昭和のペンギンが、平成21年にフランス語開始。インターネットがあるから家でも勉強できるよ。あなたも一緒にどうですか?

menu

フランス語の扉を開こう~ペンギンと

星の王女さま
Voulez-Vous (Dig)
(アマゾンの画像です)

ストリーミングで聞いてる「まいにちフランス語」の受講ノートです。

きょうは第40課。動詞vouloirを学びました。vouloirは「まいにちフランス語」17:L39~動詞 pouvoirとsavoir でチェックしたpouvoirと活用がそっくりだし、あとに不定法が続く用法があるのも似ています。

兄弟と言えるかも?

それでは、早速、復習に入りましょう。

L40~ vouloir

1.現在形の活用

vouloir

je veux
tu veux
il veut
nous voulons
vous voulez
ils veulent

語幹(活用語尾じゃない部分)はveu, voul, veulの3つ。頻度として少ないnous,vousが主語のときだけ、voulと不定法のつづりを保持した語幹(覚えにくいときは、pouvoirと同じように、主語のnous,vousと同じouが入ってると覚えるといいでしょう)

活用語尾は
単数側はx-x-t, これはよく出てくるs-s-tのバリエーション。Xが出てくるのはあとはpouvoirだけです。見た目がインパクトあるのですぐに覚えられますね。

複数側はons-ez-entといつもの形。

※発音確認用 40秒

・YouTubeで見たい人はこちらから⇒vouloirの活用(直接法現在形)

現在形のほかに Je voudrais(~をしていただけますか)というときに使うvoudraisも出て来ましたね。これは条件法で、くわしくは後ほど、学ぶそうです。

2.vouloir の二つの用法

・ vouloir + (ほかの)動詞の不定法

Il veut manger du chocolat. 彼はチョコレートが食べたい。

・ vouloir + 名詞

Je veux du chocolat.私はチョコレートが欲しい。

講座の基本ダイヤローグ

La tour de Tokyo:Je ne veux plus habiter à Tokyo.
La tour d’Eiffel :Et moi, je voudrais tant y habiter !

東京タワー:もう東京に住みたくない。
エッフェル塔:私は、すごくそこに住んでみたいわ!

東京タワーは東京スカイツリーができたからひがんでいるとか。それから、tourは女性名詞なので、両方とも女性の声にしたんだそうです。

久松先生、なかなか芸が細かいですね。

ちなみに、男性名詞のtourもあります。その場合は「一周、一回り、回転」という意味。たとえば、先日終わりましたが自転車競技のツール・ド・フランスは« le Tour de France » です。

辞書を見ると、二つの単語は別の単語扱いなので、語源が違うのでしょうね。回転のほうの tour は英語の turn, 塔のtourは英語のtowerです。

基本のダイヤローグといっても、否定文で、ちょっとひねりが聞いてます。

*tant すごく、とても(動詞を修飾します。形容詞、名詞の強めはsiを使用)

3.場所を表す代名詞のy

yだけで一つの単語です。始めたばかりだと、見た目は印刷の汚れに見えないこともない(そんなことはないか)存在感の薄さですが、かなり重要な代名詞。

y は中性代名詞と呼ばれることがありますが、それはいついかなるときもyで受けている名詞の性別や数の影響を受けないからです。

そういう面では学習者フレンドリーですね。

そして「どこどこに」と場所を示す副詞のように使われることもあるので、副詞的代名詞とも呼ばれます。いつも書いてる清岡先生のフラ語入門、わかりやすいにもホドがある!(CD付・改訂版)
では「特殊な代名詞」としています。

性数一致しないことが特殊なんですね。

詳しくは8月に学ぶそうですが、例文を一つだけ書いておきます。

Allez-y ! さあ、どうぞ、さあ、ご遠慮なく。お先にどうぞ。

これは決まり文句です。allez はallerのvousに対する命令法なので「その場所へ行ってください」⇒「さあ、どうぞ。」

***************************************************

アバの歌に『ヴーレ・ヴー』というのがありますが、これはフランス語で«Voulez-vous» vouloir の vous に対する命令法です。

この曲です。

※YouTubeで直接見る方はこちらアバのヴーレ・ヴー

英語の歌ですが、サビの部分にちらっとフランス語が出てきますので、そこだけご紹介します。

Voulez-vous
Take it now or leave it
Now is all we get
Nothing promised, no regrets
Voulez-vous
Ain’t no big decision
You know what to do
La question c’est voulez-vous

〈だいたいの訳〉
やるの、やらないの?
今しかないのよ。
先のことなんてわからない。後悔なんてない。
どっちなの?
悩むようなことじゃないでしょ。
自分のやりたいことはわかってるはず。
問題は、やるのか、やらないのか、ってことよ。

これは恋愛におけるステップを歌っていますが、ほかのことにも言えますね。

人は自分のやりたいことが分かっていても、なかなか最初の一歩が踏み出せないものです。でも、ほしいものを手にしたかったら、踏み出すしかありません。

それでは、次回のラジオ講座の受講メモをお楽しみに。

■ほかの記事はこちらから⇒ラジオ講座「まいにちフランス語」関連記事目次



  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね☆

◆お気に入り登録は Ctrl+D

◆ツイターで更新情報、フランス語の表現などつぶやいてます。
◆つぶやきのログはこちら ⇒pen(@mlle_pen) - Twilog
◆Feedlyでフィードをとって読むと何かと便利↓↓penも愛用中
follow us in feedly

逆アクセスランキング☆彡

毎月1日にリセットします
どなたもふるってご参加を!
2以上のアクセスから参加できます(^O^)/
アクセスランキング

アーカイブ

このブログの運営者

運営者こんにちは。フランス語愛好家のpenと申します。 フランス語を自宅で学習して正味3年8ヶ月です。おもにインターネットの講座とラジオ講座(ストリーミング放送)を利用してます。学習するにつれて自分の世界がどんどん広がってきました。
このブログには日々の学習や、フランス語について書いています。コツコツ謙虚に学んでいきたいです。もう少し詳しい自己紹介はこちら⇒penはこんな人
プライバシーポリシー・免責事項・著作権

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちらからどうぞ
封筒
⇒お問い合わせフォームへ

お気軽に^^