昭和のペンギンが、平成21年にフランス語開始。インターネットがあるから家でも勉強できるよ。あなたも一緒にどうですか?

menu

フランス語の扉を開こう~ペンギンと

イースターにフランス人が食べるものは何?

イースター・ペン・カード

毎日フランス語を勉強したい人へ⇒2017年版、フランス語学習用日めくりカレンダーのレビュー。

キリストの復活を記念する祝日であるイースター(復活祭)はキリスト教圏の人にとってはとても大切な祝日。特にカソリックの国である、フランスでは大々的にお祝いされます。

今回は、フランス人はどんなふうにイースターを過ごすのか、イースターの由来とともに、簡単なフランス語で教えてくれる動画を紹介します。

たまに記事にしている、FrenchPod101.comのヴィデオカルチャークラスのシリーズの1つです。

動画にはフランス語と英語の字幕がついています。

※YouTubeで見る方はこちらから⇒Learn French Holidays – Easter – Pâques


フランス人のイースターの過ごし方

みなさん、こんにちは。イングリッドです。

もしフランスの歴史をよくご存知なら、フランスは宗教分離した国だということはご存知だと思います。

1905年にキリスト教と国家を分離する法律が制定されました。それでもフランスのたくさんの祝日と伝統はカソリック由来です。

カトリックの祝日でもっとも大事なものの1つがイースターです。イースターマンデーもやはり祝日です。

このレッスンでは、フランス人はどんなふうにイースターをお祝いするのか学びます。

[クイズタイム]
フランス人がイースターにふつう何を食べるか知っていますか?
Savez-vous ce que mangent généralement les Franàais pour Pâques ?

注意してください。チョコレートの卵ではありません。答えはこの動画の最後にお教えします。

イースターの由来

もともとイースターは、キリストの復活の記念日で、カトリック教徒にとっては四旬節が終わる日でもあります。四旬節は、40日間の断食の期間で、キリストが荒野で40日間断食したことから来ています。

イースターの日付は年によって違います。3月22日から4月25日のあいだの日曜日です。イースターの日曜日の次の月曜日は祝日で、「イースター・マンデー Lundi de Pâques」と呼ばれます。

フランス人の多くが、イースターのお祝いをします。カソリック教徒や無宗教の人も同じです。

イースターにすること

フランス人は、家族でイースターのお祝いをします。日曜日は、大人が家の庭に卵を隠し、子どもたちが探します。本物のニワトリの卵の中身を抜いて、色をつけたものや、チョコレートの卵です。

伝統的に、人々は卵を贈ります。四旬節の間は、人々は卵を食べることができなかったのに、ニワトリは卵を生み続けていました。

四旬節が終わったら、余っている卵を友だちや、隣人に贈ったのです。現在プレゼントするのは卵だけではありません。チョコレート専門店では、ウサギ、鐘、魚の形など、いろいろな種類のチョコレートを販売しています。

フランスでは、小さな子どもたちに、イースターの卵を運んでくれるのは、鐘なんだよ、と話します。

というのも、昔は、教会の鐘は毎日鳴らされていましたが、イースターの時は、木曜から土曜日まで鳴らさなかったからです。イースターの日曜日に再び鐘が鳴ったので、それがチョコレートを運ぶ合図だったのです。

ですが、アルザスでは、ウサギがチョコレートを運んでくると子どもたちに話します。

皆さん、4月1日についてご存知ですか?

お互いに冗談を言い合う日です。人の背中に紙で作った魚をつけます。だから、イースターの日には、「4月の魚(poisson d’avril)」にちなんで、チョコレートの魚を食べるのです。

では、初めに出したクイズの答えをお教えします。イースターに、フランス人は、ラムのローストを作ります。この料理は、「アニョー・パスカル(イースターラム)」と呼ばれます。

キリスト教徒にとっては、子羊は復活したキリストの象徴です。イースターの時期には、肉屋やスーパーマーケットでラムの肉を入荷し、宣伝をします。

このレッスンはどうでしたか?何かおもしろいことを学びましたか?あなたの国では、イースターにエッグハントをしますか?ウサギや鐘が、卵を運んできますか?

FrenchPod101.comにコメントを残してくださいね。では、また。


単語メモ

laïque 宗教と無関係の

néanmoins しかしながら

carême 四旬節

jeûne (宗教上の)断食

pondre (卵を)生む

en trop  余計に

ressuscité  復活した

イースターについてはこれまでも子ども新聞記事を読んだり、動画教材で学んでいましたが、鐘と魚のチョコレートを食べる理由は、今回始めて知りました。

こちらはイースターの時期のフランスのチョコレート屋さんの様子。2年前のニュースです。

※YouTubeで見る方はこちらから⇒Les chocolats de Pâques

クリスマスにもたくさんチョコレートが販売されますが、イースターにもたくさんチョコレートが売れるようです。フランスは「おいしい祝日」が多いですね。

関連記事もどうぞ










関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね☆

◆お気に入り登録は Ctrl+D

◆ツイターで更新情報、フランス語の表現などつぶやいてます。
◆つぶやきのログはこちら ⇒pen(@mlle_pen) - Twilog
◆Feedlyでフィードをとって読むと何かと便利↓↓penも愛用中
follow us in feedly

アーカイブ

このブログの中を検索

このブログの運営者

運営者こんにちは。フランス語愛好家のpenと申します。 フランス語を自宅で学習して正味3年8ヶ月です。おもにインターネットの講座とラジオ講座(ストリーミング放送)を利用してます。学習するにつれて自分の世界がどんどん広がってきました。
このブログには日々の学習や、フランス語について書いています。コツコツ謙虚に学んでいきたいです。もう少し詳しい自己紹介はこちら⇒penはこんな人
プライバシーポリシー・免責事項・著作権

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちらからどうぞ
封筒
⇒お問い合わせフォームへ

お気軽に^^