昭和のペンギンが、平成21年にフランス語開始。インターネットがあるから家でも勉強できるよ。あなたも一緒にどうですか?

menu

フランス語の扉を開こう~ペンギンと

歌と訳詞:恋はみずいろ L’Amour est bleu ~ヴィッキー

青空

こんにちは。
きょうはヴィッキーの1967年のヒット曲 L’Amour est bleu (恋はみずいろ)をご紹介します。

先日、アメブロのほうでコメントに書いていただいた曲です。
こちら⇒歌と訳詞♪:『夢見るシャンソン人形』・フランス・ギャル

『夢見るシャンソン人形』と同じ、ユーロビジョン・ソング・コンテストから生まれたヒット曲。

とても有名なので、皆さま、たぶんご存知ですね。

まず聞いてください。

※YouTubeで見る方はこちらから⇒L’Amour est bleu Vicky Leandros 恋はみずいろ ヴィッキー

これはテレビのクリップにレコードの音をあわせたものですね。
どっちみち口パクで歌ってますので、音のいいこちらを選びました。

YouTubeのほうには、ユーロビジョンで歌っているクリップもありますので、興味のある方はお聞きください。ユーロビジョンはライブです⇒http://youtu.be/nD4ib9-laGY

この歌は恋する気持ちの変化を空にたとえています。

彼がそばにいる時は、晴れて青く、離れてしまうと、曇り空になって、風が吹き、ついには雨が降ります。

それでは、訳詞に挑戦!

L’Amour est bleu 恋は青い

Doux, doux l’amour est doux
Douce est ma vie
Ma vie dans tes bras
Doux, doux l’amour est doux
Douce est ma vie
Ma vie près de toi

甘い、甘い、恋は甘いわ
私の世界は甘いの
あなたの腕の中にいれば
甘い、甘い、恋は甘いわ
私の世界は甘いの
あなたのそばにいれば

青い、青い、恋は青いわ
私のこころをやさしく揺らす
恋するこころを
青い、青い、恋は青いわ
空のように
あなたの目の中でたわむれる

★Comme l’eau
Comme l’eau qui court
Moi mon coeur
Court après ton amour

水のように
流れる水のように
私のこころは
あなたの愛を求めて流れてゆく★

灰色、灰色、恋は灰色
私のこころは泣くわ
あなたが行ってしまうと
灰色、灰色、恋は灰色
雨が降るの
あなたがここにいないと

風、風がなげく
風がすすり泣く
あなたが行ってしまうと
風、風がうめく
私の心は泣いてしまう
あなたがここにいないと

★~★ リフレイン

青い、青い、恋は青いわ
あなたが戻ってくると
空が青い
青い、青い、恋は青いわ
恋は青い
あなたが私の手をとれば

くるう、くるう、恋はくるうの
あなたのように
そして私のように
青い、青い、恋は青い
恋は青い
私があなたのものになる時

恋は青い
私があなたのものになる時

★歌詞はこちらを参照しました。
Vicky Leandros:L'amour Est Bleu Lyrics

単語メモ

doux  甘い 女性形は douce

bercer 静かにゆする、ゆすってあやす

La mère berce son bébé dans ses bras.
母親が赤ちゃんを抱いて揺すっている。

Les vagues berçaient le canot.
波が小舟を揺すっていた。

gémir うめく、苦しむ、嘆き悲しむ

maudire 恨む

*vie は生命、一生、人生、生活
ma vie はよく「私の人生」と訳されています。

日本語で「人生」っていうとちょっと大げさなので、 ここでは「世界」にしてみました。

「人生」とすると、演歌みたいだし。

ヴィッキー・レアンドロス Vicky Leandros

恋はみずいろ~ヴィッキー・ベスト・セレクション
(アマゾンの画像です)

1949年ギリシア生まれのインターナショナルな歌手。

ミュージシャンの父親が自分のキャリアのため、ドイツに引っ越し。
その関係で、ヴィッキーも幼いときにドイツに移り住み、今もドイツを中心に活動しています。

小さいときから、歌やギターが得意で、デビューは16歳のとき。
デビュー曲を作って、プロデュースしたのはお父さんです。
マネージメントもお父さんがしていたそうですから、ステージパパという感じでしょうか。

日本ではあまり父親が娘をプロデュースすることってないですよね?

1967年に、ルクセンブルグ代表として、ユーロビジョン・ソング・コンテストで「恋はみずいろ」を歌います。このとき、ヴィッキー、18歳。

4位でしたが、コンテンストのあと、すごくヒットして、この曲を8ヶ国語で発売しています。ヴィッキーは6ヶ国語、使いわけて歌えるとか。

ちなみに、この年のグランプリは、イギリスのサンディ・ショウが歌った、Puppet on a String(恋のあやつり人形)です。

「恋はみずいろ」のほうがいい歌だと思いますけどね。

サンディ・ショウは、67年には、すでにバカラックの作った、Always something there to remind me というヒット曲を出したあとで、世間に知られてました。だからヴィッキーよりオーラを放っていたのかもしれません。

年齢は2人とも同じくらいで、サンディが2つ年上です。

関係ありませんが、このバカラックの名曲の当時の邦題が、「恋のウェイト・リフティング」。ありえませんね。

ウエイトリフティングって重量あげですよね?
どこが、ウエイトリフティングなのでしょうか?

この歌は、彼と別れてしまった自分が、かつては2人で歩いた通りを1人でゆくと、昔の思い出がよみがえって来て、何を見ても、あなたを思い出してしまう、という内容です。

なんでこんな邦題になっちゃったんでしょうね?
東京オリンピックのせいなのでしょうか。

「恋の街角」とか、「いつでも、どこでも」とか、「忘れられなくて」とか、ほかにいくらでもつけられそうなのに。

曲のタイトルって大事ですからね。

重量あげのせいか、サンディ・ショウは日本では知る人ぞ知る、という感じの歌手になってしまいました。

1983年にイギリスのネイキッド・アイズ(Naked Eyes)が、この曲をカバーして、ヒットしました。そのときの邦題は「僕はこんなに」でしたね。このカバーもとってもいいです。

関連ビデオ

歌詞つき 一緒に歌い方はどうぞ

※YouTubeで見る方はこちらから⇒L’amour Est Bleu 歌詞つき

英語版

※YouTubeで見る方はこちらから⇒Heather – Love Is Blue

青、灰色、赤(泣きはらした目)、緑(嫉妬する心)、黒(1人さびしい長い夜)の5色、出てきます。

ヘザーは、「ヘザーとサンダーバーズ」という60年代に人気のあったシンガポールのバンドのボーカル。

有名なポール・モーリアのインストルメンタル

※YouTubeで見る方はこちらから⇒恋はみずいろ ポール・モーリア L’amour est bleu Paul Mauriat

いかがでしたか?

「恋はみずいろ」、日本語で「こ~い~は~♪」というところは、
Comme l’eau comme こ~む、ろ~こ~む なんですね。
確かに音が似ています。

私、この曲も好きですが、
Always something there to remind me のほうがもっと好きです。英語の歌なので、ブログには書きませんけど。

60年代ポップスは名曲が多いですね~。
それでは、次回の音楽の記事をお楽しみに。



  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね☆

◆お気に入り登録は Ctrl+D

◆ツイターで更新情報、フランス語の表現などつぶやいてます。
◆つぶやきのログはこちら ⇒pen(@mlle_pen) - Twilog
◆Feedlyでフィードをとって読むと何かと便利↓↓penも愛用中
follow us in feedly

逆アクセスランキング☆彡

毎月1日にリセットします
どなたもふるってご参加を!
2以上のアクセスから参加できます(^O^)/
アクセスランキング

アーカイブ

このブログの運営者

運営者こんにちは。フランス語愛好家のpenと申します。 フランス語を自宅で学習して正味3年8ヶ月です。おもにインターネットの講座とラジオ講座(ストリーミング放送)を利用してます。学習するにつれて自分の世界がどんどん広がってきました。
このブログには日々の学習や、フランス語について書いています。コツコツ謙虚に学んでいきたいです。もう少し詳しい自己紹介はこちら⇒penはこんな人
プライバシーポリシー・免責事項・著作権

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちらからどうぞ
封筒
⇒お問い合わせフォームへ

お気軽に^^