昭和のペンギンが、平成21年にフランス語開始。インターネットがあるから家でも勉強できるよ。。あなたも一緒にどうですか?

menu

フランス語の扉を開こう~ペンギンと

フランスの幸運のお守り:かわいいフランス語教えます(113)

テントウムシ

かわいい雰囲気のあるフランス語を集めています。

今回は幸運のお守り特集です。

日本では茶柱がたつと何かいいことがある、と言いますが、フランスにも、これを持っていると縁起がいい、こんなことがあると幸運に恵まれる、という迷信があります。そのような迷信に登場する単語を20個拾ってみました。

カタカナで読みを書いておきますが、リアルなフランス語の読み方ではありませんことを、お断りしておきます。


フランスのラッキーチャームに関係のある単語20個

bonheur  ボヌール 幸福、幸せ。(m) ボナーハッ(Rの音)と書いたほうが近い気がしますが、日本ではふつう「ボヌール」と書きますね。

bon chance ボンシャンス 幸運 (m)

porte-bonheur  ポルトボヌール ラッキーチャーム、幸運のお守り (f)

trèfle à quatre feuilles  トレフル ア カトル フィーユ 四葉のクローバー (m)

verre blanc ヴェール ブラン 白いガラス 
白いガラスが割れると縁起がよい、という迷信があります。白いガラスはたぶん白板ガラスのことだと思います。高級なガラスですね。一方、鏡を割ると7年間悪運が続く、と言われます。

croiser クロワゼ 交差させる 動詞です。
指をクロスさせて、厄払いをするので、選んでみました。

fer à cheval フェール ア シュヴァル 蹄鉄(ていてつ)(m)
蹄鉄は馬の靴です。馬のひづめを保護するために打ち付けるU字型をした鉄です。蹄鉄をかけておくと幸運が訪れます。特に玄関の上がよいそうです。

いろいろな国で蹄鉄はラッキーアイテムとなっていますが、U字の形(上があいた形)でかけるところが多いです。ところが、フランスでは、逆にかけます。

accrocher アクロシェ  掛ける 動詞です。
蹄鉄を掛ける、の「掛ける」です。

patte de lapin パット ドゥ ラパン ウサギの脚 
ゆっくり発音するとパットドゥラパンですが、ふつうに発音するとパッドゥラパンと聞こえます。キーホルダーになったウサギの脚を持っている人はたくさんいますね。いろいろな国でラッキーアイテムとなっています。

arc en ciel 歩くアルカンシエル 虹 (m) 直訳は「空の弓」
虹を見るとよいことがある、と言われます。虹もいろいろな国で幸運の印になっています。

尚、ふつう、定冠詞をつけて使われるので、l’arc en ciel  ラルカンシエル です。フランス語の発音はラーコンシエルと書いたほうが近いです。

coccinelle コクシネル テントウムシ (f)
てんとう虫を見ると縁起がよい、と言われます。てんとう虫はいろいろな国で「神様の使い」的な扱いを受けています。

高いところに上って、空に飛んでいくさまが、太陽に向かっていくようなので、日本では「天道虫」という名前がつきました。フランスでは、テントウムシが手にとまると、「何かいいことありそう」と笑顔になります。

pied gauche ピエ ゴーシュ 左足
左足のどこがラッキーなのか?

実はフランスでは左足で犬のフンを踏むとラッキーだ、という迷信があるのです。そこら中に犬のフンがある国ならではの迷信です。

pièce ピエス 硬貨、コイン (f)
噴水にコインを投げると願いが叶う、と考えて、噴水にお金を投げる人がたくさんいます。日本でもそうですね。

イタリアの噴水(トレビの泉)に投げることから始まったのでしょうか?

fontaine フォンテーヌ  噴水 (f)

épaule gauche エポール ゴーシュ 左肩 (f)
左肩がなぜラッキーなのか?

左肩ごしに、塩をふりまくと、厄払いできる、と言われるからです。

日本でもお清めの塩がありますね。お清めの塩は自分にむかって投げますが。

ちなみに、塩はフランス語で、sel セル です。le sel de la terre ル セル ドゥ ラ テール 地の塩。

pompon rouge ポンポン ルージュ 玉房、ポンポン (m)
水兵がかぶっている赤いベレーについているポンポンをさわると縁起がよいのです。さわるときは一言ことわってからやったほうがいいでしょう。

béret d’un marin ベレ ダン マラン 水兵のベレー帽 (m)
ベレー帽はパリの芸術家の象徴ですね。手塚治虫先生もかぶっておられました。芸術家のかぶるベレー帽には赤いボンボンはついていません。

étoile filante エトワール フィラント 流れ星 (f)
流れ星を見ると縁起がいいです。流れ星が落ちる前に願い事をすると願いが叶う、とも言われます。これはわりとどこでもそうですね。

尚、étoile filante はエトワールフィロントと書いたほうがフランス語に近いです。

発音はこちら。

星に関するかわいいフランス語を集めています。

toucher du bois トゥシェ ドゥ ボワ 木にさわる

木にさわりながら願いごとを言うと叶う、木にさわると縁起がいいという有名な迷信があります。英語圏の国でも、厄払いに木をコンコンと叩いたりしますね(knock on wood)。

こちらの動画によると、木をさわる起源はエジプト文明にあるそうです。

Le chiffre 7 ル シッフル セット 数字の7。ラッキーセブン

これは説明不用ですね。


使用上の注意など

迷信に関してはこんな記事も書いています。13という数字は、一般に縁起が悪いのですが、場合によっては縁起がよい時もあります。

幸せに関する単語を集めています。

★このシリーズを最初から読むときはこちらから⇒かわいい単語教えます~その1自然篇  使用上の注意も書いていますので、一読をおすすめします。

★このシリーズの目次はこちら⇒かわいいフランス語、教えます~目次

★電子書籍あります
電子書籍表紙

⇒「かわいいフランス語教えますVol.1」~電子書籍出版のお知らせ

今回は迷信の中でも、幸運をもたらすもの、ラッキーアイテムを紹介しました。迷信はたくさんあるので、このほかにも縁起のよいものはあると思います。一番有名なのが、4つ葉のクローバーですね。

ブログの名前やハンドルネーム、店の名前や作品の登場人物に使ってみてください。







関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね☆

◆お気に入り登録は Ctrl+D

◆ツイターで更新情報、フランス語の表現などつぶやいてます。
◆つぶやきのログはこちら ⇒pen(@mlle_pen) - Twilog
◆Feedlyでフィードをとって読むと何かと便利↓↓penも愛用中
follow us in feedly

更新情報をメールで配信中。

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

アーカイブ

このブログの中を検索

このブログの運営者

運営者こんにちは。フランス語愛好家のpenと申します。 フランス語を自宅で学習して正味3年8ヶ月です。おもにインターネットの講座とラジオ講座(ストリーミング放送)を利用してます。学習するにつれて自分の世界がどんどん広がってきました。
このブログには日々の学習や、フランス語について書いています。コツコツ謙虚に学んでいきたいです。もう少し詳しい自己紹介はこちら⇒penはこんな人
プライバシーポリシー・免責事項・著作権

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちらからどうぞ
封筒
⇒お問い合わせフォームへ

お気軽に^^