昭和のペンギンが、平成21年にフランス語開始。インターネットがあるから家でも勉強できるよ。あなたも一緒にどうですか?

menu

フランス語の扉を開こう~ペンギンと

シャンドルールの起源~なぜクレープを食べるの?クレープの作り方つき

シャンドルール

毎日フランス語を勉強したい人へ⇒2017年版、フランス語学習用日めくりカレンダーのレビュー。

2月2日はフランスでChandeleur(シャンドルール)と呼ばれる日です。「シャンドラー」と書いたほうがフランス語の発音に近いです。

祝日ではありませんが、この日全国的にクレープを焼いて食べて楽しみます。きょうはこのシャンドルールの起源を説明する記事を紹介します。

chandeleur は chandelle (ろうそく)に関係のある日です。それがなぜクレープなのでしょうか?

まずこの日の由来について話しているビデオをご紹介します。

païen(païenne)の習わしとキリスト教が結びついたもの、と言ってます。païenは(キリスト教から見て)異教の、という意味。

もともとケルトやローマの時代の風習を、カソリックの教皇がキリスト教の行事にしたのです。

フランスではこういうふうに、もともとあった伝統に、あとからキリスト教がイエスに関連付けた風習が多いですね。エピファニーにガレット・デ・ロワを食べるのも同様です⇒ガレット・デ・ロワ~フランスのお菓子(3)


Origine de la Chandeleur シャンドルールの起源

La Chandeleur, autrefois “Chandeleuse”, se fête le 2 février, soit 40 jours après Noël. Son nom vient du mot “chandelle”.

シャンドルール(昔はシャンドルーズ)は、クリスマスから40日後の2月2日です。シャンドルールという名前はchandelle (ろうそく)から来ました。

Chandelle キャンドル

そもそも、ローマ時代に、パンという神をたたえる日がありました。

一晩中、信者は松明をかざしながら、ローマの街角を歩きまわりました。

472年に、教皇ゲラシウス1世が、この風習をキリスト教の行事にすることに決め、聖堂にイエスを祀る日としました。

シャンドルールの日に、決まったやり方にのっとってろうそくを持って行列をするのです。

信者はそれぞれ、教会の大きなろうそくの灯を分けてもらい、灯りを絶やさないように気をつけながら家に持ち帰ります。

フランシュ=コンテ地方では、こんな言い伝えがあります。

ろうそくの灯りを絶やさず家に持ち帰ったものは、この年、死なない。

神の祝福を受けたろうそくは、ほかにもご利益があると考えられていました。

さかさまにして、ろうを卵の上にたらして覆うと、うまく卵がかえると言われていました。

また、雷雨のときに、そのろうそくを灯すと、その光が、雷から守ってくれるとも考えられていました。

Entre temps, une autre tradition a vu le jour 時がたつにつれて、この日、別の風習が見られるように

それがクレープです。

この風習は、大昔の神話に関係があります。もし、シャランドールの日にクレープを焼かないと、その年の小麦が病気になってしまうのです。こんな言い伝えもあります。

もし、小麦を黒くしたくなかったらシャンドルールの日にクレープを食べなさい。

クレープを作る時、もうひとつ、金貨にまつわる習慣があります。すなわち、農民は、左手で金貨を握りながら、右手で、1枚目のクレープをひっくり返しました。

それから、そのクレープで金貨を巻いて、家族中で寝室に持っていき、たんすの一番上に、翌年まで置いておきました。

翌年、クレープのかけらを回収して、金貨は、家に一番最初に訪れた貧しい人にあげていました。

こうした風習を守れば、この家族は1年中お金に恵まれると考えられていたのです。

クレープを床に落としたり、変なしわを入れずにきれいにひっくり返すことができた人は、次のシャンドルールまで幸運に恵まれるのです。

現在は、ろうそくの行列や、ほかの風習はもう行われていませんが、クレープを焼いて食べる習わしは残っています。だっておいしいですから。

Enfin, n’oublions pas les croyances liées à la météo. 最後に、天気に関係のある言い伝えも忘れないように

多くの国で、シャンドルールの日に、クマが穴から出てくると信じられています。

もしこの日が暖かい穏やかな日で、太陽が見えたら、クマは急いで冬眠に戻ります。なぜなら、クマにはよい天候が続かないとわかるからです。

1628年の、良き農民のカレンダーにのっていることわざにこんなのがあります。

もし、シャンドルールの日がよい天気で、太陽が照っていたら、クマは6週間出てこないだろう。

ほかにもこんなフランスのことわざがあります。

もし、2月2日に、太陽がすっかり見えたら、クマはその明るさに驚き、巣に戻る。そして、人間は干し草を入念にしめる。というのも、冬も熊の冬眠も、まだ40日間続くから。

他の国では、熊の代わりにマーモットが出てきます。マーモットがその影を見たら、太陽のある印なので、マーモットは巣に戻って冬眠を続けます。というのも、マーモットは冬がまだ続くことをわかるからです。こんなことわざもあります。

シャンドルールの太陽は冬と不運を告げる。

2月2日の天気がよかろうが、寒かろうが、雨だろうが雪だろうが、クレープを作りましょう。ことわざや言い伝えにかかわらず、クレープを作って食べて、楽しい時を過ごしてください。

元記事 → La chandeleur – Origine de la chandeleur – momes.net

単語メモ

à l’origine 当初は、そもそもは

s’agir de ~の問題である、~に関することである

agiter 揺り動かす、揺さぶる、振る

flambeau 松明(たいまつ)

procession (特に宗教上の)行列

censé (多く不定詞を伴い)~とみなされている

récupérer 回収する、取り戻す

cierge (教会の)大ろうそく

versé さかさまに

goutte しずく、したたり

éclosion 孵化(ふか)、開花

se rapporter à ~に関係する、かかわる

carié う蝕にかかった、虫歯になった ←carier 虫歯にする

charbonneux 炭のような、炭で黒くなった

adresse 動作の器用さ、巧みさ ⇔ maladresse

navrante 悲痛な、嘆かわしい

fripé 服などがよれよれ、しわくちゃになった ← friper

croyance à ~の存在を信じること

tanière  野獣の地面の巣、穴

laboureur 耕す人 農民

prendre soin de + inf. ~するように心がける、入念に~する

resserrer 再び締める、しっかり締める

foin まぐさ、干し草

en dépit de ~にもかかわらず

Franche-Comté フランシュ=コンテ地方:フランス東部、ドゥー県、ジュラ県、オート=ソース県、ベルフォール地区にわたる広域行政期間。中心都市ブザンソン。

Pan ギリシア神話で、パン:アルカディアの牧人と家畜の神。ヘルメスの子、笛が好き。上半身は人下でヤギの角と耳を持ち、下半身はヤギの姿をしている。

marmotte マーモット類、リス科の哺乳類
marmotte américaine ウッドチャック


クレープのレシピ、作り方の動画

クレープは、ホットケーキや何も入れないお好み焼きみたいなものです。とてもゆるい生地にします。

Recette de Crêpes inratable
inratable は 口語で(料理などが)失敗しようのない、という意味です。

※YouTubeで見る方はこちらから⇒Recette de Crêpes inratable – 750 Grammes

材料:
225g de farine 小麦粉225グラム
Zeste de citron レモンの皮を削ったもの
Zeste d’orange オレンジの皮を削ったもの
1 pincée de sel 塩ひとつまみ
3 oeufs     卵3個
20g de beurre fondu 溶かしバター20グラム
3 cl d’eau de fleur d’oranger オレンジの花の水 3センチリットル
50 cl de lait ミルク 50センチリットル

作り方
上記の材料をこの順番で入れつつ、かきまぜつつ生地を作る。

作った生地を1、2時間寝かせる。

焼く

フランス人はクレープをよく食べるから、クレープパンというクレープを焼く専用のフライパンを持っているようです。

なければふつうのフライパンでOK。ホットプレートでもいいでしょう。

ただし、シャンドルールの伝統にそって、左手に金貨を握り、右手でひっくり返したい人は、フライパンが必要ですね。

レモン、オレンジ、オレンジの花の水は香りづけですから入れなくてもかまいません。入れたほうがいい香りがしますが。

オレンジの花の水はその名のとおり、オレンジの花からとった液体です。香料入りと、自然のものとあります。

これを入れると南仏の香りがするとか。

cl はセンチリットル という単位。
1clは10ccです。

詳しくは⇒クリスマスの単語:その7 レヴェイヨン(イブや大みそかのごちそう)

トップの画像のクレジット:photo credit: kasashine via photopin cc

いかがでしたか?

2月2日は、カナダでは Groundhog Day といって、groundhog が巣から出てきて自分の影をみたら、まだ冬や6週間続くから、巣に帰る、もし見なかったら、もう春だから、外に出てくる、という言い伝えがあります。

グラウンドホッグ

影を見るということは晴れてるということです。
この日晴れだとまだ冬なんですね。

クレープを食べたりしませんが、グラウンドホッグデーにちなんで、ちょっとした催しをしたり、子どもたちが学校でパーティをしたり、グラウンドホッグの話を読んだり、絵を描いたり、ということはあります。

groundhog は辞書にはウッドチャックと書いてありますが、フランス語のmarmotと同じ動物だと思います。

確かに冬場気温がすごく下がる日って、とても天気がいい日なんですよね。反対に雪の日は気温は高めです。といっても雪ですから寒いのですが。

いずれにせよ2月2日まで来たら、春はもうすぐです。

シャンドルール関連記事もどうぞ:
シャンドルール(La Chandeleur)の起源:クレープの簡単レシピつき アメブロ

シャンドルールにちなんでクレープを作ってみた 別レシピですが実際に作ってみました。Seesaaブログ

きょうの単語:crêpe「クレープを焼く」をフランス語で? FC2ブログ







関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね☆

◆お気に入り登録は Ctrl+D

◆ツイターで更新情報、フランス語の表現などつぶやいてます。
◆つぶやきのログはこちら ⇒pen(@mlle_pen) - Twilog
◆Feedlyでフィードをとって読むと何かと便利↓↓penも愛用中
follow us in feedly

更新情報をメールで配信中。

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

アーカイブ

このブログの中を検索

このブログの運営者

運営者こんにちは。フランス語愛好家のpenと申します。 フランス語を自宅で学習して正味3年8ヶ月です。おもにインターネットの講座とラジオ講座(ストリーミング放送)を利用してます。学習するにつれて自分の世界がどんどん広がってきました。
このブログには日々の学習や、フランス語について書いています。コツコツ謙虚に学んでいきたいです。もう少し詳しい自己紹介はこちら⇒penはこんな人
プライバシーポリシー・免責事項・著作権

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちらからどうぞ