昭和のペンギンが、平成21年にフランス語開始。インターネットがあるから家でも勉強できるよ。。あなたも一緒にどうですか?

menu

フランス語の扉を開こう~ペンギンと

マクシム・ル・フォレスティエのかわいい曲、『小さなフーガ』の訳詞

楽譜

マクシム・ル・フォレスティエの La Petite Fugue ラプティットフューグ という曲をご紹介します。邦題があるのかどうかわかりませんが、そのまま『小さなフーガ』としました。

「春になると、昔、友だち3人で演奏していた小さなフーガのことを思い出すよ」という歌です。

1969年に1度発表され、90年代に再レコーディングされています。
こちらは新しいほうの録音です。

※YouTubeで見る方はこちらから⇒https://youtu.be/uTEhvSQufT4

タイトルどおり、クラシカルな曲ですね。

それでは和訳に挑戦!


La Petite Fugue 小さなフーガ

☆C’était toujours la même
Mais on l’aimait quand même
La fugue d’autrefois
Qu’on jouait tous les trois

On était malhabiles
Elle était difficile
La fugue d’autrefois
Qu’on jouait tous les trois

いつも同じだった
それでも僕らは大好きだった
昔のフーガ
いつも3人で演奏していた

僕らの演奏はへたくそだった
難しかった
昔のフーガ
いつも3人で演奏していた☆

エレオノールがピアノでテーマを奏でた
その演奏があまりに美しかったから
僕らは手を動かすのを忘れて聞き入った
彼女は突然弾くのをやめて僕らを見つめた
ピアノの椅子の上からね
そして、ミ・ファ・ミ・ファ・ミ・レとまた始めて、と言った

☆~☆ 繰り返し

きみ、思い出してよ。床に投げ出されたバイオリンのことを
いつも床にあったよね
ニコラがそのヴァイオリンでフラットを弾こうとすると上手くいかなかった
隣の人たちが、ぞろぞろ歩いて来始めたら
それは食事の時間
バイバイ、バッハ。また次の木曜日に

☆~☆ 繰り返し

或る日、エレオノールが家を出た
音叉を持っていった
その日以来、僕らのヴァイオリンはもう音があわなかった
僕らも次々に離れ離れになって
残ったのはあのフーガだけ
でね、僕があのフーガを聴くのはいつも春なんだ

☆~☆ 繰り返し

歌詞はこちらです⇒Maxime Le Forestier – La Petite Fugue Lyrics

単語メモ

malhabile 不器用な

du haut de qc ~の上から

tabouret (背、肘掛けのない)腰掛け、スツール

gênait < gêner 邪魔をする bémol フラット♭⇔ dièse シャープ ♯ diapason 音叉 調子笛 s'accorder 調和する l'un(e) après l'autre 次々に se disperser 散り散りになる

音叉(おんさ)とは?

音叉は聴音するための道具です。左の金属の棒でUの字型のをたたいて出た音で、楽器をチューニングします。英語ではtuning fork といいます。

音叉(おんさ)

マクシム・ル・フォレスティエ

1949年生まれのフランスのシンガーソングライター。父親が英国人、母親がフランス人です。1965年にお姉さんのカトリーヌとデュオを組んで、パリのキャバレーで演奏を始めます。16歳の時ですね。

このとき、ジョルジュ・ムスタキと知り合い、ムスタキの曲をカバーします。その後マクシムはソロで活動を開始。1972年に Mon frère というアルバムでソロデビュー。現在も活動しています。

ジョルジュ・ムスタキ⇒歌と訳詞:3月の水~ジョルジュ・ムスタキ その1

マクシムにはたくさんの曲がありますが、代表曲は San Francisco これは、1971年に、サン・フランシスコで休暇を過ごしていたときに作った歌です。このとき、マクシムはアレン・ギンズバーグに出会って、インスピレーションを得ました。


La Petite Fugue カトリーヌ・ル・フォルスティエのバージョン

この曲の歌詞は、マクシムとお姉さんのカトリーヌの共作です。

バックのコーラスはマクシムです。アコースティックギターとフルートがフィーチャーされ、こちらもいい感じです。

※YouTubeで見る方はこちらから⇒Catherine Le Forestier : La Petite Fugue

やさしくて、きれいで、あたたかみのある声ですね。

マクシムの曲で日本で1番知られているのは、1972年の Éducation sentimentale エデュカシオンソンチモンタール 『感情教育』ではないでしょうか?フローベールの小説のタイトルと同じですが、歌の中身は関係ないと思われます。

こちらもとてもきれいな曲です。

※YouTubeで見る方はこちらから⇒Education Sentimentale, Maxime Leforestier

マクシムは子どものころ、バイオリンを習っていたので、クラシカルな曲調が多いのかも。この曲も近々訳したいと思います。

いかがでしたか?
『感情教育』は、70年代にテレビドラマの『おおヒバリ!』という学園ドラマのオープニングテーマに使われていました。

タイトルに「教育」とついているからこの曲を選んだのでしょうか。このテーマ曲のおかげでドラマのイメージが120%ぐらいアップしてました。

ちなみに、タイトルの「おおヒバリ」は学園の理事長がよく歌うメンデルスゾーンの歌です。

メンデルスゾーンはドイツ人ですから、オリジナルはドイツ語です。

Lerchengesang(ひばりの歌)というタイトルで、かわいいヒバリの歌声をきくと、とてもうれしい、私もヒバリと一緒に歌ってしまう、そして大空に舞い上がり、雲をつきぬけ、太陽まで飛んで行くわ、といった歌です。

こちらもとても春らしい歌です。

※YouTubeで見る方はこちらから⇒MendelssohnKammerChor Berlin – Felix Mendelssohn Bartholdy – Lerchengesang

このドラマ、私は再放送で見ていましたが、北大路欣也、古谷一行、島田陽子、秋野暢子、葦原邦子、穂積隆信、名古屋章、高橋洋子と有名な役者さんがいっぱい出ていました。木内みどりや竹田かほりは生徒役だったかな。

今思うと70年代のドラマって配役が豪華ですね。

それでは、次回の音楽の記事をお楽しみに。

『感情教育』の入っているデビュー・アルバムです

Mon Frere
Mon Frere







関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね☆

◆お気に入り登録は Ctrl+D

◆ツイターで更新情報、フランス語の表現などつぶやいてます。
◆つぶやきのログはこちら ⇒pen(@mlle_pen) - Twilog
◆Feedlyでフィードをとって読むと何かと便利↓↓penも愛用中
follow us in feedly

更新情報をメールで配信中。

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

アーカイブ

このブログの中を検索

このブログの運営者

運営者こんにちは。フランス語愛好家のpenと申します。 フランス語を自宅で学習して正味3年8ヶ月です。おもにインターネットの講座とラジオ講座(ストリーミング放送)を利用してます。学習するにつれて自分の世界がどんどん広がってきました。
このブログには日々の学習や、フランス語について書いています。コツコツ謙虚に学んでいきたいです。もう少し詳しい自己紹介はこちら⇒penはこんな人
プライバシーポリシー・免責事項・著作権

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちらからどうぞ
封筒
⇒お問い合わせフォームへ

お気軽に^^