昭和のペンギンが、平成21年にフランス語開始。インターネットがあるから家でも勉強できるよ。あなたも一緒にどうですか?

menu

フランス語の扉を開こう~ペンギンと

2013年春夏ファッション、靴のトレンド~ハワイアン

ヤシの木

毎日フランス語を勉強したい人へ⇒2017年版、フランス語学習用日めくりカレンダーのレビュー。

2013年春夏の靴のトレンド、二回目はハワイアン(La tendance Hawaii)です。

靴でハワイアンってどんなふうと思ってしまいましたが・・。 というのも、ハワイの人はビーチで裸足でフラダンスを踊るのではないでしょうか?

ハワイアンの靴はどんな感じなのか見ていきましょう。


ハワイアンのトレンド

La tendance Hawaii
(ハワイアン)

Comme pour le look Safari, la tendance Hawaii propose deux styles différents : le look hawaïen vintage ou le look tropical très coloré.

Pour les chaussures, on retrouve le premier look avec des motifs délavés qui rappellent l’ambiance skateboard des années 80 et le second avec des imprimés tropicaux et floraux très vifs.

サファリスタイルと同様にハワイアンなスタイルは2つの形に別れます。

・ビンテージなハワイアンスタイル
・とてもカラフルなトロピカルなスタイル

靴としては、初めのスタイルは、80年代のスケートボードを思わせる淡い色のモチーフがついた靴、二つ目のスタイルはとても色鮮やかな花や、トロピカルなプリントのついたものです。

Les points forts

Les imprimés : fleurs, palmiers, ananas, perroquets, lagons…
Les baskets basses façon 80s
Les teintes et les motifs délavés faussement vintage
Les rubans à nouer autour de la cheville
Les espadrilles de surfeuse

特徴

・模様:花、ヤシの木、パイナップル、オウム、さんご
・80年代スタイルのスニーカー
・フェイクビンテージのあせた色やモチーフ
・足首のまわりにリボンを巻く
・サーファーのエスパドリーユ

Les couleurs

Hawaii vintage : teintes pastel, effets délavés, motifs passés
Hawaii flashy : les couleurs de l’arc en ciel

・ビンテージハワイ:パステルカラー、色あせたように見せる加工、色あせたモチーフ
・ビビッドなハワイ:虹の色

元記事 → Les tendances chaussures printemps-été 2013


単語メモ

délavé 淡い、色あせた

floraux < floral, florale の複数形 花の

lagon サンゴ

faussement 見せかけの、フェイクの

surfeuse サーファー(surfeur)の女性形

passé, passée 色あせた、盛りをすぎた

こんな感じですかね。画像は楽天のショップより

このスニーカーはオーダーメイドの柄で作ってくれる店のもの。

エスパドリーユ

これは輸入品です。日本にはまだあんまりハワイアンモチーフの靴がないようです。

●補足:l’arc en ciel(虹)の色

rouge 赤
orange だいだい色
jaune 黄色
vert 緑
bleu 青
indigo 藍色
violet 紫

虹の色の数え方は、場所や民族によって微妙に違います。フランスでも一応七色ですが、人によっては五色という人もいます。日本みたいに、全員が満場一致で七色というわけではないようです。

★関連記事もどうぞ
1.2013年春夏ファッションのトレンドその1~和柄
2.2013年春夏ファッションのトレンドその2~幾何学模様
3.2013年春夏ファッションのトレンドその3~ハワイアン
4.2013年春夏ファッションのトレンドその4~サファリルック
5.2013年春夏ファッションのトレンドその5~シーパンク
6.2013年春夏ファッションのトレンドその6~スモーキング
7.2013年春夏ファッションのトレンドその7~フレア
8.2013年春夏ファッション、靴のトレンド~サファリ

***************************************************

フランス語の 虹«l’arc-en-ciel»(ラルカンシエル)は単語を直訳すると「空にかかるアーチ」、英語の«rainbow» (レインボウ) は rain+bow で「雨で作られた弓」です。どちらも素敵ですね。

そんなふうに英語とフランス語ではロマンチックなのに、日本語の虹は虫編です。日本民族は、昔は虹を竜の一種だと考えていたそうです。

「虹」という漢字が虫編なのは、新漢語林によると

虫+工 虫はへびの意味。工はつらぬくの意味。天空をつらぬくへび、にじの意味を表す

なるほど、虹はへびだったのですね。

私はへび全般が苦手ですが、虹は一度も怖いと思ったことがありません。でも大昔の人にとってはやはり畏敬の念を抱かせるものだったのでしょう。







関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね☆

◆お気に入り登録は Ctrl+D

◆ツイターで更新情報、フランス語の表現などつぶやいてます。
◆つぶやきのログはこちら ⇒pen(@mlle_pen) - Twilog
◆Feedlyでフィードをとって読むと何かと便利↓↓penも愛用中
follow us in feedly

更新情報をメールで配信中。

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

アーカイブ

このブログの中を検索

このブログの運営者

運営者こんにちは。フランス語愛好家のpenと申します。 フランス語を自宅で学習して正味3年8ヶ月です。おもにインターネットの講座とラジオ講座(ストリーミング放送)を利用してます。学習するにつれて自分の世界がどんどん広がってきました。
このブログには日々の学習や、フランス語について書いています。コツコツ謙虚に学んでいきたいです。もう少し詳しい自己紹介はこちら⇒penはこんな人
プライバシーポリシー・免責事項・著作権

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちらからどうぞ
封筒
⇒お問い合わせフォームへ

お気軽に^^