昭和のペンギンが、平成21年にフランス語開始。インターネットがあるから家でも勉強できるよ。。あなたも一緒にどうですか?

menu

フランス語の扉を開こう~ペンギンと

Juillet (7月)~トマ・フェルセン(歌と訳詞)

ポプラの木

トマ・フェルセンの«Juillet»という曲を紹介します。

彼はフランスでは人気ありますが、日本ではあまり知られていないですね。独特のアーティスティックな世界観を持つ歌手です。

なかなか二枚目で、声はしわがれ気味。日本ではマニアなファンが多いと思います。

では、曲を聞いてください。


Juillet

3分5秒

彼の歌詞は文学的です。「詩」になっていて、言葉遊びが多く、訳すのが難しいんですね。

フランスのシンガー・ソングライターの中にたまにいるタイプです。たとえば、セルジュ・ゲンスブールとか。

前回の歌と訳詞:Savoir Aimer~フローラン・パニーも難しかったんですけど、あれは内容が哲学的だったので、いったい何をいいたいのかよくわからない難しさ。

トマ・フェルセンの詩は、比喩の意図するものが、感覚としてわかっても、ぴったりあった日本語にできない難しさ。

難しさにもいろいろありますね。

だから、あまり取り上げたくない人なのですが、«Juillet»はシンプルでやさしいかなと思い、チャレンジしてみます。

デビュー当時の曲で、まだあんまり自分の世界に深く入り込んでないゆえのシンプルさでしょうね。

Juillet 訳詞

最初のフレーズだけ原詞を引用します。

Juillet
7月

Le ciel est si tendre,
Le ciel est si doux.
Les oiseaux chantent,
Le soleil est roux.
La brise est mourante,
Le tremble s’ébroue.
C’est juillet, c’est juillet
Partout.

空がとってもやわらかい
空がとっても心地よい
鳥は歌い、
太陽は赤茶色
風はものうげで、
ポプラが震えている
それは7月、それは7月
どこもかしこも

ああ、僕の恋人よ。絶好の機会だ
すべてが君を待っているかのよう
ここで、すべての真ん中で
きみはびっくりする
素っ裸で
それは7月、それは7月
どこもかしこも

ああ、僕の恋人よ、僕達の前にあるのは
夏のパーティが
永遠に続く日々
この野原のまんなかで
愛しあおう
それは7月、それは7月
どこもかしこも

夜になると
空は急いで、黒いシャツをまとう。
雷雨の準備がととのい
雨が降りそうだ
僕の国に
酔うほどの雨が
それは7月、それも7月

歌詞はこちらを参照願います⇒Paroles Juillet de Thomas Fersen | Textes et Clips – MusiKiwi.com

単語メモ

tremble ヨーロッパヤマナラシ(ポプラの一種)
ヨーロッパヤマナラシ

ヤマナラシは「山鳴らし」から来てると思うんですが、ヨーロッパでも日本でも葉っぱがふるふる震えて、かさかさ音がするのだと思います。

s’ébrouer (馬が)恐怖などで荒い鼻息を出す

tomber des nues びっくり仰天する、甘い夢から現実に立ち返る
このnueと裸のnueをかけているのだと思います。和訳には特に工夫してないのですが。

enfiler (衣服などを)すばやく身に付ける

mûr 熟した

2行めのLe ciel est si doux.
何も考えない訳だと「空はとても甘い」ですが、このdouxをどう訳すか考えて、30秒は宙を見つめました。

douxは甘くなければ、やさしい、おだやか、甘美、温和な・・いろいろあるのですが、空に結びつくやつってなんだろ。。。と考えていたわけです。

二行目にしてこの歌詞を訳しはじめたことを後悔しましたが、やはり彼の歌詞の中ではかなりやさしいほうだと思います。


トマ・フェルセンとは?

この曲はトマ・フェルセンの1993年のデビュー・アルバム、”Le Bal Des Oiseaux”(鳥たちの舞踏会)に収録されています。

彼は1963年生まれなので、そのとき30歳。デビュー以前にバンドを組んだり、ピアノバーで歌ったり、10年以上音楽活動をしていました。

下積みが長かかったともいえます。ソロデビュー後はずっと評判のいいアルバムを作り続けています。マイペースで独自の世界を紡いでる感じです。

曲調は、そのアルバムによって違い、フォークっぽかったり、ジャズふうだったり、いろいろです。

彼の詩には動物や植物がよく出てきて、アルバムジャケットも動物がフィーチャーされています。

ちなみに、芸名のThomasはスコットランドのグラスゴー出身のサッカー選手、トーマス・”トム”・ボイド(Thomas “Tom” Boyd)から、Fersenはマリー・アントワネットの愛人であった、スエーデンのハンス・アクセル・フォン・フェルセン(Hans Axel von Fersen)より取ったのだそうです。

このように、彼は独特のユーモアの持ち主です。

★こちらで「こうもり」という曲も訳しています。
歌と訳詞:こうもり~トマ・フェルセン 前編

この手の歌詞を訳すのは疲れますが、いつも使っていない脳のどこかを使っているようで、それが妙にクセになる楽しさがあります。

フランス語力をつけつつ、また彼の歌にチャレンジするつもりです。






関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね☆

◆お気に入り登録は Ctrl+D

◆ツイターで更新情報、フランス語の表現などつぶやいてます。
◆つぶやきのログはこちら ⇒pen(@mlle_pen) - Twilog
◆Feedlyでフィードをとって読むと何かと便利↓↓penも愛用中
follow us in feedly

更新情報をメールで配信中。

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

友だちのブログ

友人、知人のブログをまとめました。

管理人がよく行くサイト

アーカイブ

このブログの中を検索

このブログの運営者

運営者こんにちは。フランス語愛好家のpenと申します。 フランス語を自宅で学習して正味3年8ヶ月です。おもにインターネットの講座とラジオ講座(ストリーミング放送)を利用してます。学習するにつれて自分の世界がどんどん広がってきました。
このブログには日々の学習や、フランス語について書いています。コツコツ謙虚に学んでいきたいです。もう少し詳しい自己紹介はこちら⇒penはこんな人
プライバシーポリシー・免責事項・著作権

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちらからどうぞ
封筒
⇒お問い合わせフォームへ

お気軽に^^