昭和のペンギンが、平成21年にフランス語開始。インターネットがあるから家でも勉強できるよ。あなたも一緒にどうですか?

menu

フランス語の扉を開こう~ペンギンと

パリのオペラ地区の日本人街「虎と小鳥のフランス日記」第34話

カミーユ

毎週届く、フランス語の教材「虎と小鳥のフランス日記」。
バックナンバーも週に1本のペースで見ています。

きょうは34話を見ました。

2012年の1月頃に撮影されたものです。

この回は「パリのオペラ地区の日本人街」というタイトルがついています。

夕方、パリのオペラ駅のあたりををぶらぶらする話です。

前回のモントルグイユ通りがオペラ地区になった感じです。

ここに日本人の小宇宙があります。この地区のモノプリ(フランスのスーパー)に行くと、「こんばんは!」と挨拶されるそうです。

オペラ地区は日本人留学生の駆け込み寺ともいえましょう。

カミーユはモントルグイユではチョコレートを買っていました。今回は日本の食品を売っている店で、またしても甘い物を買っておりました。

それは何でしょうか?

まず、教材の一部を抜粋したサンプルビデオをごらんください。
日本語語字幕 最初の1分16秒 

★2015/01/24追記
「虎と小鳥のフランス日記」の配信が終了したため、サンプル動画も削除されました。あしからずご了承ください。

楽しそうですね。

まずは、いつものように三つのキーフレーズをご紹介します。

シーン1
この部分はサンプルビデオに入っています。

じゃあ、代わりにオペラ地区の日本人街に行くことにしない?どう?

虎と小鳥のフランス日記 オペラ地区

シーン2
ここはサンプルビデオの一番おしまいの文です。

お腹すいてるし、ついでに何か見に行きたいわね。

虎と小鳥のフランス日記 オペラ地区

シーン3
日本の食品を売っている店で買い物をして、そのへんをぶらぶらしつつ今回の動画の最後にカミーユが話します。

パリに日本食レストランはすごく多いけれど、日本食レストランに入ったと思っても、必ずしも日本的ではない、と言ってから

「日本的」かどうか見極めるのは、いつも簡単というわけではありません。

虎と小鳥のフランス日記 オペラ地区

答え
1. Bon, à la place, je te propose qu’on aille…dans le quartier japonais. Ça te dit ?

2. D’ailleurs, comme j’ai faim euh…j’aimerais bien jeter un petit œil.

3. Et c’est pas toujours facile de savoir si c’est japonais ou pas.

キーフレーズの中からさらに厳選!

【覚えておくと使えそうな表現と文法】

きょうは短かめの表現を三つえらびました。

● Ça te dit ? どう思う?

相手の意見を聞くとき。これはまるごと覚えるといい表現です。

● J’aimerais bien jeter un petit œuil.

ちょっと見に行きたいです。

œil は「目」です。

ちらっと目を投げかけたい⇒ちょっと見に行きたい

お店を見に行ったり、ちょっと何かを見に行きたいときに使えます。

●d’ailleurs ついでに

今話してることや、やっていることから、少し脇にそれる感じ

おまけに、とか、ちなみに、とか、そういえば、とか、訳語はいろいろ考えられます。

***************************************************

★きょうの豆知識★
オペラ座(L’Opéra)

オペラ座

オペラ地区は地下鉄オペラ駅のそばです。なぜオペラ駅かというと、サンプルビデオの最初に出て来ましたが、オペラ座(L’Opéra)(正式な名前はパレ・ガルニエ Palais Garnier)という歌劇場があるからです。

「宝塚市」のような感じですかね。でも宝塚は先に「宝塚」という地名ができたのでちょっと違いますね。

オペラ座の説明をしているビデオがありました。
1分40秒
見るからに豪華な建物です。

両脇で色がパタパタ変わるのが目にうるさいです・・・。

この建物はシャルル・ガルニエという人が作ったので、ガルニエという名前です。

建物ができあがったのが1875年。ネオ・バロック様式です。といっても何がどうするとネオ・バロックなのかは知りません。

『オペラ座の怪人』の舞台はこの劇場です。

***************************************************

オペラ地区の日本の食品の店 小スーパーと呼べるでしょうか。
虎と小鳥のフランス日記 オペラ地区

ここでカミーユが買ったのは大福でした。

パリの大福

カミーユってあんこが入ったものも大好きらしく、前にブラジルの日本人街でも大福を食べていました。

私も好きですけど。

これが2ユーロ(厳密に言うと2,30ユーロ)もしてました。高いですね。やはり海外で日本の食品を買うとめっちゃ割高です。

オペラ地区にはブック・オフまであり驚きました。
日本人、多いんだな~とあらためて思いました。



  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね☆

◆お気に入り登録は Ctrl+D

◆ツイターで更新情報、フランス語の表現などつぶやいてます。
◆つぶやきのログはこちら ⇒pen(@mlle_pen) - Twilog
◆Feedlyでフィードをとって読むと何かと便利↓↓penも愛用中
follow us in feedly

逆アクセスランキング☆彡

毎月1日にリセットします
どなたもふるってご参加を!
2以上のアクセスから参加できます(^O^)/
アクセスランキング

アーカイブ

このブログの運営者

運営者こんにちは。フランス語愛好家のpenと申します。 フランス語を自宅で学習して正味3年8ヶ月です。おもにインターネットの講座とラジオ講座(ストリーミング放送)を利用してます。学習するにつれて自分の世界がどんどん広がってきました。
このブログには日々の学習や、フランス語について書いています。コツコツ謙虚に学んでいきたいです。もう少し詳しい自己紹介はこちら⇒penはこんな人
プライバシーポリシー・免責事項・著作権

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちらからどうぞ
封筒
⇒お問い合わせフォームへ

お気軽に^^