昭和のペンギンが、平成21年にフランス語開始。インターネットがあるから家でも勉強できるよ。あなたも一緒にどうですか?

menu

フランス語の扉を開こう~ペンギンと

歌と訳詞:Le Cantique Mécanique~ロラン・ヴルズィ

お花

ロラン・ヴルズィ(Laurent Voulzy)のLe Cantique Mécaniqueという曲をご紹介します。

聖書と燭台

この曲は現在(2013年4月)の國枝先生のラジオ講座、「まいにちフランス語」応用編「La vie, au rythme des événements 人生の新しい扉を開けるとき」のエンディングに流れる曲です。

この番組、これまで何度か再放送されているので、聞き覚えのある方も多いでしょう。

ロラン・ヴルズィは独特のとてもポップな音楽を作る人です。かなり英米よりの音作りをしているので、フレンチポップスが苦手な方にも親しみやすいと思います。

では、まず聞いてください。とても美しい曲です。
静止画です。5分50秒

歌詞はこちらを参照してください⇒Voulzy – Le cantique mécanique

では、和訳してみます。最初のフレーズだけ原文を引用します。

LE CANTIQUE MÉCANIQUE
止められないこの思い

Comment faire pour te donner la preuve
Puisqu’un amour ça ressemble à rien
Dessiner quoi?
Écrire des mots fleuves
Moi j’ai mon coeur qui bat pour le tien
Juste ce coeur qui est sous ta main
Puisqu’un amour ça ressemble à rien
À rien

君に愛のあかしを示すにはどうしたらいいんだろう
だって、愛はどんな物にも似ていない
何を描けばいいのか? 
川のように言葉を連ねるべきなのか
僕、僕は君のすべてに心をときめかせている
僕の心は、君の手の中にある、それだけだ
だって、愛は何ものにも似ていない。
どんな物にも

君を信頼していることを伝えるにはどうしたらいいんだろう
だって愛はきっと人を殺しかねない
君に何をあげればいい?
契約の箱なのか
そうすれば、僕の魂は、君のものになるのだろう
★さあ、僕の魂は君の両手の中だ
だって愛は何ものにも似ていない
どんな物にも★

☆ぼくは君にすべてを捧げた
自分の欲も、大事なことも、
僕にまだ残っているのは
せいぜいほんのすこしの居心地悪さだけ

君に
ただ君にだけ

そして僕の口
僕の目
僕の両手
僕の身体すべて、結局のところ
すべては君のもの☆

でも、どうやって僕に訪れたこのほとばしりを、君に伝えればいいのだろう?
君の目に涙があふれたら
両目をしっかり閉じれば、君にはたやすくわかるだろう
だって、愛は神のようなものなんだ
神のような

☆~☆ 繰り返し
★~★ 繰り返し

※単語メモ
cantique 賛歌、(ラテン語以外の)賛美歌
mécanique 機械の、無意識の
preuve 証拠
rien que ただ~だけ
le tien 君のもの
(tout) au plus せいぜい
verras < voir 単純未来 appartient < appartenir flot 流れ sans peine たやすく

【補足】
●不定法
Dessiner quoi?
Écrire des mots fleuves

と不定法が使われていますが、これは本人が自問自答していることを表します。

●契約の箱 l’arche une alliance
古代ユダヤ人の伝承でモーセが神から授かった十戒を記した2枚の石版を入れたと信じられている箱。
この箱の中に神がいると考えられたとても大事な箱。

dotline470

この歌詞を訳すの、とっても苦労しました。

だいたい、タイトルからして難しいです。
cantique は神様を讃える歌です。そしてmécaiqueは機械じかけの、とか自動的な、とか無意識の、という形容詞。

この二つの単語は韻をふんでいます。たぶん彼の造語だと思います。

無意識のうちに歌われてしまう賛歌⇒止められないこの思い

としてみました。

厳密に言うと、本当に止められないのは歌うことなんですが、その原因は熱い思いなので、まあ、これでよしとしました。

ほかに難しかったのは、

●Intérêt, principal を彼女にあげたあと残っているun mini mal この三つの名詞。

principal は彼の大事なものだと思うのですが、intérêt とun mini malをどう訳すべきかすごく考えました。

●Quand l’eau te monte au bord des yeux
このeau を「涙」と訳しましたが、直前にflot(水などの流れ)があるので、もしかしたら、その水なのかもしれません。

dotline470

細部を微妙に間違えているかもしれません。が、要するに、ローランはある女性を深く愛して、その思いをどうやって伝えたらいいのか苦悩していのです。

やっぱり愛は伝えてなんぼなのでしょう。

この曲はこちらのCDに収録されています。

ほかの曲目はこちらでチェックね⇒Cache Derrie’re



    • petit à petit
    • 2013年 5月 05日

    すごい!
    この曲訳すなんて、、、
    毎日ブログ拝見していますが、すごいフランス語の勉強量ですね(^_^;)
    時間もたくさんかけて、、ただただ感心しています。
    私も フランス語脳プロジェクトに参加して、フランス語やる気はあったはずなのですが、足元にも及びません!!
    送られてくるメールをこなすだけで精いっぱい(-_-;)
    このGWには少しためてしまったいます
    この曲聞いて、明日からまたやる気が、、、(本当は今からといいたいところですが、、、)明日から(^_^;)
    ブログ楽しみにしています(^_^)/

      • フランス語愛好家
      • 2013年 5月 06日

      petit à petitさん、こんにちは。
      コメントありがとうございます。
      毎日、ブログを見ていただいているのですね。
      とてもうれしいです^^
      いい曲ですよね、この曲。
      私の勉強量は、たいしたことないです。
      ブログ書きに時間がとられるので人が思うほどはやってないです^^;

      GWもあと一日ですね。楽しい一日を。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね☆

◆お気に入り登録は Ctrl+D

◆ツイターで更新情報、フランス語の表現などつぶやいてます。
◆つぶやきのログはこちら ⇒pen(@mlle_pen) - Twilog
◆Feedlyでフィードをとって読むと何かと便利↓↓penも愛用中
follow us in feedly

逆アクセスランキング☆彡

毎月1日にリセットします
どなたもふるってご参加を!
2以上のアクセスから参加できます(^O^)/
アクセスランキング

アーカイブ

このブログの運営者

運営者こんにちは。フランス語愛好家のpenと申します。 フランス語を自宅で学習して正味3年8ヶ月です。おもにインターネットの講座とラジオ講座(ストリーミング放送)を利用してます。学習するにつれて自分の世界がどんどん広がってきました。
このブログには日々の学習や、フランス語について書いています。コツコツ謙虚に学んでいきたいです。もう少し詳しい自己紹介はこちら⇒penはこんな人
プライバシーポリシー・免責事項・著作権

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちらからどうぞ
封筒
⇒お問い合わせフォームへ

お気軽に^^