昭和のペンギンが、平成21年にフランス語開始。インターネットがあるから家でも勉強できるよ。あなたも一緒にどうですか?

menu

フランス語の扉を開こう~ペンギンと

第33話 夕方のモントルグイユ通り「虎と小鳥のフランス日記」

メトロポリタン

毎週届く、フランス語の教材「虎と小鳥のフランス日記」。バックナンバーも週に1本のペースで見ています。

きょうは33話を見ました。2012年の1月に撮影されたものです。

この回は「夕方のモントルグイユ通り」というタイトルがついています。

夕方、商店街をぶらぶらする話です。寒いだろうに元気ですね。

この回は、4分ぐらいあります。街の様子がたっぷり写っています。

1.街の楽しげな雰囲気
2.カミーユのしゃれた会話
3.カミーユのチョコレート一気食べ
4.カフェの秘密

まず、教材の一部を抜粋したサンプルビデオをごらんください。
フランス語字幕 1分 

★2015/01/24追記
「虎と小鳥のフランス日記」の配信が終了したため、サンプル動画も削除されました。あしからずご了承ください。

地下鉄から出てきて、今、午後6時で仕事帰りの人がたくさんいる、と言っていますね。

サンプルビデオでしゃべってる部分の和訳、書いたほうがいいですかね? 希望があれば、コメントかお問い合わせでお願いします。

まずは、いつものように三つのキーフレーズをご紹介します。

シーン1
あるお店の前で、カミーユが私は赤が好きなの・・

赤い色を見るといつも足を止めてしまうわ。

虎と小鳥のフランス日記 33

この日も赤いコート着てますね。

このあと、rocher noir (ロシェ・ノワール)という大きなチョコレートを一つ買い、歩きながらほぼ一気食べします。

これ↓
虎と小鳥のフランス日記 33

で、アントワーヌが「もう食べたの?」と聞きましたら、一瞬でなくなった、と答え

シーン2
もし自分の声を聞くのなら、まだ三つか四つ食べるわ。でもここで自分の声を聞いてはいけないの。(自分を聞く=本心に従う)

虎と小鳥のフランス日記 33

しかし、ここでせっかくチョコレートをがまんしているのに、次に行ったモントルグイユ通りのカフェで、またフォンダンショコラを食べていました。本当にチョコレートが好きですね。カミーユは、これまでこの教材で三、四回、フォンダンショコラを食べています。

これ↓
虎と小鳥のフランス日記 33

シーン3
カフェのテラス席にて、1月なのに襟元のあいた服を着ているけど、平気なの、なぜだと思う、と言います。実は、ヒーターが天井についており、まわりをビニールでかこって暖かくしています。

こうして、人々は暖かくしながら、そこでタバコを吸えるようになったのです。

虎と小鳥のフランス日記 33

答え
1. Dès que je vois une couleur rouge, je m’arrête tout le temps.

2. Si je m’écoutais, j’en prendrais encore trois ou quatre. Mais y faut pas que je m’écoute.

3. …ça permet aux gens de fumer et d’être à l’extérieur tout en ayant chaud.

***************************************************

キーフレーズの中からさらに厳選!

【覚えておくと使えそうな表現と文法】

きょうは文法について書きますので、興味のない方は飛ばしてください。

● dès que

1.~するやいやな
2.~するといつも

ここでは2の意味です。辞書には1の意味しかのってないのですが、2の意味で使われることも多いそうです。

Dès que je vois une couleur rouge,
赤い色を見るといつも~

闘牛の牛の話にも使えそうです。

● Si je m’écoutais, j’en prendrais encore trois ou quatre.

これは「条件法」という現実ではないことを「もし~なら」と仮定していう言い方です。

écoutais < écouter prendrais < prendre 「Si+半過去、条件法現在」という形です。 ● tout en ayant chaud これはジェロンディフという形です。 (tout) en + 過去分詞 ~しながら ayant は avoirの過去分詞 chaudは「暖かい」なので、 「暖かい状態であるのと同時に」という意味になります。 tout は強調です。 ***************************************************

★きょうの豆知識★

フランスの地図

地図はBayonne – Wikipedia, the free encyclopediaでお借りしました。

バイヨン(Bayonne):フランスのチョコレートの街

カミーユがチョコレートを買った店は « L’Atelier du Chocolat »と いういわゆるグルメチョコを売っている店です。アルチザンタイプの高級なチョコレートです。

L'ATELIER DU CHOCOLAT BAYONNE - 無料写真検索fotoq
photo by Leo Reynolds

袋にバイヨンと書いてあるのですが、これはフランスの南西のスペインの国境のそばの街です。

ヨーロッパで最初にチョコレートを見つけたのはスペインです。コルテスという探検家がアステカ帝国(16世紀はじめのメキシコの文明)を侵略したとき、チョコレート飲料を見つけて、カカオと一緒にスペインに持込みます。

このときのチョコレートの飲み物は苦いどろどろしたものだったので、スペイン人が砂糖やシナモンを入れて甘い飲み物にしました。

スペインはチョコレートの存在を一世紀ぐらい隠していたのですが、17世紀になって、ルイ13世のお嫁さんになったスペインの王女のアンヌ・ドーリッシュと、ルイ14世のお嫁さんになった王女マリア・テレサがフランスにチョコレートを伝えたと言われています。

そんなわけで、チョコレートはスペインから入ってきたので、バイヨンというスペインに近い街が、玄関口となりました。

以来この街ではチョコレート産業がさかんです。チョコレートの博物館もあります。

多くのアルチザンタイプのチョコレートを作るお店に Bayonne という文字が見られます。

これはL’Atelier du Chocolatの商品。
ロシェ・ノワールは写ってませんが、手前のロシェ・ブロン(白い岩)をダークチョコにしたものです。
yes, these photos look very similar - 無料写真検索fotoq
photo by roboppy

私はあんまりチョコレートは好きではないのですが、家にあれば食べます。

ホワイト・チョコレートっておいしいですよね。
あと、ラムレーズンの入ったチョコ、ナッツの入ったもの、オレンジにかかっているものなどが好きです。



  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね☆

◆お気に入り登録は Ctrl+D

◆ツイターで更新情報、フランス語の表現などつぶやいてます。
◆つぶやきのログはこちら ⇒pen(@mlle_pen) - Twilog
◆Feedlyでフィードをとって読むと何かと便利↓↓penも愛用中
follow us in feedly

逆アクセスランキング☆彡

毎月1日にリセットします
どなたもふるってご参加を!
2以上のアクセスから参加できます(^O^)/
アクセスランキング

アーカイブ

このブログの運営者

運営者こんにちは。フランス語愛好家のpenと申します。 フランス語を自宅で学習して正味3年8ヶ月です。おもにインターネットの講座とラジオ講座(ストリーミング放送)を利用してます。学習するにつれて自分の世界がどんどん広がってきました。
このブログには日々の学習や、フランス語について書いています。コツコツ謙虚に学んでいきたいです。もう少し詳しい自己紹介はこちら⇒penはこんな人
プライバシーポリシー・免責事項・著作権

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちらからどうぞ
封筒
⇒お問い合わせフォームへ

お気軽に^^