昭和のペンギンが、平成21年にフランス語開始。インターネットがあるから家でも勉強できるよ。あなたも一緒にどうですか?

menu

フランス語の扉を開こう~ペンギンと

「まいにちフランス語」11:初級編L31-33~動詞venir

勉強するpen
ピンクマフラー pen

※ピンクマフラーpenはMASAUSAさまに描いていただきました※

4月1日から始まった春季のラジオ講座の受講メモを書いています。

11回目のきょうは第11週(L31-L33)の感想です。

ちなみに、私はストリーミング(⇒NHK語学番組 | まいにちフランス語 My語学というところに無料登録してログインをします)で聞いています。

そろそろ全体の半分にさしかかってくる頃かと思いますが、みなさん、まだ挫折していませんよね? 

今週は動詞«venir»と疑問詞«qui»でした。venirは第9週目に勉強した«aller»の反対語です。

L.29 動詞 venir

ポイントはvenirの活用です。ちょっと変わった活用です。というのも、この動詞もaller、faire、avoir、être同様、よく使うからです。

je viens
tu viens
il vient
nous venonz
vous venez
ils viennent

単数側はヴィヤン、ヴィヤン、ヴィヤン
語尾のスペルはS-S-Tのパターン
複数側はヴネ、ヴネ、ヴィエンヌ。3人称だけNが二つ並ぶダブルNです。語尾のスペルは ONS-EZ-ENTのいつものパターンです。

参考:venir 現在形の活用42秒

私は、初めのうち、この活用になかなか慣れなかったので「venirの活用は不規則でイヤ~ン」と覚えたら、その時から、ヴィヤン、ヴィヤン、ヴィヤンと頭の中でひびくようになりました。

ちなみに、tenir(つかむ)という動詞も全く同じパターンで活用します(VをTに変えればOK).

29課はこの活用だけ勉強すればよいと思いますが、ついでに「~出身です」というのも出て来ました。«venir+de+場所»という形です。

penは名古屋出身です。
Pen vient de Nagoya.

都市名には冠詞がつかないので、deにいきなりくっつければいいのですが、国には冠詞がつきます。しかし、なぜか女性名詞の国は冠詞を省略します。

Pen vient du Japon. penは日本出身です。du=de+le 前置詞のdeに定冠詞leがくっついて縮約。

Nathalie vient de France. ナタリーはフランス出身です。前置詞のdeだけで、定冠詞laは省略。Franceは女性名詞です。

参考:冠詞の縮約について⇒「まいにちフランス語」5:初級編L13-15~動詞être | フランス語の扉を開こうのL.15にやや詳し目に書いています。

L.30 動詞venirの二つの用法

1.venir + 動詞の不定法 ~しに来る
2.venir + de + 動詞の不定法 ~したところだ(近接過去)

deが入るとほぼ反対の意味になるのですが、2.の場合は「その動詞のところから出てきた感じ」と覚えればいいです。「~出身です」というときのdeと似ていて、このdeを起点と考えれば「その動作から出てきた⇒その動作を終えたばかり」というニュアンスをつかめます。

テキストの例文)
Je viens juste de recevoir des fromages français.
ちょうど、フランスのチーズをもらったところなの。

これは «aller + 動詞の不定法» (これから)~する、~するつもりだ(近接未来)の反対です。

参考⇒「まいにちフランス語」9:初級編L25-27~動詞aller

1の用法のテキストの例文。
Tu viens dîner chez moi demain ?
明日、うちに来ない?

L.31 疑問代名詞 qui

水曜日はquiという単語を勉強しながら、ついでにvenirの復習をする回でした。確かに「誰が来るん?」「誰が来たんや?」とquiはvenirといっしょに出現することが多いです。

quiの三つの意味・・「誰」という意味は同じですが、文の要素(っていうの?主語とかそういうの)が違います。
1.誰が(これは主語)
2.誰を(目的語)
3.誰 (属詞)

・・・「誰?」は疑問の形ですので、みんな疑問文です。

以下例文)
1.Qui chante là bas ?
誰があそこで歌っているの?(うるさいんですけど・・)

主語なので、Qui に動詞を続ければよいです。

また、もう一つの言い方に、

Qui est-ce qui chante là bas ? というのがあります。

qui est-ce qui = qui 「誰が」と覚えればOK

ほかの例)
電話での決まり文句
Qui est-ce qui parle ? どちらさまですか?←誰がしゃべっていますか?

このキエスキパールをまる覚えすれば、qui est-ce quiとqui est-ce que を混乱することがないと思います(たぶん)。

2.Qui cherches-tu ? 誰を探しているの? (主語と動詞の倒置の疑問文)

Qui est-ce que tu cherches ? (est-ce queという疑問文にするマークをつけた疑問文。主語と動詞の倒置なし)

3.Qui est-ce ? どなたですか?(ドアごしの応答)=Qui est là ? 

***************************************************

今週の内容も、深く考えると難しいのですが、ああ、そういうふうに言うんだ、とさらっと素直に受け止めておくのが悩まないコツです。

チーズ

さて火曜日の「教えてマダム」で、チーズの話が出て来ました。チーズは日本の漬物みたいなもので、フランス人の食卓には欠かせないとのこと。

なるほど・・そういえば少し色も似ているかも?

確かに、やや古めのフランス映画を見ていると、よくテーブルの上にチーズがでんとのっていて、少しずつ切りながら食べています。

チーズが、メインの食事とデザートの橋渡しをするというのは初めて聞いたのですが、これもおもしろいですね。

橋渡しなんて必要ないと思いますが、甘いデザートが苦手な人もいるだろうし、そういう人はチーズでとどめておけばいいですね。

最後にラ・フォンテーヌの寓話から生まれた名言«Cette leçon vaut bien un fromage.»「この教訓はひとかけらのチーズにじゅうぶん値しますよ」が紹介されました。

これはカラスとキツネのお話です。これについては、近々べつの記事で書いてみます。

…やれやれ、今週も盛りだくさんでしたね。

☆ラジオ講座の記事をもっと読む方はこちら⇒ラジオ講座「まいにちフランス語」関連記事の目次~その2(1課~47課)



  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね☆

◆お気に入り登録は Ctrl+D

◆ツイターで更新情報、フランス語の表現などつぶやいてます。
◆つぶやきのログはこちら ⇒pen(@mlle_pen) - Twilog
◆Feedlyでフィードをとって読むと何かと便利↓↓penも愛用中
follow us in feedly

逆アクセスランキング☆彡

毎月1日にリセットします
どなたもふるってご参加を!
2以上のアクセスから参加できます(^O^)/
アクセスランキング

アーカイブ

このブログの運営者

運営者こんにちは。フランス語愛好家のpenと申します。 フランス語を自宅で学習して正味3年8ヶ月です。おもにインターネットの講座とラジオ講座(ストリーミング放送)を利用してます。学習するにつれて自分の世界がどんどん広がってきました。
このブログには日々の学習や、フランス語について書いています。コツコツ謙虚に学んでいきたいです。もう少し詳しい自己紹介はこちら⇒penはこんな人
プライバシーポリシー・免責事項・著作権

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちらからどうぞ
封筒
⇒お問い合わせフォームへ

お気軽に^^