昭和のペンギンが、平成21年にフランス語開始。インターネットがあるから家でも勉強できるよ。あなたも一緒にどうですか?

menu

フランス語の扉を開こう~ペンギンと

歌と訳詞:Laisse tomber les filles~フランス・ギャル(娘たちにかまわないで)

エレキギター

きょうは先日紹介したクロード・フランソワの映画にもちらっと出てくるフランス・ギャルの曲を訳してみます。

もちろん映画に出てくるのは本人ではなく、フランス・ギャル役の女優さんです。

というのもクロクロとフランスは昔、少しつきあっていたのですね。まだフランス・ギャルがごく若い10代のころです。でもクロクロがいろいろとわがままなので、結局彼女は彼のもとを去ります。

その失恋の痛手を歌ったのが『いつものように』 «Comme d’habitude»だと言われてます。

参考⇒Comme d’habitude(いつものように) クロード・フランソワ・聴き比べ

こちらは映画の中のクロクロとフランス

クロクロ

Laisse tomber les fillesは1964年の曲。1965年にフランス・ギャルは「夢見るシャンソン人形」でユーロビジョン・ソング・コンテストの1位になります。

邦題は「娘たちにかまわないで」です。微妙に意味が違いますが、邦題はべつに意味が違っていてもいいのかもしれません。

では、お聞きください。
2分44秒

ひじょうに覚えやすいこの曲を作ったのは、セルジュ・ゲンズブールです。続きには和訳をしています。

歌詞はこちらを参照願います⇒Laisse Tomber Les Filles – France Gall – Lyrics of the song

オリジナルの一部だけ引用します。

Laisse tomber les filles
女の子たちをほっといたら?

☆Laisse tomber les filles
Laisse tomber les filles
Un jour c´est toi qu´on laissera
Laisse tomber les filles
Laisse tomber les filles
Un jour c´est toi qui pleureras

女の子たちをふれば?
女の子たちをほっといたら?
いつか今度、ふられるのはあなた
女の子たちをほっといたら?
女の子たちをほっといたら?
いつか今度、泣くのはあなた☆

ええ、私は泣いたわよ。でもこの次は
いいえ、もう泣かない
いいえ、もう泣かない

私はあなたにそれは当然のことって言うわ
わかったでしょって言うわ
わかったでしょって言うわ

女の子たちをほっといたら?
女の子たちをほっといたら?
この次痛い目を見るのはあなた
女の子たちをほっといたら?
女の子たちをほっといたら?
今度報いを受けるのはあなた

ただですむわけないじゃない
無垢な心をもてあそんだら
無垢な心をもてあそんだら
私がどんな気持ちかわかるわよ
すぐにね
すぐにね

La chance abandonne
Celui qui ne sait
Que laisser les cœurs blessés
Tu n´auras personne
Pour te consoler
Tu ne l´auras pas volé

運に見捨てられるわよ
人の心を傷つけることしか
知らない人はね
あなたをなぐさめてくれる人は
誰もいやしない
あなたは当然の報いを受けるのよ

☆~☆ 繰り返し

あなたに同情してくれる人なんて、
自分しかいないわよ
自分しかいないわよ
そのとき、あなたは思い出すわよ
私があなたに今言ったことをみんな
私があなたに今言ったことをみんな

※単語メモ
laisser tomber qn (話)人を見捨てる、忘れる、関心を失う
Elle a laissé tomber son mari pour un autre.
彼女は夫を捨て、別の男に走った
s’apprendre ~を自分で学ぶ
se payer 償う、報いを受ける
impunément 罰せられずに、とがめられずに
On ne peut pas voler impunément.
盗みをすれば必ず罰せられる
ressens < ressentir ~を強く感じる、受け取る ne pas l'avoir volé (話)当然の報いである Cette punition, il ne l'a pas volée. 彼が罰せられたのは自業自得だ。 plaindre 気の毒に思う、同情する

この曲を英語でカバーしたものが、クエンティン・タランティーノ監督の2007年の映画『デス・プルーフ in グラインドハウス』«Death Proof»のエンド・クレジットで流れました。

曲名はChick Habit。歌っているのはApril・Marchという春爛漫な名前の方です。
2分30秒

また、2012年のサリュ・レ・コパン«Salut Les Copains»というミュージカル・コメディー映画でも歌われています。
Salut Les Copains, Le Spectacle Musical – Laisse tomber les filles (Clip Officiel) 2分36秒

この3人はフランス・ギャルよりうまいですね。まあ、アイドルはへたうまのほうがいいのかもしれません。

この映画に出てくる«Salut Les Copains»というのは、1959年から1976年までフランスで平日の夜、毎晩やっていたラジオ番組です。

イエイエの時代を作った番組とか言われてますね。社会現象になるほど人気があり、後に番組でかかった当時のヒット曲を集めたレコードも出ましたし、同じ名前のティーン向けアイドル雑誌もできました。そして、今、こんなミュージカルまで制作されたわけです。

*このページに雑誌の表紙が集めてありますので興味のある方はどうぞ⇒Couverture magazine Salut les copains

CDは年代別にいろいろ出ていますが、買うなら1960年代の曲を集めたものがいいでしょう。

最近、懐古趣味がはやってるんでしょうかね?確かに60年代の音楽のほうが今より楽しくてよかったとは思いますが。

☆フランス・ギャルの曲はこちらでも訳しています。
歌と訳詞:すてきな王子様~フランス・ギャル

歌と訳詞:「新学期」~フランス・ギャル

おしゃまな初恋:フランス・ギャル~歌と訳詞、フランス・ギャルの詳しいプロフィールつき

歌と訳詞♪:『夢見るシャンソン人形』・フランス・ギャル



  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね☆

◆お気に入り登録は Ctrl+D

◆ツイターで更新情報、フランス語の表現などつぶやいてます。
◆つぶやきのログはこちら ⇒pen(@mlle_pen) - Twilog
◆Feedlyでフィードをとって読むと何かと便利↓↓penも愛用中
follow us in feedly

逆アクセスランキング☆彡

毎月1日にリセットします
どなたもふるってご参加を!
2以上のアクセスから参加できます(^O^)/
アクセスランキング

アーカイブ

このブログの運営者

運営者こんにちは。フランス語愛好家のpenと申します。 フランス語を自宅で学習して正味3年8ヶ月です。おもにインターネットの講座とラジオ講座(ストリーミング放送)を利用してます。学習するにつれて自分の世界がどんどん広がってきました。
このブログには日々の学習や、フランス語について書いています。コツコツ謙虚に学んでいきたいです。もう少し詳しい自己紹介はこちら⇒penはこんな人
プライバシーポリシー・免責事項・著作権

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちらからどうぞ
封筒
⇒お問い合わせフォームへ

お気軽に^^