昭和のペンギンが、平成21年にフランス語開始。インターネットがあるから家でも勉強できるよ。あなたも一緒にどうですか?

menu

フランス語の扉を開こう~ペンギンと

パリの20の行政区~第3回~らせんの秘密

エッフェル塔の絵葉書
凱旋門

パリの行政区シリーズ、第3回です。

前回は、パリの一部の行政区の特徴と、パリ市民がもっているイメージ、いわゆるステレオタイプについて学びました。

こちら⇒パリの20の行政区~第2回

芦屋は高級住宅街、とかそんな感じのことです。これはどこの地域にもあることですね。

きょうもまず地図をごらん下さい。

パリの行政区の地図
File:Paris arr jms-num.gif – Wikipedia, the free encyclopediaよりお借りしました。

7,8,15,16区あたりが金持ちが住んでいる場所で、北の18,19,20区あたりが庶民の街、ということでした。

今回は、渦巻状に番号をふった理由について語っている箇所をチェックします。

では、ビデオの続きを見ていきましょう。

4分56秒

Les arrondissements de Paris

2分48秒~4分12秒までです。

Paris n’a pas toujours été un escargot.

Lorsque les arrondissements sont créés en 1795, la ville est plus petite et il n’y en a que 12, numérotés de gauche à droite et répartis en deux lignes séparées par la Seine.

En 1860, alors que le préfet Haussmann dirige d’immenses travaux dans Paris, la ville s’agrandit en annexant les communes limitrophes.

Il faut alors créer de nouveaux arrondissements : on redécoupe, on recompose.

パリはこれまでずっとエスカルゴだったわけではありません。

1795年に行政区が作られたときは、パリは今より小さく、12区しかありませんでした。左から右に順番に番号がつけられ、セーヌ川を境に、二つの列に分かれていました。

1860年、パリ知事のオスマンが大事業をしました。辺境のコミューンを併合して、この市を広くしたのです。

そこで、新しい行政区が必要になり、再び分け直し、再構成されました。

Un premier schéma attribue le numéro 13 à l’actuel 16ème, mais cela ne plaît pas du tout à ses habitants riches et influents.

Pourquoi ? Parce qu’à l’époque existe une expression : “se marier à la mairie du 13ème arrondissement”.

Comme le 13ème arrondissement n’existe pas encore, ça veut dire ironiquement “vivre ensemble sans être marié”, donc en concubinage.

Impensable pour la bonne société de l’ouest d’être associée à cette idée si inconvenante.

On adopte finalement une disposition en spirale et on attribue le numéro 13 à un arrondissement plus populaire.

はじめの都市計画では、13番は今の16区に割り当てられました。でも、そこのお金持ちの住民や有力者はこれを気に入りませんでした。

どうしてかって?それは当時「13区の区役所で結婚する(”se marier à la mairie du 13ème arrondissement”)」という表現があったからです。

まだ、13区がなかった時代、この表現は「結婚せずに共同生活をする」という意味で、皮肉をこめて使われました。。つまり同棲です。

このような不謹慎な考えを連想させる区の番号を、この場所につけることは、西部の上流の人たちにとっては考えられないことだったのです。

結局、らせん状に配置することになり、もっとも人口の多い場所が13区になりました。

※単語メモ
préfet 知事
limitrophe 辺境の
annexer (国、領土などを)併合する
s’agrandir 領域を広げる
schéma 都市計画
concubinage 同棲
inconvenante 無作法な、無礼な
disposition 配置
en spirale らせん状の

1792年以降、パリでは役所で婚姻手続きをすることになりました。

詳しくはこちらで⇒民法上の結婚とは

だから、同棲することを、当時は架空の区であった「13区の区役所で結婚する」という言い方をしたのですね。

なかなかおもしろい表現だと思いますが、このように言われることはかなり不名誉なことだったのでしょう。

そのため、

「わたしたちは、13区になりたくないですから!」

と13区候補の市民が大反対した結果、今のようにエスカルゴの形に番号をふることになったのです。なかなか興味深い話です。

たまたまここに有力者がたくさん住んでいたというのも大きな理由でしょうね。

では、パリの行政区に関するビデオ、次回は最後までチェックします。

このシリーズを最初から読む方はこちらから⇒パリの20の行政区~第1回



  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね☆

◆お気に入り登録は Ctrl+D

◆ツイターで更新情報、フランス語の表現などつぶやいてます。
◆つぶやきのログはこちら ⇒pen(@mlle_pen) - Twilog
◆Feedlyでフィードをとって読むと何かと便利↓↓penも愛用中
follow us in feedly

逆アクセスランキング☆彡

毎月1日にリセットします
どなたもふるってご参加を!
2以上のアクセスから参加できます(^O^)/
アクセスランキング

アーカイブ

このブログの運営者

運営者こんにちは。フランス語愛好家のpenと申します。 フランス語を自宅で学習して正味3年8ヶ月です。おもにインターネットの講座とラジオ講座(ストリーミング放送)を利用してます。学習するにつれて自分の世界がどんどん広がってきました。
このブログには日々の学習や、フランス語について書いています。コツコツ謙虚に学んでいきたいです。もう少し詳しい自己紹介はこちら⇒penはこんな人
プライバシーポリシー・免責事項・著作権

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちらからどうぞ
封筒
⇒お問い合わせフォームへ

お気軽に^^