昭和のペンギンが、平成21年にフランス語開始。インターネットがあるから家でも勉強できるよ。あなたも一緒にどうですか?

menu

フランス語の扉を開こう~ペンギンと

歌と訳詞:すずらんの咲く頃・ダニエル・ダリュー

スズラン

5月に入りましたね。今年も1/4終わりました。

フランスでは5月1日はすずらんの日( La Fête du Muguet)です。

この日、愛する人や友だち、日頃お世話になっている人にスズランの花束を送る習慣があります。

春の訪れを喜び、お互いの幸運を祈ります。

スズランはとても香りのいい花ですね。

私も、このブログを読んでくださっている皆さまにスズランを贈りたいと思います。

スズランの日

きょうはスズランにちなんで、”Le Temps du Muguet”という古いシャンソンをご紹介します。

この曲は、もともとは「モスクワの夜」というロシアの歌です。それにフランシス・ルマルク Francis Lemarque という歌手がフランス語の歌詞をつけて59年に発表しました。

フランシス・ルマルクの歌はこちらでご紹介しています。
きょうの単語:muguet

きょうはダニエル・ダリュー(Danielle Darrieux)のバージョンを紹介します。
2分19秒

歌詞はこちらを参照願います⇒Le temps du muguet

歌詞を和訳してみます。
最初の節だけオリジナルを引用しますね。

Le temps du muguet
すずらんの咲く頃

Il est revenu le temps du muguet
Comme un vieil ami retrouvé
Il est revenu flâner le long des quais
Jusqu’au banc où je t’attendais
Et j’ai vu refleurir
L’éclat de ton sourire
Aujourd’hui plus beau que jamais

すずらんの季節が巡ってきたわ
再会した古い友だちのように
桟橋沿いをぶらぶらするために戻ってきたの
私があなたを待っていた土手まで
そして、あなたの微笑みが
花咲くのを見たの
これまでにないほど晴れたこの日に

すずらんの季節は決して長くは続かない
5月ほどはね
花束がすべてしおれてしまっても
私たち二人は何も変わらないわ
前と同じように美しく
私たちの愛の歌は
初めての日のように響きわたる

すずらんの季節は行ってしまった
疲れきった古い友だちのように
一年のあいだ、ずっと忘れていられるように
去っていくとき、私たちに残してくれた
春の気分を少しだけ
二十歳の心をすこしだけ
ずっと愛しあっていられるように

☆単語メモ
revenir+inf.~しに戻ってくる
le long de ~に沿って

***************************************************

ダニエル・ダリューは1917年5月1日生まれ。
つまりきょうが96歳(!)のお誕生日なのです。

彼女はフランス、ボルドー生まれ。
1931年14歳のとき、映画デビューしました。それ以後ずっと現役です。
口が小さくて、古典的な美人です。小柄ですが、けっこうグラマーです。

国際的なスターになったのは、1936年の「うたかたの恋」

うたかたの恋(Mayerling)のワンシーン、当時19歳ぐらい。
2分

この映画はマイヤーリング事件と呼ばれる、1989年に、当時のオーストリア=ハンガリー帝国の皇太子ルドルフと男爵令嬢マリー・ヴェッツェラがマイヤーリングという場所で心中した事件をもとに書かれた小説の映画化です。

でもこの事件は暗殺説もあり、いまだに謎です。1世紀以上前のことですから、真相が明らかになるのはないでしょうね。

こんな本も出ています。
「うたかたの恋」の真実―ハプスブルク皇太子心中事件
★レビューはおおむね好評です⇒「うたかたの恋」の真実―ハプスブルク皇太子心中事件

この話は皇室もので、華やかに演出できるせいか、ほかにも映画やテレビドラマ化されています。

1951年の映画の中のダリュー
Rich, Young and Prettyというアメリカのミュージカルより
ダニエル・ダリュー

この写真はWikimedia commonsでパブリックドメインだったので借りて来ました。

ダニエル・ダリューは歌手でもあります。

こちらで「ロシュフォールの恋人たち」でイヴォンヌ(ダリュー)が歌っている歌を紹介しています。
⇒ 双子姉妹のママをご紹介します。

最近では、2002年に「8人の女」に出演していますね。この映画はこちらでご紹介しています。
数字: 8

それでは、みなさまも素敵なすずらんの季節を!



    • アン
    • 2013年 5月 02日

    ナントにいた時、この日に、同じ寮に住む学生からスズランをもらいました。
    こんな習慣があることすら知らず、それほど親しい人でもなかったので、なんで?なんでくれるの?と、ただただ困惑しました・・・
    外国人だから、くれたのかもしれませんね。イイ人やったんや。

      • フランス語愛好家
      • 2013年 5月 02日

      アンさん、こんにちは。
      コメントありがとうございます。
      スズラン、もらったことがあるんですね。
      バレンタインの友チョコみたいな感じだったのでしょうか?
      美しき青春の1ページですね。

    • 樋沼達雄
    • 2013年 5月 02日

    ウインに行ったとき、郊外のマイヤリングを見に行きました。いまでも建物はそのまま残っていました。
    その後ある記事を読んでいたら、男爵令嬢の墓から頭蓋骨を発掘したところ、ルドフルが射ったと伝えられるピストルの弾の跡はなく、
    シャベルのようなもので頭部が打撲されそこが陥没していたと報じていました。 暗殺説の根拠ですね。記事はだれがやったかは書いていませんでした。
    ダニエルダリューのあと、カトリンヌ・ドヌーブが主演した同じタイトルの映画も見ましたが、我々にはダニエルダリューでなければ駄目です。
    何回も映画館でみていますし、ビデオも借りて見ました。 まさに絶世の美女です。懐かしい彼女歌声を聞かせて頂いてありがとうございました。

      • フランス語愛好家
      • 2013年 5月 03日

      樋沼さん、こんにちは。
      いつもコメントありがとうございます。
      マイヤリングの現場に行かれたことがあるのですね。
      暗殺説はけっこう根強いようですが、もう誰にもわからないでしょうね。

      ド・ヌーヴもとてもきれいな女優さんですが、ダリューの
      はかなげな様子は彼女にはないかもしれません。
      私もダニエル・ダリューは大好きです。

  1. うたかたの恋、好きです。
    斜陽のパプスブルグを象徴するような事件の一つと言われていますよね。
    ウィーンはまだ行ったことがないので、一度は行きたいです。
    ダリューの「守ってあげたい」的な美しさが魅力ですね。

    すずらん。
    この帯を探しているのですが、思った一本に会えず、今年も見送りです。
    自分のイメージ通りって、難しいです。
    なんでも。

      • フランス語愛好家
      • 2013年 5月 03日

      ママリーヌ空さん、こんにちは。
      こちらにもコメントありがとうございます。
      ダニエル・ダリューって実際はすごく強い人だと思うし、
      どんな役どころでもやってしまう方ですが、
      若いころは愛らしいですね。

      すずらんの帯、2本検索で探してみました。
      どちらも地味ですね・・・
      ママリーヌさん、帯はけっこう派手なのが多くないですか?
      http://www5e.biglobe.ne.jp/~shikama/gal/img_gal_obi10.htm
      http://item.rakuten.co.jp/kimonohiroba/nn0021/

      私はミュゲのオーデコロンが好きでした。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね☆

◆お気に入り登録は Ctrl+D

◆ツイターで更新情報、フランス語の表現などつぶやいてます。
◆つぶやきのログはこちら ⇒pen(@mlle_pen) - Twilog
◆Feedlyでフィードをとって読むと何かと便利↓↓penも愛用中
follow us in feedly

逆アクセスランキング☆彡

毎月1日にリセットします
どなたもふるってご参加を!
2以上のアクセスから参加できます(^O^)/
アクセスランキング

アーカイブ

このブログの運営者

運営者こんにちは。フランス語愛好家のpenと申します。 フランス語を自宅で学習して正味3年8ヶ月です。おもにインターネットの講座とラジオ講座(ストリーミング放送)を利用してます。学習するにつれて自分の世界がどんどん広がってきました。
このブログには日々の学習や、フランス語について書いています。コツコツ謙虚に学んでいきたいです。もう少し詳しい自己紹介はこちら⇒penはこんな人
プライバシーポリシー・免責事項・著作権

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちらからどうぞ
封筒
⇒お問い合わせフォームへ

お気軽に^^