昭和のペンギンが、平成21年にフランス語開始。インターネットがあるから家でも勉強できるよ。あなたも一緒にどうですか?

menu

フランス語の扉を開こう~ペンギンと

歌と訳詞:禁じられた遊び~パトリック・フィオリ

お墓

きょうは1952年にルネ・クレマン監督が作った「禁じられた遊び」のテーマをご紹介します。「愛のロマンス」とも呼ばれています。

とても有名な映画なのでみなさんご存知だと思いますが、まず予告編の動画を貼っておきますね。3分あるので、ちょっと長いですが。

3分41秒

※YouTubeで見る方はこちらから⇒「禁じられた遊び」予告編

この映画の舞台は1940年のフランス。

一番最初に女の子とお父さんとお母さんが丘を登ってますが、ドイツ軍の攻撃を逃れるために、パリから逃げようとしているのですね。

でも、このあと両親は、女の子の目の前で空襲で殺されてしまいます。犬も殺されてしまいます。

1人残された5歳の女の子、ポーレットは、そのあたりに住むミシェルという男の子に会い、しばらくその子の家に住むようになります。

やさしいミシェルは死んだ犬のお墓を作ってやります。「犬のお墓だけじゃさびしい」、というポーレットのために、さらに、ネズミなどのお墓も作ってあげます。そのうち2人はお墓づくりが楽しくなって、最初は手作りの十字架を立てていたのが、本物の十字架を盗むまでにエスカレート。

ポーレットが「もっとお墓を作って」とミシェルにせがむのです。これが禁じられた遊び。そして、大人たちのやっている遊びは戦争というわけです。

ポーレットはまだ5歳ですが、パリっ子で、ちょっと洗練されていて、かわいいワンピースを着ています。

この映画は全編ナルシソ・イエペスの奏でるギター音楽が流れていますが、きょうはパトリック・フィオリの歌のバージョンの歌詞を訳してみました。


※YouTubeで見る方はこちらから⇒禁じられた遊び~パトリック・フィオリ

最初に書いておきますが、これまで訳した中で一、二を争う訳しにくい歌詞でした。

どこで文が切れてるかわからない^^;
かなり意訳しています。
訳を見ても、よくわからないと思いますので、歌詞つきバージョンの動画も貼っておきますから、ご自分で解釈してください。

La Ballade Des Jeux Interdits

禁じられた遊びのバラード

Comme un enfant
Que l’on prend par la main
Et qui soudain comprend
Que son histoire est loin
Qu’il ne sentira plus
La chaleur de ses mains
Se cacher dans des jeux incertains.

人がその子の手をとると
その子は突然、自分の物語は遠いと知る
自分ははもう何も感じないだろうと
両手の熱も
ぼんやりした遊びの中に隠されてしまう

ひと目見れば
再び家族のあたたかさがみつかる
あなたに心を開いてくれる友だち
人生に微笑み
そして禁じられた遊びをする

僕の子どもよ、遊びなさい
風が君たちの髪を
なびかせるままに
大きくなるのは時間がかかるもの
大地に人生の種を植えなさい
遊びは大人に残しておきなさい
そして、君はね、ミシェル、まだ子どもにすぎないんだ

僕のやすらぎは流れ去る
雨の日は泣き叫ぶ
戦争の恐ろしさは
誰も忘れない
それは呪われた遊び
夢を見て、忘れて、その禁じられた遊びを

過ぎていく人生のように
人がぼんやりと信じている
息づかいや目印のように
いつか無邪気さは失われ
僕たちは禁じられた遊びの
哀愁へと戻って行く

※歌詞はこちらを参考にしましたParoles La Ballade Des Jeux Interdits – Patrick Fiori

comme がたくさん出てくるのですが、そもそもこのcommeの用法からして、よくわからなかったです。とりあえず、きょうはこんなふうに訳しておきますが、もう少しフランス語力がついたら、バージョンアップしますね。

こちらが歌詞の動画です。

※YouTubeで見る方はこちらから⇒禁じられた遊び~パトリック・フィオリ(歌詞)

こちらはおなじみのナルシソ・イエペスのギター演奏

※YouTubeで見る方はこちらから⇒禁じられた遊び~ナルシソ・イエペス

いかがでしたか?
この曲は誰が作ったのかわからないそうです。
作者がわかっていたら、すごい財産を築けたと思うのですが。

パトリック・フィオリの歌は Les choses de la vie というアルバムに入っています。

このアルバムは古い映画音楽のカバー集です。歌と訳詞:映画『シェルブールの雨傘』のテーマで紹介した「シェルブールの雨傘」も入っています。昔の映画がお好きな方におすすめのアルバムです。

Les Choses De La Vie
アマゾンで見てみる⇒B002HSZ74M

日本のアマゾンでは輸入盤で曲目がわからないので、こちらでどうぞ。全曲聞くことができます⇒Patrick Fiori : Les choses de la vie – écoute gratuite et téléchargement MP3

それでは、次回の歌の回をお楽しみに。



  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね☆

◆お気に入り登録は Ctrl+D

◆ツイターで更新情報、フランス語の表現などつぶやいてます。
◆つぶやきのログはこちら ⇒pen(@mlle_pen) - Twilog
◆Feedlyでフィードをとって読むと何かと便利↓↓penも愛用中
follow us in feedly

逆アクセスランキング☆彡

毎月1日にリセットします
どなたもふるってご参加を!
2以上のアクセスから参加できます(^O^)/
アクセスランキング

アーカイブ

このブログの運営者

運営者こんにちは。フランス語愛好家のpenと申します。 フランス語を自宅で学習して正味3年8ヶ月です。おもにインターネットの講座とラジオ講座(ストリーミング放送)を利用してます。学習するにつれて自分の世界がどんどん広がってきました。
このブログには日々の学習や、フランス語について書いています。コツコツ謙虚に学んでいきたいです。もう少し詳しい自己紹介はこちら⇒penはこんな人
プライバシーポリシー・免責事項・著作権

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちらからどうぞ
封筒
⇒お問い合わせフォームへ

お気軽に^^