昭和のペンギンが、平成21年にフランス語開始。インターネットがあるから家でも勉強できるよ。あなたも一緒にどうですか?

menu

フランス語の扉を開こう~ペンギンと

親指太郎ってどんな話?「プチ・ニコラ」予告編のフランス語(後編)

パリ

毎日フランス語を勉強したい人へ⇒2017年版、フランス語学習用日めくりカレンダーのレビュー。

フランス映画の予告編でフランス語を学習するシリーズ。今回は「プチ・ニコラ」の後編です。「プチ・ニコラ」はフランスでひじょうに有名な子どもむけの小説です。


プチ・ニコラの予告編

46秒の先生の言葉から最後までチェックします。

Qui peut me raconter l’histoire du Petit Poucet ?

親指太郎」の話を私に言える人は?

Oui Agnan.

はい、アニャン。

Il était le dernier d’une famille de bûcherons qui décidèrent de les abandonner dans la forêt.

彼は木こりの家の末っ子で、親は彼を森に捨てることに決めました。

Et si on allait faire une balade en forêt le week-end prochain.

次の週末、森に散歩に行かないか?

Il faut que tu fayotes, comme ça tu crois que tu es très mignon et elle ne pourra plus t’abandonner.

ご機嫌をとらなきゃだめだよ。ニコラがすごくかわいいと思えば、ママもきみを捨てたりできないよ。

Alors, j’ai tout fait pour plaire à maman.

だから僕はママを喜ばせるためにできるだけのことをした。

Elle est très belle ta fleur mon chéri.

ニコラのくれた花、とてもきれいね。

Mais ça n’a pas suffi.

でもそれだけでは足りなかった。

Et demain, on ira se promener dans la forêt.

明日はね、森に散歩に行くわよ。

Et là les bêtises ont vraiment commencé.

ここで、ついにいたずらが始まった。

Nicolas, qu’est-ce que tu fais ? Ouvre!Bon, ouvre immédiatement cette portière!Ouvre cette portière, nom d’une pipe!

ニコラ、何をしているんだ?開けなさい。ほら、すぐにこのドアを開けて。開けろ、くそっ。

J’ai dit en colonne par deux.

2列に並べと言ったんだぞ。

Assis!
Debout!
Assis!

座って!
立って!
座って!

Tousse!

咳をして。

Silence!

静かに!

トランスクリプションはこちらを参考にしました⇒Bande annonce – Le petit Nicolas

単語メモ

fayoter (点数稼ぎに)やたらと熱心に働く、ごまをする

pourra < pouvoir 直説法単純未来-3人称単数

nom d’une pipe ちくしょう、くそ(憤慨や驚きを表します)。

colonne 列

tousser  咳をする、咳払いをする

今回のお話

弟が生まれると自分は邪魔になってもう可愛がってもらえないとニコラは心配します。

友だちのアドバイスに従って、家を掃除したり、花をあげたりして、ママのご機嫌を取るニコラ。週末に森に行ったとき、そこで捨てられると思い込みます。

たまたま学校でペローの「親指太郎」の話を学んだからです。

ニコラは森に行っても車から降りようとしません。

前回のお話はこちら⇒プチ・ニコラ(映画)予告編のフランス語(前編)

「親指太郎」はどんな話?

アニャンが得意そうに話しているのは、シャルル・ペロー (Charles Perrault)の Le Petit Poucet(親指太郎)という童話です。

予告編では、先生がいきなりアニャンをあてたように見えますが、実は本編では、先生は先にほかの子どもたちをあてています。

ところが、どの子も、今いちちゃんと答えられないので、しかたないから、アニャンを指したのです。

他の子たちはこんなふうに説明しました。先生はまずウード(Eudes)をあてます。

ウード:Eh bien, c’est un petit.
えーと、小僧の話です。

先生:Oui, mais encore … Rufus ?
それはそうだけど、リュフス?

リュフス:ll profite qu’il est petit pour commettre des vols, des fugues, tout ça.
小さいのを利用して、うまく盗みを働いたり、逃げたりします。

先生:Pas exactement. Alceste ?
ちょっと、違うわね。アルセスト?

アルセスト:Euh … ll refuse de bien se nourrir alors il est tout maigre.
えーと、ごはんをちゃんと食べないので、すごくやせています。

先生:Pas tout à fait.
全然、違います。

その後、先生は、アニャンをあてます。


ペローの「親指太郎」 Le Petit Poucet

Le Petit Poucet(親指太郎)は、1697年に出たペロー童話集に入っています。

この童話集の正式な名前は、Histoires ou contes du temps passé, avec des moralités : Contes de ma mère l’Oye 『寓意のある昔話、またはコント集~がちょうおばさんの話』です。

この童話集は民間説話を集めたもので、「長靴をはいた猫」「サンドリヨン(シンデレラのこと)」「青ひげ」「眠れる森の美女」「赤ずきんちゃん」など、有名な話がたくさん入っています。

子どもを意識して書かれた初めての児童文学である、とウィキペディアにはありました。「親指太郎」は「親指小僧」とも呼ばれています。

親指太郎は、体が小さいけれど機転のきく子ども。

食い詰めた子沢山の木こり夫婦が子どもを森に捨てることにしたのをこっそり聞きます。彼は、森に行く時、白い小石を目印に捨てて、うまく家に戻ることができたものの、また捨てられてしまいます。

その後、いろいろあり、人食い鬼に食べられそうになる話です。

パブリックドメインなので探せば Le Petit Poucet のテキストはネット上に複数あります。

こちらはテキストつきの朗読です。

ペローの童話には最後に教訓がついています。親指太郎の教訓はこれ。

Moralité

On ne s’afflige point d’avoir beaucoup d’enfants,
Quand ils sont tous beaux, bien faits et bien grands,
Et d’un extérieur qui brille;
Mais si l’un d’eux est faible, ou ne dit mot,
On le méprise, on le raille, on le pille :
Quelquefois, cependant, c’est ce petit marmot
Qui fera le bonheur de toute la famille.

子沢山でも嘆くことはない。
子どもたちはみんな美しく、できがよく、大きくて
輝いている。
そんなところに、1人だけひ弱で、無口な子がいると
その子は嫌われ、からかわれ、いじめられる。
ところが、時には、こういう小さな子どもが
家族全員に幸せをもたらすのである。

これは親に向けたメッセージでしょうか。それとも体の弱い小さな子どもへのメッセージなのでしょうか?

よくわかりませんが、親指太郎は、小さいからこそ活躍できます。

親指サイズの人間が活躍する童話はほかにもいろいろバリエーションがありますね。ゲゲゲの鬼太郎のお父さん(目玉おやじ)とか。私が昔好きだった『001/7親指トム』(ゼロゼロ七分の一親指トム)もその1つです。

このアニメ、いつもキングコングの前か後にやっていました。

親指トムのオープニングの動画はこちらで紹介しています。

キングコングは全く覚えていないのに、親指トムはよく覚えています。スパイ物が好きだったからだと思います。

このアニメは、日米合作で英語の題名はTOM of T.H.U.M.B.です。

それでは、次回の映画の記事をお楽しみに。







関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね☆

◆お気に入り登録は Ctrl+D

◆ツイターで更新情報、フランス語の表現などつぶやいてます。
◆つぶやきのログはこちら ⇒pen(@mlle_pen) - Twilog
◆Feedlyでフィードをとって読むと何かと便利↓↓penも愛用中
follow us in feedly

更新情報をメールで配信中。

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

アーカイブ

このブログの中を検索

このブログの運営者

運営者こんにちは。フランス語愛好家のpenと申します。 フランス語を自宅で学習して正味3年8ヶ月です。おもにインターネットの講座とラジオ講座(ストリーミング放送)を利用してます。学習するにつれて自分の世界がどんどん広がってきました。
このブログには日々の学習や、フランス語について書いています。コツコツ謙虚に学んでいきたいです。もう少し詳しい自己紹介はこちら⇒penはこんな人
プライバシーポリシー・免責事項・著作権

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちらからどうぞ
封筒
⇒お問い合わせフォームへ

お気軽に^^