昭和のペンギンが、平成21年にフランス語開始。インターネットがあるから家でも勉強できるよ。。あなたも一緒にどうですか?

menu

フランス語の扉を開こう~ペンギンと

ハロウィンの仮装用、ニセの血の作り方。意外な材料を使います

ハロウィン

10月31日はハロウィンですね。仮装する人のために、うその血、ニセの血の作り方を書いた子ども新聞の記事を紹介します。


Halloween : qui veut la recette du faux sang ? ハロウィン:ニセの血のレシピ、欲しい人いますか?

Nous avons rencontré Jacques-Olivier Molon, maquilleur d’effets spéciaux. Ce créateur de monstres, qui fabrique lui-même son faux sang, nous a confié sa recette.

スペシャルエフェクトのメーキャップアーティストのジャック・オリヴィエ・モロン氏に会いました。彼は怪物を作る仕事をしており、ニセの血も自分で作っています。作り方を教えてもらいました。

Un four, une perceuse, des pinceaux… Dans l’atelier d’un créateur de monstres, il y a un peu tout ça. Et sur les étagères, des têtes d’extraterrestre ou de zombie prennent la poussière. « Il faudrait que je les nettoie », sourit Jacques-Olivier Molon, le papa de ces monstres.

オーブン、ドリル、筆…。彼のアトリエにはほとんど何でもあります。棚にはほこりをかぶった宇宙人の頭やゾンビの頭が並んでいます。

「掃除しないとね」、この怪物を作った本人のモロンさんは笑顔で言いました。

モロンさんはスペシャルエフェクトのメイクをするプロで、映画、テレビ、美術館で腕をふるっています。もっとも最近の作品は、パリの人類博物館のオープニングのために作ったネアンデルタール人の顔です。

Des monstres entre les mains 手作りの怪物

スペシャルエフェクトのメイクをする人は、怪物の職人とも言えます。彼はすべて手づくりします。グレーズ(glaise)という想像上の人物を掘るのに用いられる粘土の一種を使います。

グレーズで型を取り、シリコンのマスクを作ります。それから彩色します。色をつけてこの世のものとは思えないものにしたり、反対にすごくリアルなものにします。

Maître du faux sang ニセの血作りの名人

Il est le maître du faux sang, qu’il fabrique parfois lui-même.
Il nous en a confié la recette :
Ingrédients :
– Sirop de sucre (glucose) ou sirop de grenadine
– Colorants alimentaires rouge (beaucoup) et jaune (un peu)
– Café soluble
– Lait
Préparation :
Mélanger les ingrédients.
Attention à ne pas mettre trop de colorant jaune. Le café servira à assombrir le sang et le lait à le rendre opaque [moins transparent].
Conserver le mélange au frigo et l’utiliser rapidement, sans l’avaler.

彼はニセの血づくりの名人で、時折作っています。作り方を教わりました。

材料
●砂糖(グルコース)のシロップかグレナデンシロップ(ザクロのシロップ)
●食品用の着色料、赤をたくさんと黄色を少し。
●インスタントコーヒー
●牛乳

作り方
●材料を全部混ぜます。
黄色の着色料を入れ過ぎないように注意してください。インスタントコーヒーは血を暗くして、ミルクは血を不透明にします。

冷蔵庫に保存して早めに使い切ってください。飲んではいけません。

元記事 → www.jde.fr : Tous les articles : Halloween : qui veut la recette du faux sang ?


単語メモ

confier 打ち明ける

perceuse ドリル

poussière ほこり

glaise グレーズ、粘土

Musée de l’homme à Paris パリの人類博物館
改装のため6年間、休館していましたが、2015年の10月15日にオープンしました。

ニセの血の作り方ですが、すごく意外なものを使っていますね。私は絵の具か何かで色をつけるのかと思っていました。

Sirop de sucre(砂糖のシロップ)はそういう名前の商品が市販されているようです。記事では分量が書かれていなかったので、参考になりそうな動画を貼っておきます。1分20秒です。

この動画のニセの血の材料は
●水
●ラズベリーのピューレ
●インスタントコーヒー
●はちみつ
●着色料、赤
●水

ラズベリーのピューレ意外は家にあるもので作れますね。

※YouTubeで見る方はこちらから⇒Tuto : Comment faire du Faux sang – Orlay Prod

「ニセの血のり」のレシピはたくさんあるようです。興味のある方は関連動画を見て研究してください。

それでは Happy Halloween !







関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね☆

◆お気に入り登録は Ctrl+D

◆ツイターで更新情報、フランス語の表現などつぶやいてます。
◆つぶやきのログはこちら ⇒pen(@mlle_pen) - Twilog
◆Feedlyでフィードをとって読むと何かと便利↓↓penも愛用中
follow us in feedly

更新情報をメールで配信中。

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

アーカイブ

このブログの中を検索

このブログの運営者

運営者こんにちは。フランス語愛好家のpenと申します。 フランス語を自宅で学習して正味3年8ヶ月です。おもにインターネットの講座とラジオ講座(ストリーミング放送)を利用してます。学習するにつれて自分の世界がどんどん広がってきました。
このブログには日々の学習や、フランス語について書いています。コツコツ謙虚に学んでいきたいです。もう少し詳しい自己紹介はこちら⇒penはこんな人
プライバシーポリシー・免責事項・著作権

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちらからどうぞ
封筒
⇒お問い合わせフォームへ

お気軽に^^