plus belle sur terre !

ざっと和訳してみると
毎年、春の始め、日本では「花見」をします。これは「花を見る」という意味です。

この行事は、日本人にとってとても大事で、街の公園の花の咲いた桜の木の下で、ピクニックをします。

ワシントンでは、アメリカン人も花見をします。というのも、アメリカや日本にとって、桜の花は地上で最も美しいからです。

最後のほうの見解は、そうなんだろうか、と思ってしまいますが、日本人がお花見が好きなのは確かな事実ですね。

***************************************************

今回ビデオに登場した二人はカップルなのですが、実は、二人で去年の夏場にツイターでやっていたディクテマラソン、恋愛で学ぶフランス語の音声を担当していました。

今後は「虎と小鳥のフランス日記」にも時々登場するようです。
楽しみです。

☆今回のエピソードの舞台になったソー公園については、こちらに書いています⇒最新版 : 第98話 パリでもお花見



  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね☆

◆お気に入り登録は Ctrl+D

◆ツイターで更新情報、フランス語の表現などつぶやいてます。
◆つぶやきのログはこちら ⇒pen(@mlle_pen) - Twilog
◆Feedlyでフィードをとって読むと何かと便利↓↓penも愛用中
follow us in feedly

逆アクセスランキング☆彡

毎月1日にリセットします
どなたもふるってご参加を!
2以上のアクセスから参加できます(^O^)/
アクセスランキング

アーカイブ

このブログの運営者

運営者こんにちは。フランス語愛好家のpenと申します。 フランス語を自宅で学習して正味3年8ヶ月です。おもにインターネットの講座とラジオ講座(ストリーミング放送)を利用してます。学習するにつれて自分の世界がどんどん広がってきました。
このブログには日々の学習や、フランス語について書いています。コツコツ謙虚に学んでいきたいです。もう少し詳しい自己紹介はこちら⇒penはこんな人
プライバシーポリシー・免責事項・著作権

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちらからどうぞ
封筒
⇒お問い合わせフォームへ

お気軽に^^