昭和のペンギンが、平成21年にフランス語開始。インターネットがあるから家でも勉強できるよ。あなたも一緒にどうですか?

menu

フランス語の扉を開こう~ペンギンと

とてもかわいい「チョコレートの歌」(La chanson chocolat) :歌と訳詞

チョコレート

毎日フランス語を勉強したい人へ⇒2017年版、フランス語学習用日めくりカレンダーのレビュー。

もうすぐバレンタインデーですね。今回は、チョコレートのようにスイートなフランス語の歌を紹介します。

その名も La chanson chocolat チョコレートの歌

歌っているのは Les Enfantastiques(レゾンファンタスティーク)という子どもたちです。歌詞つきの動画をごらんください。

※YouTubeで見る方はこちらから⇒Les Enfantastiques – « La chanson chocolat » + sous-titres

かわいいですね。それでは訳詞に挑戦!


La chanson chocolat チョコレートの歌

☆C’est la chanson chocolat
Un petit air à croquer
Quand on est tout raplapla
Et qu’on ne veut pas craquer

これはチョコレートの歌
かりっとかじる歌
すごく疲れたとき
ぽきっと折れたくないよね

これはチョコレートの歌
オウムのように歌って
オーララってなっても
だいじょうぶ、だいじょうぶってなるよ☆

Qu’il soit noir ou qu’il soit blanc
J’aime le chocolat comme les gens
S’il est mélangé au lait
Le monde me plaît tel qu’il est

黒くても白くても
みんなみたいに私はチョコレートが大好き
ミルクチョコレートなら
世界はそのままでも僕はハッピーだよ。

ノックアウトされたような気分のときも
カカオを1キロ分食べる
ナッツの板チョコレートをたくさん
すると羽目を外したくなるんだ

☆~☆ 繰り返し

ボールに入れるか、タルティーヌにつけて
朝ごはんに食べると
時にはすごくとろとろと
とろけてしまうね
子どものころのように

Bien cuisiné en gâteau
Avec des bougies, des cadeaux
En poudre ou en petits carrés
Il rend la vie douce et sucrée

ケーキの中に入れてよく焼いて
ろうそくやプレゼントと一緒に
粉のやつや、小さな四角いチョコレート
やさしくて甘い人生にしてくれる

☆~☆繰り返し

単語メモ

croquer カリカリと噛む、バリバリと食べる
chocolat à croquer(板チョコ)と air à croquerをかけています。この air は「歌」だと思います。

raplapla (話)疲れた、ぐったりた、ぺちゃんこの

craquer ポキっと折れる;(神経が)まいる

perroquet オウム

faire la fête ハメをはずす

タルティーヌはバゲットにジャムなどをぬったおやつ。詳しくはこちら⇒フランス語のかわいい単語その5~パンとお菓子篇 | フランス語


Les Enfantastiques レゾンファンタスティーク について

Les Enfantastiques は 小学生の合唱団。Monsieur Nôという方が小学校で始めたワークショップが発展したものです。最初は授業の一環で子どもたちに歌を歌わせていたのが、だんだん大きなプロジェクトになったのですね。

歌のテーマは子どもたちやその先生によって選ばれます。この歌は「チョコレートはおいしいね」という無邪気な歌ですが、社会的な内容の歌もたくさんあります。正義、エコロジー、女性の権利など。

歌をとおしてこの世界を学んで行くという感じでしょうか。

これまでに、人気のあった歌、傑作がCDにおさめられ4枚ぐらい発売されています。

以前、Bonne et heureuse annee(あけましておめでとう)という曲を紹介しています⇒歌と訳詞:Bonne et heureuse annee(あけましておめでとう) | フランス語

フランスの小学校では、歌だけでなく演劇を取り入れて、子どもたちの情緒を伸ばす授業もあるようです。これは以前、仏検の問題文として読みました。この問題文はたぶん実際にあったニュースをもとに作られていると思います。

ある中学校で、試験的に演劇のクラスを始めてみたら生徒に好評だったので、そのうち必須科目になりました。

演劇の授業のあるときは、実際に街にある古い劇場まで行って行います。ふつうの教室では学べない共同作業をやることになるので、相手の気持ちを推し量ることがができるようになる、といった内容だったと思います。

それでは次回のバレンタインデーの記事をお楽しみに。

バレンタインデーの記事はこちらにまとめています⇒バレンタインデーとチョコレート関連記事の目次

「チョコレートの歌」が入っているアルバムです。







関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね☆

◆お気に入り登録は Ctrl+D

◆ツイターで更新情報、フランス語の表現などつぶやいてます。
◆つぶやきのログはこちら ⇒pen(@mlle_pen) - Twilog
◆Feedlyでフィードをとって読むと何かと便利↓↓penも愛用中
follow us in feedly

更新情報をメールで配信中。

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

アーカイブ

このブログの中を検索

このブログの運営者

運営者こんにちは。フランス語愛好家のpenと申します。 フランス語を自宅で学習して正味3年8ヶ月です。おもにインターネットの講座とラジオ講座(ストリーミング放送)を利用してます。学習するにつれて自分の世界がどんどん広がってきました。
このブログには日々の学習や、フランス語について書いています。コツコツ謙虚に学んでいきたいです。もう少し詳しい自己紹介はこちら⇒penはこんな人
プライバシーポリシー・免責事項・著作権

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちらからどうぞ
封筒
⇒お問い合わせフォームへ

お気軽に^^