昭和のペンギンが、平成21年にフランス語開始。インターネットがあるから家でも勉強できるよ。あなたも一緒にどうですか?

menu

フランス語の扉を開こう~ペンギンと

レ・ポム・ドゥ・マ・ドゥーシュ:「まいにちフランス語」初級編のテーマソング

ギター

先週からラジオ講座の初級編を聞いています。(第1週の受講メモはこちら⇒NHKラジオ講座「まいにちフランス語」初級編L1-3を聞いた

ラジオ講座はいつもテーマソングが楽しみですが、今回の音楽もなかなか素敵です。

久松先生の「Pas à pas ~ころばぬ先のフランス語入門」では、オープニングもエンディングも
« Les Pommes de ma Douche »(レ・ポム・ドゥ・マ・ドゥーシュ)の音楽が流れますね。

●オープニングは「After You’ve Gone」
●エンディングは「Ça Vole Haut 」

きょうはこの «Les Pommes de ma Douche»(レ・ポム・ドゥ・マ・ドゥーシュ)をご紹介します。

2007年に来日もしている5人組で、ジプシー・スイングとかマヌーシュ・ジャズと呼ばれる音楽を演奏する人たちです。といってもひじょうに幅広い音楽性を持っており、いろんなタイプの音楽を演奏しています。

アコースティックなスイングとも呼べるでしょうか。

フランスのテレビに出演して演奏している動画がありましたので、ご覧ください。

Tickle Joe 3分10秒

みんな演奏、うまいですね。

構成は
guitaire(solo) :ギター
guitaire:ギター
accordéon:アコーデオン
contrebasse :ダブルベース
violon:ヴァイオリン

ジプシー・スイングは、1930年代にギタリストのジャンゴ・ラインハルト(Django Reinhardt)(1910-1953)が始めたジプシーの伝統的な音楽とスイング・ジャズを融合させた音楽です。

ラインハルトはロマの旅芸人であった両親がベルギーに滞在しているときに生まれました。

こちらは彼の演奏による「After You’ve Gone」
3分2秒 静止画

Django Reinhardt – After You've Gone par theUnforgettablesTv

ジプシー・スイングはフランス語で jazz manouche (ジャズ・マヌーシュ)といいます。日本ではマヌーシュ・ジャズというほうが多いでしょうか。Manouchesはフランス語の口語で「ロマの人」という意味です。

ジャンゴ・ラインハルトは10代はじめぐらいからパリのダンスホールで音楽活動を初め、以後もフランスをベースに活動したので、このタイプの音楽はフランス発祥とされています。

さて、Les Pommes de ma Douche というグループの名前を直訳すると「私のシャワーの中の林檎たち」という「ふぞろいな林檎たち」みたいな名前になります。

実はこれは言葉遊びです。ジプシー・スイングの、あるギターの奏法が la pompe(ポンプ)と呼ばれ、マヌーシュのポンプ⇒pompe en manouche(ポンプ・マヌーシュ)という表現にかけた名前です。

ギタリストじゃないのでよくわかりませんが、pompeといってもいろんな奏法があるみたいです。

レッスン動画もたくさんありますが、わりとわかりやすく説明してる動画をご紹介します。
英語です。2分4秒。

手首をリズミカルに速く動かすことがポイントなんでしょうか? 腱鞘炎になりそうな気もします。

ジャズ・マヌーシュはとても軽やかでウキウキするような音楽ですね。

さわやかな演奏は早朝のラジオ講座のテーマにぴったりだと思います。

Les Pommes de ma Douche のホームページにビデオや音源があります。
画像クリックで飛びます。
Les Pommes de ma doucheLes Pommes de ma Douche

1枚目の音源は曲名をクリックしたら、ダウンロードが始まり、RAMファイルでした。RAMファイルはRealプレイヤーで再生するファイルです。

ほかのアルバムの曲はサイト上で聴けるようになっています。

ラジオ講座のオープニング、エンディングのテーマはともにデビュー・アルバムのこのCDに収録されています。

輸入盤⇒Y Va Tomber Des Cordes

国内盤⇒デキル男はポンプでマヌーシュ!!

この邦題はいかがなものか? 
消防車を思い浮かべるのは私だけでしょうか?

オリジナルのタイトルは”Y va tomber des Cordes !”
これは On y va tomber des Cordes ! です。
corde(s) は楽器の弦ですが、
Il tombe des cordes. 土砂降りだ
というイディオムもあるので、
まあ、怒涛のように楽器を演奏してるさまをイメージして、
「スイングにまみれよう!」ぐらいですかね?
あまり私の訳も気がきいていませんが。



  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね☆

◆お気に入り登録は Ctrl+D

◆ツイターで更新情報、フランス語の表現などつぶやいてます。
◆つぶやきのログはこちら ⇒pen(@mlle_pen) - Twilog
◆Feedlyでフィードをとって読むと何かと便利↓↓penも愛用中
follow us in feedly

逆アクセスランキング☆彡

毎月1日にリセットします
どなたもふるってご参加を!
2以上のアクセスから参加できます(^O^)/
アクセスランキング

アーカイブ

このブログの運営者

運営者こんにちは。フランス語愛好家のpenと申します。 フランス語を自宅で学習して正味3年8ヶ月です。おもにインターネットの講座とラジオ講座(ストリーミング放送)を利用してます。学習するにつれて自分の世界がどんどん広がってきました。
このブログには日々の学習や、フランス語について書いています。コツコツ謙虚に学んでいきたいです。もう少し詳しい自己紹介はこちら⇒penはこんな人
プライバシーポリシー・免責事項・著作権

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちらからどうぞ
封筒
⇒お問い合わせフォームへ

お気軽に^^