昭和のペンギンが、平成21年にフランス語開始。インターネットがあるから家でも勉強できるよ。あなたも一緒にどうですか?

menu

フランス語の扉を開こう~ペンギンと

「虎と小鳥のフランス日記」第26話 バルザックの家 その2

バルザックの家

第26話の三つのキーフレーズをご紹介します。きのうの「虎と小鳥のフランス日記」第26話 バルザックの家 その1 とあわせてお楽しみください。

きょうはいつもより遠出です。セーヌ川がきれいです。

虎と小鳥のフランス日記 第26話 セーヌ川

そして、Camilleはいつもよりおしゃれをしています。珍しく、白いコートです。スカーフの巻き方がフランスふう?

虎と小鳥のフランス日記 第26話 カミーユ

この日は素晴らしい秋晴れの日です。実は、前回の「虎と小鳥のフランス日記」第25話 レスト・シネで、てっきり冬だと思っていたのですが、まだ秋だったみたいです。

虎と小鳥のフランス日記 第26話 バルザックの家へ

バルザックの家は16区にパッシー地区にあります。

キーフレーズその1

虎と小鳥のフランス日記 第26話 パッシー地区

家は駅から近かったです。すぐに着きました。まず周囲の様子をカメラが映し出します。閑静な雰囲気です。

虎と小鳥のフランス日記 第26話 バルザックの家

キーフレーズその2

虎と小鳥のフランス日記 第26話 バルザックの家

書斎です。バルザックの使っていた机、愛用の時計や指輪、コーヒーポット、ロダンの作った彫像

虎と小鳥のフランス日記 第26話 バルザックの家

キーフレーズその3

虎と小鳥のフランス日記 第26話 バルザック

最後はバルザックの好きだった裏庭です。見晴らしのいい場所で、エッフェル塔が見えます。

虎と小鳥のフランス日記 第26話 バルザックの家

答え
1.Il s’agit aujourd’hui d’un quartier résidentiel très bourgeois.

2.C’est donc dans cette maison que Balzac vécut de 1840 à 1847.

3. «Travailler, c’est me lever tous les soirs à minuit, écrire jusqu’à huit heures,»

3番は、「働くこと、それは・・・・」と、まず文頭に説明したいことをもってきて、c’est … とその言葉の説明を続けています。

これは文頭遊離構文という難しげな名前がついていますが、決め台詞、ことわざなどによく出てくる形です。

〇〇、それは何々だ。のほかの例。
L’État, c’est moi. 朕は国家なり(ルイ14世の言葉)
Madame Bovary, c’est moi. マダム・ボヴァリーとは私だ。(ボヴァリー夫人の作者、フローベールの言葉)
Voir, c’est croire. 百聞は一見にしかず。

そして、かの有名なアラン・ドロンのダーバンのCMの台詞「ダーバン、セ、なんたらかんたら」も同じ構文です。

詳しくはこちら⇒現代の男のエレガンス(仏語初心者限定記事・・・だけど誰でも見られる)



  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね☆

◆お気に入り登録は Ctrl+D

◆ツイターで更新情報、フランス語の表現などつぶやいてます。
◆つぶやきのログはこちら ⇒pen(@mlle_pen) - Twilog
◆Feedlyでフィードをとって読むと何かと便利↓↓penも愛用中
follow us in feedly

逆アクセスランキング☆彡

毎月1日にリセットします
どなたもふるってご参加を!
2以上のアクセスから参加できます(^O^)/
アクセスランキング

アーカイブ

このブログの運営者

運営者こんにちは。フランス語愛好家のpenと申します。 フランス語を自宅で学習して正味3年8ヶ月です。おもにインターネットの講座とラジオ講座(ストリーミング放送)を利用してます。学習するにつれて自分の世界がどんどん広がってきました。
このブログには日々の学習や、フランス語について書いています。コツコツ謙虚に学んでいきたいです。もう少し詳しい自己紹介はこちら⇒penはこんな人
プライバシーポリシー・免責事項・著作権

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちらからどうぞ
封筒
⇒お問い合わせフォームへ

お気軽に^^