昭和のペンギンが、平成21年にフランス語開始。インターネットがあるから家でも勉強できるよ。あなたも一緒にどうですか?

menu

フランス語の扉を開こう~ペンギンと

Le Bonheur (幸せ)~ベリー:歌と訳詞

家の前のブランコ
家の前のブランコ

フランスの女性歌手、ベリーの«Le Bonheur» (幸せ)という曲をご紹介します。bonheur は「幸せ」という意味。なりたちは bon(良い)+heur(時間)。反対語の「不幸」はmalheurです。

では、曲をきいてください。アコースティックギターにのせてリラックスしたやさしい歌声を聞かせてくれています。

ギターがいいですね^^

訳詞:Le Bonheur (幸せ)~ベリー

歌詞はこちら⇒Paroles de Berry : Le Bonheur

最初のほうだけ、オリジナルを引用します。

Le Bonheur(幸せ)

☆N’ayez pas peur du bonheur
Il n’existe pas
Ni ici, ni ailleurs
Da di da di da, da di dam

幸せをおそれないで
そんなものないの
ここにも、どこかよそにも
ダ・ディ・ダ・ディ・ダ、ダ・ディ・ダン☆

Nous allons mourir demain
Ne dites plus rien
Le bonheur conjugal
Restera de l’artisanat local

明日には、死ぬかもしれない
これ以上何も言わないで
夫婦の幸せなんて
職人の手にまかせましょう

★Laissez vous aller
Le temps d’un baiser
Je vais vous aimer

好きにしましょう
キスの時間
私はあなたを好きになるわ★

宝物は隠されてはいない
ここにちゃんとある
私たちの足元に見えてるわ
でも、私たち、そのうえでひっくりかえりそうなの
 1.

人生が一度だけなんて、残念ね。
でもあなたとの出会いという贈り物をくれたわ
 2.

★~★ くりかえし

海水がいつも塩辛いように 3.
何も変わらないわ
人は互いに愛しあい、互いに葬り去る
 4.
手を見つけて、それを握りしめるの

☆~☆ くりかえし
★~★ 二回くりかえし

※単語メモ
conjugal 夫婦の
lien conjugal 夫婦の絆
artisanat 職人仕事、手仕事
artisanat local はその地方の名産品やそれを作る技術だと思います。
dévoiler おおいをとる
ferait faire 条件法
dommageable 損害を与える、有害な
serre serrer 握り締める

※補足
1.Il nous ferait presque tomber

それ(足元にある宝)は、ほとんど私は転ばせようとしている(が転びはしない=条件法なので)

ここは、今ひとつよくわからなかったです^^;

2.C’est le temps d’une joie qui s’offre comme vous à moi

たぶん直訳は

それ(=人生)はあなたが私のもとに来たような贈り物をくれる喜びのときです。

3..Un peu de sel dans la mer

海の中にある少しの塩

4..On s’adore on s’enterre

お互いに愛しあい、お互いに埋葬しあう⇒人生は他人とかかわりあいながら生きて、死んでのくりかえし、というようなことだと思います。

※文法ワンポイント

N’ayez pas peur.

おそれないで。

ayez < avoir のvousに対する命令法です。否定文 文法用語では命令法なのですが、日本語にすると「こわくないですよ、だいじょうぶですよ」という感じです。 ほかの人称の命令法 tu →aie nous →ayons

フランスの女性歌手、Berry(ベリー)

Berry(ベリー)は2008年にアルバム «Mademoiselle» でデビューしたシンガーソングライター(って死語なのか?)。歌だけでなく、女優やモデルとしても活躍している美しい方です。

その雰囲気から、フランソワーズ・アルディやカーラ・ブルーニの再来などと言われますね。あと、気取らない感じがジェーン・バーキンみたいでもあります。

アコースティックな曲が多く、日本人に受けそうな気がします。ただ、ちょっと力強さにかけるかもしれません。

さらっとした感じなんですよね。CMに使われそうな曲といえばいいでしょうか。

公式サイトで試聴できます⇒Berry | Site officiel

日本ではまだ輸入盤しか出てないようです。でも、最近はあまりCDを買う人がいないでしょうから、べつにいいのでしょうか。

アマゾンで輸入盤、MP3なら買えます⇒Mademoiselle

最新作(といっても2012年の春発売)では、本人の好きなイギー・ポップの«Les Passagers» をフランス語でカバーしていて、これがアルバムのタイトルにもなっています。

アマゾンに一点在庫あり⇒Les Passagers

幸せとは?

ベリーは、幸せなんてない、と言ってます。特にそんなものを探す必要はなく、今この状況が幸せなので、自然にまかせましょう、ということでしょうか。

確かに、現代人は「我々は幸せにならなければいけないのだ!」と必死になってるふしがあります。

それから、もう一つ「成功しなければならない!」というのもありますね。上昇志向っていうんでしょうかね?

たった一度の人生だからこそ、今自分のまわりにすでにあるもの、緑の美しさとか、友達の笑顔とか、雨の音、朝のすっきりした目覚めとか、そういうものを楽しむことができるといいですね。

この考え方は、先日翻訳講座で読んだ「偽りの幸せを子どもに与える必要はない。子どもは幸せを見つける能力がすでにあるのだから」というのと似ています。

参考⇒『幸せを感じる力』を覚えていますか?

その文であげられていた幸せの例は、オーブンの中で焼いているパンのおいしそうな匂いでした。

それは一瞬のことであり、理屈抜きなんです。

今さっとつかんで味あわないと失われてしまいます。

まあ、パンはまた焼けばいいんですが・・・。おいしく焼こうと思って、焼き時間とか発酵具合などを考えながら、パンの焼成をチェックしていると、それはもうあんまり楽しくないのですよね。



  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね☆

◆お気に入り登録は Ctrl+D

◆ツイターで更新情報、フランス語の表現などつぶやいてます。
◆つぶやきのログはこちら ⇒pen(@mlle_pen) - Twilog
◆Feedlyでフィードをとって読むと何かと便利↓↓penも愛用中
follow us in feedly

逆アクセスランキング☆彡

毎月1日にリセットします
どなたもふるってご参加を!
2以上のアクセスから参加できます(^O^)/
アクセスランキング

アーカイブ

このブログの運営者

運営者こんにちは。フランス語愛好家のpenと申します。 フランス語を自宅で学習して正味3年8ヶ月です。おもにインターネットの講座とラジオ講座(ストリーミング放送)を利用してます。学習するにつれて自分の世界がどんどん広がってきました。
このブログには日々の学習や、フランス語について書いています。コツコツ謙虚に学んでいきたいです。もう少し詳しい自己紹介はこちら⇒penはこんな人
プライバシーポリシー・免責事項・著作権

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちらからどうぞ
封筒
⇒お問い合わせフォームへ

お気軽に^^