昭和のペンギンが、平成21年にフランス語開始。インターネットがあるから家でも勉強できるよ。あなたも一緒にどうですか?

menu

フランス語の扉を開こう~ペンギンと

メリークリスマス!~一番すばらしいクリスマスの贈り物は?

クリスマスツリー

きょうはクリスマスですね。

今年のクリスマス特集の最後はLe Journal des enfantsに12月24日にのった、読者へのクリスマスのメッセージを読んでみます。

とても短い記事です。

Joyeux Noël à tous !
みなさんへ、メリークリスマス

Pour Noël, les plus beaux cadeaux sont parfois les plus simples.

Le JDE vous présente ses meilleurs voeux.

クリスマスの最も素晴らしいプレゼントは、時には一番シンプルなものです。JDEは読者の皆さんに、そんな素晴らしい贈り物をします。

Comme tous les ans, on a tellement attendu ce moment ! Le Père Noël va bientôt passer et sûrement vous gâter.

Mais dites-vous que le plus beau cadeau que nous avons tous, c’est celui de vivre.

Parfois, c’est difficile (maladie, catastrophe, etc.).

Mais rappelez-vous surtout des meilleurs moments.

Croyez en ce que vous faites.

Ayez des rêves pour l’avenir. Restez optimistes !

一年中、私たちはこの時を心待ちにしていました。もうすぐサンタがやってきて、あなたにプレゼントをくれることでしょう。

でも、最も素敵なプレゼントは私たちは皆、もう持っていることをわかって下さい。それは生きていることです。

病気や災害にあって、時には、生きるのが難しい。でも、一番楽しかった時のことを思い出してください。自分の取り組んでいることを信じましょう。

将来への夢を持ってください。前向きでいましょう。

Sachez apprécier ce que la nature vous offre tous les jours.

Et enfin, n’oubliez pas qu’un sourire ou un regard sont à eux seuls aussi chauds qu’un rayon de soleil.

Ouvrez les yeux et apportez aux autres de la joie et du réconfort.

自然が毎日くれるものに感謝しましょう。そして、最後に、笑顔やまなざし、それだけでも、太陽の光のように暖かいものだということを忘れないで下さい。

注意して、他の人を喜ばせたり、励ましたりしましょう。

Joyeux Noël à tous !

みなさんへ、メリークリスマス!

★元記事 → www.jde.fr : Tous les articles : Joyeux Noël à tous !

単語メモ

gâter (贈り物などで)喜ばせる;もてなす

Elle a gâté son petit-fils pour Noël.
彼女は孫に立派なクリスマスプレゼントをした。

C’est trop, vous me gâtez !
こんなにいただいて恐縮です。

*gâterは「痛める、損なう、駄目にする」という、ほぼ逆の意味もあります。
Ce bâtiment gâte la vue.
この建物が景観を台なしにしている。

apporter qc (à qn) (~に)…を与える、差し出す

Ce travail m’a apporté beaucoup de satisfaction.
この仕事は私に大きな満足を与えてくれた。

ouvrir les yeux
目を開く、偏見から覚める、啓蒙する

文法ワンポイント vous に対する命令法

この文章にはたくさん命令法が出てきました。
vousに対する命令法なので、「~してください」と、相手にお願いしたり、うながす感じです。

命令法の作り方

vousの活用から主語を取ります。
Croyez < croire 信じる Ayez  < avoir 持つ Restez < rester とどまる Sachez < savoir 知る Ouvrez < ouvrir 開く apportez < apporter 差し出す

否定の命令法

主語をとりのぞき、neとpasではさむ。
n’oubliez pas < oublier 忘れる

動詞に代名詞の目的語(補語人称代名詞)がつくとき

代名詞の目的語はふつう動詞の前に来ますが、肯定文の命令法のときは、動詞のあとに置いて、あいだをトレデュニオン(-)で結びます。

dites-vous < dire 言う rappelez-vous < rappeler  思い出させる *否定命令文のときは、目的語は動詞の前です。 Ne me dérangez pas. 邪魔しないで下さい。

いかがでしたか?

欧米ではクリスマスはもらう日ではなく与える日です。

何も持っていなくても、せめてご機嫌でいて、ときどきにっこり微笑んでみましょう。

それでは、みなさま、Joyeux Noël !

★クリスマスの記事の目次はこちらから⇒クリスマス関連記事の目次

●トップページ⇒フランス語の扉を開こう~ペンギンと
●自己紹介⇒penはこんな人
●ご質問などはこちらから⇒お問い合わせフォーム


  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね☆

◆お気に入り登録は Ctrl+D

◆ツイターで更新情報、フランス語の表現などつぶやいてます。
◆つぶやきのログはこちら ⇒pen(@mlle_pen) - Twilog
◆Feedlyでフィードをとって読むと何かと便利↓↓penも愛用中
follow us in feedly

逆アクセスランキング☆彡

毎月1日にリセットします
どなたもふるってご参加を!
2以上のアクセスから参加できます(^O^)/
アクセスランキング

アーカイブ

このブログの運営者

運営者こんにちは。フランス語愛好家のpenと申します。 フランス語を自宅で学習して正味3年8ヶ月です。おもにインターネットの講座とラジオ講座(ストリーミング放送)を利用してます。学習するにつれて自分の世界がどんどん広がってきました。
このブログには日々の学習や、フランス語について書いています。コツコツ謙虚に学んでいきたいです。もう少し詳しい自己紹介はこちら⇒penはこんな人
プライバシーポリシー・免責事項・著作権

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちらからどうぞ
封筒
⇒お問い合わせフォームへ

お気軽に^^