昭和のペンギンが、平成21年にフランス語開始。インターネットがあるから家でも勉強できるよ。あなたも一緒にどうですか?

menu

フランス語の扉を開こう~ペンギンと

星

1943年4月6日にアメリカで「星の王子さま」が出版されて70年たちました。

星の王子さま

日本語:星の王子さま
フランス語:Le Petit Prince
英語:The Little Prince

はフランスのアントワーヌ・サン=テグジュペリの最も有名な小説です。

作者がアメリカに亡命していたので先に英語版が出版されました。

童話という体裁をとっており、フランス語も比較的平易なので、フランス語の学習用テキストとしてもよく使われます。

「フランス語脳プロジェクト」の文法編、読解編もこの本をテキストにしています。

世界で聖書の次に読まれている本だと言われていますね。

フランス語の本の中ではもちろん最も読まれていて、また最も翻訳されている本であり、20世紀のフランスの本の中で一番素晴らしいと人々の支持を受けています。

きょうはそんな「星の王子さま」が世界でどれだけ親しまれているかがわかる動画をご紹介します。

「星の王子さま」の公式サイトが作ったものです。

音楽とテロップだけで発話はありませんので、フランス語がわからなくても、なんだかすごい本なんだ、ということはわかるようになっています。
5分26秒

テロップの最初のほうの出版された数のところだけ少し和訳をつけてみます。

500 millions de lecteurs dans le monde

150 millions d’exemplaires vendus depuis 1943

Plus de 260 langues et dialectes
Record mondial de traductions

Des collectionneurs dans le monde entier

600 000 livres Pop-Up vendus

500 000 bandes dessinées

世界で5億人に読まれている。

1943年以来、1億5千万冊売れた。

260以上の言語と方言に翻訳されている
これは翻訳の世界記録

世界中にコレクターがいる

ポップアップ絵本は60万冊

コミックは50万冊

★きょうの単語メモ
lecteur, lectrice 読者
exemplaire 冊、コピー
dialecte 方言
bandes dessinée バンデシネ、コミック

5億人・・・どうやって数えたのか知りませんが、とにかくすごく読まれていることは確かです。

方言ですが、大阪弁とか東北弁に訳されているのも、もしかしたらあるかもしれませんが、地方言語と訳したほうがいいかもしれません。

ゲール語、ウェールズ語、ブルトン語とか、オック語、フリジア語あたりだと思います。

さて、こんなに有名な「星の王子さま」。実は私、「フランス語脳プロジェクト」に入るまで一冊通して読んだことがありませんでした。

存在は知っていましたが、表紙の絵が全然かわいく見えなくて、手が伸びなかったのです。

この本に書いてある「大切なものは目に見えない」という名言は知っていたのですが・・

「フランス語脳プロジェクト」に入ってから読んだのですが、もっと早く読めばよかったと思いました。

もし、このプロジェクトに入ってなかったら、たぶん一生読んでいなかったと思います。

この点だけでも、プロジェクトを始めてよかったと思っています。

***************************************************

で、どんな話なのかというと・・・

自分の星を出て、星をめぐりながら、地球にやってきた王子さまがいて、
砂漠の上で飛行機のエンジンがこわれて不時着した飛行士と出会うのです。

飛行士は一週間分の水しか持っていません。

エンジンを修理しようとしてあせっているのに、王子さまが唐突に飛行士にいろんな質問してくるのです。それも飛行士にとっては、どうでもいいようなことや、なんて答えていいのかよくわからない問いかけなんですね。

しかも王子さまのほうは、何か聞かれても答えません。でも、一緒にいるうちに、飛行士には王子さまのこれまでことがだんだんわかってきて、仲良くなっていきます。

この本のテーマの捉え方は人によってさまざまですが、少なくとも友情についてはみな考えるはずです。

狐が王子さまと友だちになる重要な箇所があります。

また、王子さまは自分の星に大好きだった「バラ」を置いてくるので、愛についても考えるでしょう。

フランス語脳プロジェクトでは、さらに「自分の才能」について考える読み方も示唆されます。

読むたびに、サン=テグジュペリって何でこんなに大事なこといろいろ知ってたんだろ、と思います。

たとえば

「みんなが探しているものはたった1本のバラやほんの少しの水の中に見つかるのに・・・・~目には見えないんだ。心で探さないとだめなのさ」

という箇所。たった1本のバラの中に見つかるはずなのに、人は庭に五千本もバラを植えても探し求めているものを見つけることができないのです。

とても短い小説なので、機会があったら手にとってみて下さい。

どこの図書館にもあります。

翻訳もいろいろ出てますが、私が買ったのは池澤夏樹のです。

400円で文庫本の中で一番安かったから選んだのですが、読みやすいです。

この本の特徴の一つはこんなふうに横書きになっていることです。
星の王子さま

買うのなら・・アマゾンで⇒星の王子さま (集英社文庫)中古本が1円から出ていますね・・・

楽天ポイントを集めてる人はこちらで⇒【送料無料】星の王子さま [ サン・テグジュペリ ]

「星の王子さま」関連記事もどうぞ

『星の王子さま』~お役立ちリンク集【2014年最新版】
「星の王子さま」 The Artistふう
「星の王子さま」の草稿がオークションへ(2012年5月)



  1. penさん、こんにちは。

    星の王子様、私もあの名言は知っているものの、
    ちゃんと読んだことがありませんでした。

    さっそく図書館で予約してみました^^
    絵本版は購入して、
    子どもと一緒に読んでみたいなぁと思います。

      • フランス語愛好家
      • 2013年 4月 09日

      Nicoさん、こんにちは。
      コメントありがとうございます。
      おお予約されましたか。それはよい決断だったと思います。
      お子さまには絵本を読んであげるのですね。
      Nicoさんは、やさしいママですね^^

    • アン
    • 2013年 4月 09日

    星の王子さま、初めっからフランス語で読みました。
    フランス語歴1年の時に、対訳なしで3回読んで、それからやっと日本語(濯さんの訳)で。我ながらがんばった。
    王子さまのお人形を持っています。
    値段をひとけた見間違って、泣く泣く大枚はたいた、秘密の貴重品です。
    英語でもスペイン語でも読んだから、次は大阪弁に訳してみようかな?
    タイトルは「星の王子はん」・・・

      • フランス語愛好家
      • 2013年 4月 09日

      アンさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
      フランス語1年やったあとなら読めますね。
      フランス語脳プロジェクトだと文法編を三ヶ月やったあとで読みますです。
      私は一番最初は英語で読みましたが、英語に関しては高校の教科書ぐらいの難易度だと思いました。
      文章は難しくないんです。でも、内容が寓話みたいで、箴言のような感じで深いですね。
      大阪弁なら、西原理恵子の描いてる東京ぼん太みたいな王子さまの絵があいそうですね。

  2. penさん、こんにちは。

    「星の王子様」私の思春期のバイブルでした^^

    最初読んだときは、せつなくて
    心がはりさけそうになったような・・・

    池澤夏樹さんの、横書きの文庫版は
    知りませんでした。

    箱に入ったわりとがっしりした本を
    持っていたような・・・実家に置きっぱなしで
    どこかに行ってしまったので、文庫版
    手に入れてみようかと思います。

    懐かしい琴線にふれる思い出が
    蘇りました^^ありがとうございます♪

      • フランス語愛好家
      • 2013年 4月 09日

      月子さん、こんにちは。
      思春期のバイブルでしたか。
      そうなんです。悲しい結末なんですよね。
      ずっと岩波書店のみがを翻訳権を持ってて、内藤濯という人の翻訳しか出ていませんでしたが、
      日本での翻訳の著作権が2005年のはじめに切れたので、このあとたくさん新訳が出ました。

      池澤さんの文庫本が一番安いと思いますがほかにもたくさんの訳が出ています。
      読み比べるのも楽しいと思います。

  3. 高校の教科書に、「星の王子さま」の話がありました。

    長いお話なので一部だけ掲載されていました。

    授業で読んで感想文を書かされた記憶があります。

    題名に似合わず、難しいお話ですよね。感想文を書くのが大変だったのを覚えています。 懐かしいな。

      • フランス語愛好家
      • 2013年 4月 17日

      えりこさん、こんにちは。
      コメントありがとうございます。
      へ~教科書にのっていたのですね。
      そうですね。難しいお話ともいえますね。
      いかようにも解釈できるので、年とってから読んでみると
      また違ったふうに感じると思います。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね☆

◆お気に入り登録は Ctrl+D

◆ツイターで更新情報、フランス語の表現などつぶやいてます。
◆つぶやきのログはこちら ⇒pen(@mlle_pen) - Twilog
◆Feedlyでフィードをとって読むと何かと便利↓↓penも愛用中
follow us in feedly

逆アクセスランキング☆彡

毎月1日にリセットします
どなたもふるってご参加を!
2以上のアクセスから参加できます(^O^)/
アクセスランキング

アーカイブ

このブログの運営者

運営者こんにちは。フランス語愛好家のpenと申します。 フランス語を自宅で学習して正味3年8ヶ月です。おもにインターネットの講座とラジオ講座(ストリーミング放送)を利用してます。学習するにつれて自分の世界がどんどん広がってきました。
このブログには日々の学習や、フランス語について書いています。コツコツ謙虚に学んでいきたいです。もう少し詳しい自己紹介はこちら⇒penはこんな人
プライバシーポリシー・免責事項・著作権

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちらからどうぞ
封筒
⇒お問い合わせフォームへ

お気軽に^^