昭和のペンギンが、平成21年にフランス語開始。インターネットがあるから家でも勉強できるよ。あなたも一緒にどうですか?

menu

フランス語の扉を開こう~ペンギンと

序数(3)~フランス語の数字【第44回】

序数11番目~22番目

毎日フランス語を勉強したい人へ⇒2017年版、フランス語学習用日めくりカレンダーのレビュー。

フランス語の数字を少しずつ学習しています。今回は序数の3回めです。

序数は「~番目の」と、ものの順番を数える数字です。
序数の使い方については初回の記事をどうぞ⇒序数(1)~フランス語の数字【第42回】

形は基数+ième です。

☆プチ復習:1番目から10番目
premier/première, deuxième, troisième, quatrième, cinquième, sixième, septième, huitième, neuvième, dixième


11番目~22番目

11 onze onzième
12 douze douzième
13 treize treizième
14 quatorze quatorzième
15 quinze quinzième
16 seize seizième
17 dix-sept dix-septième
18 dix-huit dix-huitième
19 dix-neuf dix-neuvième
20 vingt vingtième
21 vingt et un vingt et unième
22 vingt deux vingt-deuxième

◆11,12,13,14,15,16 の基数はEで終わっているので、このEをとって+ième

◆21 は vingt et unième (ヴァンテ ユニエーム)

◆〇〇世紀について

世紀を表す数字はローマ数字を使うのが正式ですが、略式としてアラビア数字もよく使われています。

21世紀に au XXIe [vingt et unième]siècle

19世紀初めに/末に au début[à la fin]du XIXe

20世紀に au XXe siècle = au 20e siècle

14世紀半ばに au milieu du XIVe siècle

使用例

les ouvriers de la onzième heure
(聖書)最後のときにやってきて、最初から働いている人と同じ賃金をもらう労働者。真の信仰にはいれば、恵みは入信の順には関係ないことを示しています。転じて、仕事の終わる頃に手伝いに来る人。

Décembre est le douzième mois de l’année.
12月は1年の12番めの月です。

faire le quatorizième à table
不吉な数字13を避けるために、14人目の客として、(食事に)招待される

seizième arrondissement
パリの16区。ここは高級住宅地として知られています。
関連⇒パリの20の行政区~第3回~らせんの秘密

le dix-huitième siècle  18世紀

la dix=neuvième année 19年目

mon 21e anniversaire = l’anniversaire de mes 21 ans 私の21歳の誕生日

発音確認用動画


※YouTubeで見る方はこちらから⇒Les nombres ordinaux

Boum Boum Boum Mika

seizième が歌詞に出てくる曲をご紹介します。Mikaミーカ)の、Boum Boum Boumという曲です。

boum ブン(ブム)は、擬音で、どん、とか、バンという意味です。この曲では、バンバンとピストルを撃つ音と、会話で「セックスする」という意味があります。
歌詞の中で、on fait boum boum boum と出てくるところはその意味です。

また、名詞で、boum は若者たちのダンスパーティの意味。昔、ソフィー・マルソーが出た La boum (ラ・ブーム)は、こちらの意味です。

序数が出てくる箇所は2箇所
Dans les ascenceurs des hôtels
On sait monter au septième ciel

ホテルのエレベーターの中で
僕たちは天に昇る気持ちになることができる

septième ciel は「有頂天になる」「ものすごくうれしい」という意味です。ここは、性的な意味です。さらに、エレベーターは昇降するものですから、「昇る」にもかけていると思います。

septième ciel という表現については前回の記事を参照してください。
序数(2)~フランス語の数字【第43回】

Et tous les bourgeois du seizième
Se demandent pourquoi je t’aime

16j区の強盗たちはみんな
なぜ僕がきみを愛しているのか不思議に思う

この箇所はリフレインなので、何度か出てきます。

上に書きましたが、16区は高級住宅が多いので、強盗も多いようですね。

さらに数字は、

Un plus un ça fait toujours deux 1足す1はいつも2
Deux plus deux ça fait tout ce qu’on veut 2足す2は僕たちが求めているもの

それでは、聞き取れるかどうかチェックしてください。


※YouTubeで見る方はこちらから⇒MIKA – Boum Boum Boum

歌詞はこちら⇒MIKA – Boum Boum Boum Lyrics | MetroLyrics

Mikaはレバノン生まれのイギリスの歌手です。父親がアメリカ人、母親がレバノン人。1歳のときに、パリに移住し、9歳のとき、ロンドンに移住するまで、ここにいたので、フランス語もしゃべります。彼は日本語もうまいですね。

Mikaはミカエル(Michael)のことです。英語読みでは、マイケルです。

この曲はアルバムにはおさめられていなくて、シングルとして発売されました。

いかがでしたか?
この続きはこちらから⇒序数(4)~フランス語の数字【第45回】

☆数字の記事のまとめです。
数字の記事のまとめ その1 0から18まで

数字の記事のまとめ その2 19から1兆まで







関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね☆

◆お気に入り登録は Ctrl+D

◆ツイターで更新情報、フランス語の表現などつぶやいてます。
◆つぶやきのログはこちら ⇒pen(@mlle_pen) - Twilog
◆Feedlyでフィードをとって読むと何かと便利↓↓penも愛用中
follow us in feedly

更新情報をメールで配信中。

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

アーカイブ

このブログの中を検索

このブログの運営者

運営者こんにちは。フランス語愛好家のpenと申します。 フランス語を自宅で学習して正味3年8ヶ月です。おもにインターネットの講座とラジオ講座(ストリーミング放送)を利用してます。学習するにつれて自分の世界がどんどん広がってきました。
このブログには日々の学習や、フランス語について書いています。コツコツ謙虚に学んでいきたいです。もう少し詳しい自己紹介はこちら⇒penはこんな人
プライバシーポリシー・免責事項・著作権

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちらからどうぞ
封筒
⇒お問い合わせフォームへ

お気軽に^^