昭和のペンギンが、平成21年にフランス語開始。インターネットがあるから家でも勉強できるよ。あなたも一緒にどうですか?

menu

フランス語の扉を開こう~ペンギンと

「まいにちフランス語」35:L57 過去時制のまとめ

pen 書き取り中

宿題をするpen

ラジオ講座の復習の時間です。きょうは57課(8月21日放送)、過去時制のまとめ。

これまで習った三つの過去、近接過去、複合過去、単純過去のおさらいでした。

きょうの内容は、すべてこれまで講座に出てきたことばかりなので、簡単なまとめの記事にしておきます。

近接過去

~したところだ

venir + de + 動詞の不定法

今終わったばかりなので、近接した過去、ということですね。

これは30課で習いました⇒11:初級編L31-33~動詞venir

Je viens de finir mon petit déjeuner.
朝ごはんを食べたところです。

●実はこの近接過去の過去形というものがあり、過去のある時点で「~したばかりだった」と言いたいときは、半過去を使います。

Je venais de finir mon petit déjeuner.
(あのとき、) 朝ごはんを食べ終わったばかりでした。

ポイント:近接過去、近接未来の過去形はいつも半過去です。

複合過去

点の過去、完了(~した)、経験(~したことがある)

avoir または être + 過去分詞

くわしくは
30:L52 複合過去その1
31:L53 複合過去その2

Il a plu ce matin.
今朝雨が降った。⇒雨はもうやんでいます。

複合過去部分 a plu は
avoir の3人称単数の活用+pleuvoir(雨が降る)の過去分詞。

半過去

線の過去、過去の進行、継続(~していた)、習慣(~したものだった)

動詞を半過去に活用:現在形nousの活用からonsをとった語幹に、半過去の活用語尾(ais,ais,ait,ions,iez,aient)をつける。

くわしくは⇒33:L55 半過去

Quand elle est sortie, il pluvait.
彼女が出かけたとき、雨が降っていた。

これだけだと、はたして雨が今降っているのかどうかはわかりません。「雨にふられた」という訳語も可能。

ポイント:「今朝からずっと雨が降っている」と言いたい時は、現在形を使います。
Depuis ce matin, il pleut.

※pleuvoir(雨が降る)は非人称表現なので、3人称単数の活用しか出てきません。ここで、以下の活用をきっちり覚えておくといいです(私はたまにスペルを間違えます)。
il pleut 現在
il a plu 複合過去
il pleuvait 半過去

基本のダイヤローグ

Ce matin, je suis allé chez Luc, mais il était pas là.
Je sais, il était chez moi.

けさ、リュックの家にいたけど、いなかった。
知ってるわ。彼、私のところにいたの。

suis allé < aller の複合過去 était < être の半過去 最初の文は、否定の ne...pas の neが省略されています。

aller と venir の活用チェック

それぞれ複合過去、半過去形を確認しておきます。ともに複合過去ではêtreを使います。

aller 複合過去
je suis allé(e)
tu es allé(e)
il est allé
elle est allée
nous sommes allé(e)s
vous êtes allé(e)s
ils sont allés
elles sont allées

aller 半過去
j’allais
tu allais
elle allait
nous allions
vous alliez
elles allaient

venir 複合過去
je suis venu(e)
tu es venu(e)
il est venu
elle est venue
nous sommes venu(e)s
vous êtes venu(e)s
ils sont venus
elles sont venues

venir 半過去
je venais
tu venais
il venait
nous venions
vous veniez
ils venaient

※発音チェック用

※YouTubeで見る方はこちらから⇒aller 直接法複合過去の活用


※YouTubeで見る方はこちらから⇒aller 直接法半過去の活用


※YouTubeで見る方はこちらから⇒venir 直接法複合過去の活用


※YouTubeで見る方はこちらから⇒venir 直接法半過去の活用

注)
・複合過去の活用に(e)となっているのは、主語が女性のときは性数一致するからです。
・動画に出てくる modeは「法」で、記事にはわざわざ書いていませんが、きょうの話はすべて直接法です。tempsは「時制」です。

いかがでしたか?複合過去形と半過去の使いわけは、きのうの記事も参考にしてください。
34:L56 2つの過去~半過去と複合過去

日本語の訳にあまりとらわれず、話している内容そのものから、時制を決定したほうが失敗が少ないです。

ラジオ講座の復習、来週は未来の世界に入ります。お楽しみに。

ラジオ講座関連記事目次はこちらから

ラジオ講座「まいにちフランス語」関連記事の目次~その1(概要)
■1課~47課まで⇒ラジオ講座「まいにちフランス語」関連記事の目次~その2
■48課以降⇒ラジオ講座「まいにちフランス語」関連記事の目次~その3



  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね☆

◆お気に入り登録は Ctrl+D

◆ツイターで更新情報、フランス語の表現などつぶやいてます。
◆つぶやきのログはこちら ⇒pen(@mlle_pen) - Twilog
◆Feedlyでフィードをとって読むと何かと便利↓↓penも愛用中
follow us in feedly

逆アクセスランキング☆彡

毎月1日にリセットします
どなたもふるってご参加を!
2以上のアクセスから参加できます(^O^)/
アクセスランキング

アーカイブ

このブログの運営者

運営者こんにちは。フランス語愛好家のpenと申します。 フランス語を自宅で学習して正味3年8ヶ月です。おもにインターネットの講座とラジオ講座(ストリーミング放送)を利用してます。学習するにつれて自分の世界がどんどん広がってきました。
このブログには日々の学習や、フランス語について書いています。コツコツ謙虚に学んでいきたいです。もう少し詳しい自己紹介はこちら⇒penはこんな人
プライバシーポリシー・免責事項・著作権

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちらからどうぞ
封筒
⇒お問い合わせフォームへ

お気軽に^^