昭和のペンギンが、平成21年にフランス語開始。インターネットがあるから家でも勉強できるよ。あなたも一緒にどうですか?

menu

フランス語の扉を開こう~ペンギンと

リチャード・ギアと後藤久美子の「オランジーナ」のCM

オレンジジュース

「フランスの国民的炭酸」オランジーナの日本の発売元であるサントリーのCMで勉強しました。

オランジーナ 420ml24本入×2箱/合計48本 サントリー フランス

(アマゾンの画像です)

このCMはシリーズになっていて、リチャード・ギア(1949年生まれ)が主演しています。「男はつらいよ」という映画のパロディで「ムッシュはつらいよ」。 彼はフランス近辺を茶色いスーツケースを持って放浪しているらしいことがわかっています。

そして行く先ざきでオランジーナを飲むのです。オランジーナというのはオレンジ炭酸飲料です。オレンジ、レモン、みかん、グレープフルーツの果汁入り。

オランジーナの歴史

この飲料は、1930年代に、トリゴ博士という化学者が開発して、マルセイユのトレードショーで発表しました。

博士はヴァレンシアの人です。ヴァレンシアオレンジがそのへんにごろごろしていたので、ジュースにすることを思いついたのかもしれません。

アルジェリア系フランス人のレオン・ベトンという人が、このジュースの作り方っていうんでしょうか、そういうのを買って、アルジェリアで販売開始、その後フランスでも発売されます。現在はヨーロッパや北米でひろく飲まれています。

1950年代のオランジーナのポスター(アマゾンの画像です)
ポスター Bernard Villemot: Orangina
Bernard Villemot(ベルナール・ヴィレモ)の作品

ちなみに、スペインでは彼の名前をとってTriNaというジュースになっています。

2009年にサントリーがオランジーナブランドを購入し、ほとんどの国でサントリーが販売していますが、北米はドクターペッパーの会社が販売権を持っています。

私自身は、100%果汁のジュースは飲みますが、この手の清涼飲料水は飲まないので、実は飲んだことありません。

TORAさんシリーズの「別れのとき篇」

※YouTubeで見る方はこちらから⇒CM SUNTORY オランジーナ「別れのとき」リチャード・ギア 後藤久美子

Tora, ne partez pas !
トラ、行かないでください!

Toraはギアの演じてるムッシュの名前

ne partez pas !
partir(行く、出発する)の vous (あなた)に対する命令法。
否定文なので、動詞をneとpasで はさんでいます。

tuに対する命令法じゃないので、ちょっと距離がある感じですね。
恋人どうしだったら、Ne pars pas になると思います。
お互い好意をいだいてはいるものの、まだそこまで親しくはないってことなんでしょうね。

***************************************************

マドンナ役は後藤久美子(1975年生まれ)。相変わらずスレンダーですね。リチャード・ギアと一緒だからやけに小さく見えるけど、身長は161センチ。

昔「国民的美少女」と呼ばれた人です。90年代なかばにフランスのF1レーサーのアレジと結婚(事実婚だそうです)し、現在はスイスのジュネーブに住んでいますので、ふだんはフランス語をしゃべってると思います。

後藤久美子自身も昔「男はつらいよ」に何本か出演していますね。

これは14歳ぐらいのとき。写真、不鮮明すぎてすみません・・・
男はつらいよ ぼくの伯父さん〈シリーズ第42作〉 [DVD]
(アマゾンの画像です)

この映画を撮影した7年後の21歳のときアレジと結婚。21歳ってすごく若いんですが、きっと芸能界は竜宮城のように時が早く流れるのでしょう。

以来、基本は子育てや主婦業をしながら、たまにグラビアやCMの仕事をしているようです。

***************************************************

最後にフランスのオランジーナのCMを3本ご紹介します。フランスではいろんな味のバリエーションがあり、それにあわせてさまざまなCMがあります。

最近は動物を使った、鳥獣戯画絵巻シリーズをやっているようです。

動物といっても、2本足で立っており、その行動は半分以上人間です。世に出ているCMのパロディになっているものも多く、なかなか興味深いです。

●ピューマ

なるほど、こういう使い方もありでしょうか。

●プードル。

プードルのヘアスタイル(?)をこういうふうに利用するアイデア、秀逸ですね。

●こちらは日本のCMのパロディ(笑

サムライ、ゲイシャ、わかりやすいです。

ほかにもセクシーなパンダとか、ロッカールームで脇の下にオランジーナをふりかけるバスケットボール選手のクマなど、たくさんの動物が登場しています。

YouTubeのコメント見てると、アメリカ人らしい人が「フランスだから、しかたないか」とか「このセンス、わからん・・」などという声もちらほら。

アメリカ人の反応がそうなのだから、日本人には受け入れ難いテイストのものが多いかもしれません。でも美術など、こっているし、動物が熱演に心を奪われます。

ここからまとめて見られますので興味のある方はどうぞ。Orangina France – Videos – Google+



    • アン
    • 2013年 6月 07日

    フランスで飲んだ時は美味しいと思わなかったけど、日本で売ってるのはおいしいよ。なんででしょう?
    パリのカフェで頼んだら、ギャルソンが目の前で、ビンを股にはさんで栓を抜きました。セクハラちゃうのん?
    私も、100%でないジュースはあまり飲みません。

      • フランス語愛好家
      • 2013年 6月 08日

      アンさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
      日本のオランジーナはフランスのとは配合が少し違うそうです。
      食品はやはりその国の食の嗜好にあわせて、味をちょっと変えると思います。
      え?なんでそれがセクハラ?

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね☆

◆お気に入り登録は Ctrl+D

◆ツイターで更新情報、フランス語の表現などつぶやいてます。
◆つぶやきのログはこちら ⇒pen(@mlle_pen) - Twilog
◆Feedlyでフィードをとって読むと何かと便利↓↓penも愛用中
follow us in feedly

逆アクセスランキング☆彡

毎月1日にリセットします
どなたもふるってご参加を!
2以上のアクセスから参加できます(^O^)/
アクセスランキング

アーカイブ

このブログの運営者

運営者こんにちは。フランス語愛好家のpenと申します。 フランス語を自宅で学習して正味3年8ヶ月です。おもにインターネットの講座とラジオ講座(ストリーミング放送)を利用してます。学習するにつれて自分の世界がどんどん広がってきました。
このブログには日々の学習や、フランス語について書いています。コツコツ謙虚に学んでいきたいです。もう少し詳しい自己紹介はこちら⇒penはこんな人
プライバシーポリシー・免責事項・著作権

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちらからどうぞ
封筒
⇒お問い合わせフォームへ

お気軽に^^