昭和のペンギンが、平成21年にフランス語開始。インターネットがあるから家でも勉強できるよ。あなたも一緒にどうですか?

menu

フランス語の扉を開こう~ペンギンと

『屋根裏部屋のマリアたち』(2):映画の予告編

パリの建物

フランス映画の予告編のスクリプトでフランス語を学習しています。
今回は、Les femmes du 6ème étage(屋根裏部屋のマリアたち)の2回め。

この映画の概要については、初回の記事をごらんください⇒予告編のフランス語:『屋根裏部屋のマリアたち』(1)

予告編はこちらです。


※YouTubeで見る方はこちらから⇒Bande annonce : “Les femmes du 6e étage”

きょうは真ん中のスペイン語を練習してるあたりを見ていきます。


Les femmes du 6e étage 6階の女性たち 予告編スクリプト

Vous avez engagé une Espagnole ?
Parfaitement. Et je vous demanderai de bien la traiter en plus.

A mí me… el gusta el jamón.
Hihi. Non. Hihi.

Venez, Monsieur. Je vais vous montrer quelque chose. Je vous préviens, c’est tout bouché là-dedans.
Ah oui. Ouf!

Dites avec moi: “Juego”.
El juego.
El jardín.
El jardín.

Elles vivent dans des chambres miniscules…

Mais où est le lavabo?
Le lavabo?
… sans chauffage, ni eau courante.

El jueves.
El jamón.
El jamón.

スクリプトの和訳

スペイン人を雇ったの?
そのとおりだ。彼女に親切にするんだぞ。

A mí me… el gusta el jamón.(私はハムが好きです。)
ふふふ、違うわ。

こっちに来て、見せてあげるわ。
先に言っておくけど、そこ、完全に詰まってるわよ。

私と一緒に言って、Juego
El juego. (ゲーム)
El jardín. (庭)
El jardín. 

彼女たちはすごく小さな部屋に住んでいるんだ。

えっと、洗面所はどこだい?
洗面所?
・・・暖房も、水道もない。

El jueves. (水曜日)
El jamón. (ハム)
El jamón.

スクリプトはこちらを参考にしました⇒Bande-annonce: Les femmes du 6ème étage

単語メモ

engager 雇う

parfaitement もちろん、そうですとも [肯定の強調]

bouché 詰まった

lavabo 洗面台、洗面所

暖房も水道もないアパート

スペインのメイドさんたちは、アパートの1番上の階に住んでいるのですが、共同トイレは詰まっているし、洗面所も暖房も水道もない、と言ってますね。

そんなところに人を住まわせておくのは、法律違反ではないかと思うのですが、当時はよくあったことなのでしょうか?

雇い主は同じビルで優雅に暮しています。不思議な構造の建物ですね。

こっちにきて、いいもの見せてあげるわ、とタバコを吸いながら言っているメイドさんは、主人公に雇われたマリアのおばさんのコンセプシオン。

この人、すごく貫禄あります。カルメン・マウラという、ペドロ・アルモドバル作品によく出ているスペインの有名な女優さんです。


サンドリーヌ・キベルラン Sandrine Kiberlain

きょうチェックした1番最初の会話は息子の言葉です。息子2人はふだん寄宿学校に行っているので、家にいません。それなら召使なんていらない気がしますが、金持ちの家では、召使を雇うのが普通だったのかもしれないですね。

家事いっさいはお手伝いさんにまかせて、自分は毎日友だちと出歩いている有閑マダムを演じているのは、サンドリーヌ・キベルラン(1968生)です。

「プチ・ニコラ」の映画で先生を演じていた人ですが、私はわりと好きな女優さんです。奥様たちの、パステルカラーのスーツもおしゃれです。

こちらはサンドリーヌ・キベルランのインタビューです。


※YouTubeで見る方はこちらから⇒Sandrine Kiberlain : “Les Femmes du 6ème Etage” à Lille

いかがでしたか?

私は30年以上前に、スペイン語を半年やりましたが、きれいさっぱり忘れました。忘れているのに、最初フランス語の、Japon とか、japonaise をラジオ講座のテキストで見た時、ハポン、ハポネスと読んでしまいました。今でもうっかりすると、「は行」で読んでしまいます。

これが英語の Japanese なら、ちゃんと ジャ の音で読めるのですが。一度ついたクセを直すのはなかなか難しいです。

この続きはこちら⇒『屋根裏部屋のマリアたち』(3):映画の予告編







関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね☆

◆お気に入り登録は Ctrl+D

◆ツイターで更新情報、フランス語の表現などつぶやいてます。
◆つぶやきのログはこちら ⇒pen(@mlle_pen) - Twilog
◆Feedlyでフィードをとって読むと何かと便利↓↓penも愛用中
follow us in feedly

更新情報をメールで配信中。

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

アーカイブ

このブログの中を検索

このブログの運営者

運営者こんにちは。フランス語愛好家のpenと申します。 フランス語を自宅で学習して正味3年8ヶ月です。おもにインターネットの講座とラジオ講座(ストリーミング放送)を利用してます。学習するにつれて自分の世界がどんどん広がってきました。
このブログには日々の学習や、フランス語について書いています。コツコツ謙虚に学んでいきたいです。もう少し詳しい自己紹介はこちら⇒penはこんな人
プライバシーポリシー・免責事項・著作権

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちらからどうぞ
封筒
⇒お問い合わせフォームへ

お気軽に^^