昭和のペンギンが、平成21年にフランス語開始。インターネットがあるから家でも勉強できるよ。あなたも一緒にどうですか?

menu

フランス語の扉を開こう~ペンギンと

フランス語のことわざ4~去ることは少し死ぬこと

レトロスーツケースを持って旅立つ女性

今日、ご紹介するフランス語のことわざはこちらです。

Partir, c’est mourir un peu.

発音はIVONA Text-to-Speechなどで確認してください。

このことわざは、プチ・ロワイヤル仏和辞典では

「去りゆくことは死にゆくことにも似たり」

という訳になっています。

二つの解釈が考えられます。

1.誰かが去ったあとに残された人の視点

これは日本語のことわざの「去るものは日々に疎し」と似た解釈になります。

去っていった人は、忘れ去られて、去られた人にとっては死んだも同然という意味ですね。

2.去っていく人自身の視点

去るということは、自分が少し死ぬこと。

なぜ少し死ぬのかというと、別れがつらいからです。

自分の考えや気持ちが変わったり、外的状況が変わったとき人は立ち去ります。

自発的であろうとなかろうと、去る時、人は自分自身で何らかの理由づけをします。あるいは、あとになって「あの時はそうするしかなかった」というような思いをいだきます。

その時、過去の自分が少し死ぬのです。変化するともいえますが進化というイメージはありません。「死んだ」あるいは「失くした」というニュアンスです。

ここにあるのは、ずっとあとになって、去ったときのことを思い返すと、悲しいような、あきらめのような気持ちになる別れです。

このことわざはもともと詩の一節です。

エドモン・アロクール Edmond Haraucourt – Wikipédia(Edmond Haraucourt)(1856-1941)という詩人が1890年に作りました。

詩の一番最初の4行を引用し、和訳をつけてみます。

Rondel de l’adieu
さよならの詩

Partir, c’est mourir un peu,
C’est mourir à ce qu’on aime :
On laisse un peu de soi-même
En toute heure et dans tout lieu.

去ること、それは少し死ぬこと
それは愛するものへの死
人は自分自身を少し置き去りにする
いつの時でも、どんな場所でも

rondelはロンデルという詩の形式です。3連14行2脚韻とジーニアス英和辞典にありました。

***********************************************

【よくわかる!フランス語の解説】

★単語の意味

partir 立ち去ること

c’est = ce est のエリジオン ~である

mourir 死ぬこと

un peu 少し

★直訳

「立ち去ること、それは少し死ぬことである。」

★文法

1.不定法であらわす「~すること」

partir, mourir はともに動詞の不定法(辞書にのっている形)で「~すること」という意味になります。
英語ならば動名詞になるところですが、フランス語は不定法だけで表します。

たとえば
英語の Seeing is believing.(見ることは信じること)は
フランス語では Voir, c’est croire. (見ること、それは信じること)
となります。

2.文の最初に説明したいものを持ってきてから、c’est … と説明を加える形(文頭遊離構文という難しげな名前がありますが、この名前は覚える必要ありません)

ほかの例
D’urban, c’est l’elegance de l’homme moderne.
ダーバン、それは現代の男のエレガンスだ。

アラン・ドロンのCMより。参考⇒現代の男のエレガンス

こちらも参照してください⇒「虎と小鳥のフランス日記」第26話 バルザックの家 その2

************************************************

じつはこのことわざは英語の

To say good bye is to die a little. (Raymond Chandler)

の元ネタだと言われています。

レイモンド・チャンドラーの「長いお別れ」という小説の最後のほうで主人公のフィリップ・マーロウがこう言います。

The French have a phrase for it. The bastards have a phrase for everything and they are always right. To say good bye is to die a little.

あまり文学的でないpenの訳:

フランス人はこういう時の言い方を知っている。
やつらは、どんな場合の言い方も知っていて、それはいつも正しいってわけさ。さよならを言うことは少し死ぬことなんだ。

いかがでしたか?

会うは別れの始めといいますが、人生は出会いと別れの連続です。
私達は、どんなものともいつかは必ず別れなければなりません。
出会った幸運に感謝して、別れるときに悔いのないように過ごすことができるよう、心がけたいですね。



    • 樋沼
    • 2013年 3月 19日

    レイモンド・チャンドラーの「長いお別れ」という小説の最後のほうで主人公のフィリップ・マーロウがこのことわざを引用しているとはしりませんでした。いい勉強になりました。
    すこし関連したことわざに、Un peu d’absence fait grand bien.
    短い不在は大きな幸福をつくる、があり、Pas de nouvelles, bonnes nouvelles ですが、あまり長い不在だと、Loin des yeux, loin du Coeur。去るものは日々に疎し となりますね。

      • フランス語愛好家
      • 2013年 3月 20日

      樋沼さん、こんにちは。コメントありがとうございます。
      Un peu d’absence fait grand bien. は 英語のAbsence makes the heart grow fonder.ですね。
      Pas de nouvelles, bonnes nouvelles は便りのないのはよい便り ですね。特にUn peu d’absence fait grand bien.が気に入ったので、また記事にするかもしれません。
      いつもありがとうございます。

    • maruko
    • 2013年 12月 08日

    penさんのブログ、印象深いものがたくさんありますが、これは私にとって、いちばんかも。かみしめて読みました。なんでかな?自分でもわかりませんが。。

      • フランス語愛好家
      • 2013年 12月 09日

      marukoさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
      そうですね。たぶん、さよならだけが人生だからではないでしょうか?

      みんな、いつかはこの世を去るわけですし。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね☆

◆お気に入り登録は Ctrl+D

◆ツイターで更新情報、フランス語の表現などつぶやいてます。
◆つぶやきのログはこちら ⇒pen(@mlle_pen) - Twilog
◆Feedlyでフィードをとって読むと何かと便利↓↓penも愛用中
follow us in feedly

逆アクセスランキング☆彡

毎月1日にリセットします
どなたもふるってご参加を!
2以上のアクセスから参加できます(^O^)/
アクセスランキング

アーカイブ

このブログの運営者

運営者こんにちは。フランス語愛好家のpenと申します。 フランス語を自宅で学習して正味3年8ヶ月です。おもにインターネットの講座とラジオ講座(ストリーミング放送)を利用してます。学習するにつれて自分の世界がどんどん広がってきました。
このブログには日々の学習や、フランス語について書いています。コツコツ謙虚に学んでいきたいです。もう少し詳しい自己紹介はこちら⇒penはこんな人
プライバシーポリシー・免責事項・著作権

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちらからどうぞ
封筒
⇒お問い合わせフォームへ

お気軽に^^