昭和のペンギンが、平成21年にフランス語開始。インターネットがあるから家でも勉強できるよ。あなたも一緒にどうですか?

menu

フランス語の扉を開こう~ペンギンと

『劣等生』~ジャック・プレヴェールの詩で学生時代を思い出す

昔の教室

毎日フランス語を勉強したい人へ⇒2017年版、フランス語学習用日めくりカレンダーのレビュー。

ジャック・プレヴェール(1900-1977)のLe Cancre劣等生』という詩をご紹介します。プレヴェールは20世紀のフランスの有名な詩人、映画作家、童話作家。

以前『朝食』という詩をとりあげています⇒ジャック・プレヴェールの詩『朝食』は複合過去の学習に最適

『劣等生』も『朝食』と同じ、1945年に発売された Paroles という詩集に入っています。

 
cancre は口語で劣等生。語源はラテン語のcancer でこれはカニのこと。カニが横歩きでのろのろ動く、その様子から派生した言葉です。

それでは詩の朗読をお聞きください。詩の内容にあわせた動画になっています。


※YouTubeで見る方はこちらから⇒Le cancre

☆ほかの朗読
LE CANCRE – Vive Voix | Wheaton College 男性

Le Cancre  

Il dit non avec la tête
Mais il dit oui avec le cœur
Il dit oui à ce qu’il aime
Il dit non au professeur
Il est debout
On le questionne
Et tous les problèmes sont posés
Soudain le fou rire le prend
Et il efface tout
Les chiffres et les mots
Les dates et les noms
Les phrases et les pièges
Et malgré les menaces du maître
Sous les huées des enfants prodiges
Avec des craies de toutes les couleurs
Sur le tableau noir du malheur
Il dessine le visage du bonheur.

– Jacques PRÉVERT (Paroles 1945)

では、和訳してみます。
単語は簡単なのですが、詩のように訳すのは難しかったです。

劣等生

彼は頭では「いいえ」と言う
でも心では「はい」と言う
好きなものには「はい」と言う
先生には「いいえ」と言う
立っている
質問を受ける
質問が全部終わる
突然大笑いを始める
そして、全部消す
数字も、言葉も
日付も、名前も
文章も、ひっかけ問題も
先生から脅かされても
できのいい子たちのやじの中で
ありったけの色のチョークで
不幸の黒板の上に
幸せな顔を描く。


単語・表現メモ

piège 罠;(試験などの)落とし穴、ひっかけ
question(-)piège 引っ掛けの問題

huée (複数形で)やじ、罵声

craie チョーク

Soudain le fou rire le prend
突然きちがいじみた笑いが彼をとらえる⇒彼は突然笑いだす。

単語も構文もシンプルです。

この詩の解釈は読み手にまかされています。

第二次大戦の直後に発表されたことを考えると、権威や体制への批判、自由を求める気持ちが入っているかもしれません。それぞれが、自分の黒板に幸せの顔を描いて前に進むべき時期だったのかもしれません。

プレヴェールは貧しい家の生まれで、小学校しか出ていないそうです。15歳からパリの商店や百貨店で働いていました。


Le Cancre  別の動画

最初に15秒ほどCMが入っています。


"Le cancre" de J. Prévert

『劣等生』は歌にもなっています。


※YouTubeで見る方はこちらから⇒Louis Puthod – Kosma – Le cancre

作曲はジョゼフ・コズマ(Joseph Kosma)です。明るい感じですね。

いかがでしたか?

黒板で、問題をとくのって、恥ずかしいものです。問題をといたあと、間違いを先生に直されるのならともかく、他の生徒に直されるのってけっこう屈辱ですね。

私は中学生のとき、数学の時間に、共通部分と和集合がどこなのか、◯が2つ重なった上を、チョークで色をぬる問題で、思いっきり間違えたことを今でも覚えています。

そのときの先生の名前まで覚えています。
あまり人前で問題を解きたくないものです。

それでは次回の詩の記事をお楽しみに。

☆関連記事もどうぞ
Le Jardin(ジャック・プレヴェール)という詩を読んでみた

セルジュ・ゲンズブールの「プレヴェールに捧ぐ」訳詞 前編

☆トップの写真はFlickerよりお借りしました。ありがとうございます。
Dunceby garybirnie.co.uk







関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね☆

◆お気に入り登録は Ctrl+D

◆ツイターで更新情報、フランス語の表現などつぶやいてます。
◆つぶやきのログはこちら ⇒pen(@mlle_pen) - Twilog
◆Feedlyでフィードをとって読むと何かと便利↓↓penも愛用中
follow us in feedly

更新情報をメールで配信中。

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

アーカイブ

このブログの中を検索

このブログの運営者

運営者こんにちは。フランス語愛好家のpenと申します。 フランス語を自宅で学習して正味3年8ヶ月です。おもにインターネットの講座とラジオ講座(ストリーミング放送)を利用してます。学習するにつれて自分の世界がどんどん広がってきました。
このブログには日々の学習や、フランス語について書いています。コツコツ謙虚に学んでいきたいです。もう少し詳しい自己紹介はこちら⇒penはこんな人
プライバシーポリシー・免責事項・著作権

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちらからどうぞ
封筒
⇒お問い合わせフォームへ

お気軽に^^