昭和のペンギンが、平成21年にフランス語開始。インターネットがあるから家でも勉強できるよ。あなたも一緒にどうですか?

menu

フランス語の扉を開こう~ペンギンと

パタパタシートをパタパタさせてはみたものの・・・入門日記第6回

ペン勉強中

ラジオ講座の内容を覚えるために作っていたパタパタシートをご紹介します。

脳に汗かくpen

この記事はラジオ講座を聞き始めたものの・・の続きです。

***************************************************
このシリーズはほかに、
● フランス語を始めたばかりの頃
● フランス語を始めて二ヶ月たった頃
● 初めて買った辞書:Oxford Learner’s French Dictionary
● 初めて買った教材はラジオ講座のテキスト
があります。
***************************************************

ラジオ講座はテキストにメモを書きながら聞いていました。

また、復習のために最初の9課分だけ、たまたまネットで目にしたパタパタシートという紙にまとめていました。

このシートは紙1枚を3回折って作るものです。そうすると8面できます。ひとつのテーマに2面あてます。2面のうち1面に問題などを書き、パタっとめくるともう1面に書いた答えが見える、というものです。

わたしのパタパタシート↓
パタパタシート

こんな説明ではわからないでしょうね。

考案者の方のビデオがあるのでごらん下さい。

7分38秒
英文暗記ツール「パタパタシート」の作り方

私がこのシートを作ってみようと思った理由は三つあります。

1.ものすごくアナログであるから。
2.ほとんどコストがかからず手軽に作れるから。
3.効果があると思ったから。

ひとつずつ説明していきますね。

1.私はもともとアナログ人間でアナログな物が好きなんです。時計もアナログ派です。

今、デジタル機器を駆使して学習の工夫をされてる方が多いですよね。

自分がやってないからその実態は知りませんが、スマートフォンのアプリケーションや、エバーノート、エクセルなどで暗記ものをまとめている方も多いと思います。

が、私はそういうのは苦手で、手書きが好きなのです。

アナログっていいですよ。デジタル機器は電気などなんらかのパワーが切れたら突然止まってしまいます。

その点アナログなものは、少しずつ朽ち果ててゆきます。この感じが特に好きです。

2.このシートは紙の一面だけあればできます。うちには、子どもの学校のお知らせやらなんやら、片面だけ印刷した紙がたくさんあり、何か有効に使える方法はないかと常々思っていました。

このシートを作れば、そういった紙を再利用できると思ったのです。

何も準備せず、すぐに取りかかれる手軽さが魅力でした。

3.この覚え方は「カードの表を見て答えを思い浮かべ、カードをめくって裏を見て確認する」というフラッシュカード方式と同じです。

これってけっこう効果あるんです。また、フラッシュカードはばらけますが、パタパタシートは薄いですし、1枚にたくさんの項目を入れることができるので、携帯に便利です。

***************************************************

これは、いいかも!」と思った私はA4の紙1枚にラジオ講座1課分の要点や、覚えたいことをまとめ、復習できるようにしました。

こんな感じ

パタパタシート

しかし10課の途中まで書いて挫折しました。

次に挫折した原因を書いてみます。

1.シートに書く向きを何度も間違えて疲れた。
2.ラジオ講座の内容がどんどん難しくなっていった。
3.自分で自分の字が読めないことがよくあった。
4.パタパタさせたけど、思ったほど頭に入らなかった。

こちらもひとつずつ説明していきます。

1.パタパタシートはめくったときに、うまく答えが見られるように独特の書き方をします。

一つの項目の問題と答えは上半分か下半分の四面の対角線上にくる場所に、向きを逆にして書かなければなりません。

私はぼ~っとしているので、何度も書く場所と向きを間違え、そのたびに書き直していました。

これは人間工学的にNGの書き方ではないのかと思いました。

自分のアホさを呪いつ、スキットの例文や、部分冠詞がどうしたこうしたと書いていました。

そのうち、この作業がものすごくめんどうになったのです。

2.「サトシのナント留学記」は内容が濃く、進度もとても早かったです。講座はどんどん難しくなり、だんだん1枚の紙にうまくまとめられなくなってきました。字もすごく小さく書く必要がありました。そしてその字なんですが・・・

3.私、もともとあまり字がきれいではないのです。パタパタシートを作るときはできるだけ丁寧に書いていましたが、それでもたまに読めないことがあり、確認のため、テキストを引っ張りだしてこなければなりませんでした。

4.これは2の理由に関連しています。一面にわりあいたくさん内容を盛り込んだせいか、パタっとさせても、目当ての答えにさっとたどりつけませんでした。

なんやかんやで作るのがめんどくさくなってきました。

こうして私ははりきって作り始めたパタパタシートの作成も10課のまとめの途中でパタっとやめてしまったのです。

☆入門日記第7回はこちらから⇒トリュフォー監督のお世話になることを決意



  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね☆

◆お気に入り登録は Ctrl+D

◆ツイターで更新情報、フランス語の表現などつぶやいてます。
◆つぶやきのログはこちら ⇒pen(@mlle_pen) - Twilog
◆Feedlyでフィードをとって読むと何かと便利↓↓penも愛用中
follow us in feedly

逆アクセスランキング☆彡

毎月1日にリセットします
どなたもふるってご参加を!
2以上のアクセスから参加できます(^O^)/
アクセスランキング

アーカイブ

このブログの運営者

運営者こんにちは。フランス語愛好家のpenと申します。 フランス語を自宅で学習して正味3年8ヶ月です。おもにインターネットの講座とラジオ講座(ストリーミング放送)を利用してます。学習するにつれて自分の世界がどんどん広がってきました。
このブログには日々の学習や、フランス語について書いています。コツコツ謙虚に学んでいきたいです。もう少し詳しい自己紹介はこちら⇒penはこんな人
プライバシーポリシー・免責事項・著作権

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちらからどうぞ
封筒
⇒お問い合わせフォームへ

お気軽に^^