昭和のペンギンが、平成21年にフランス語開始。インターネットがあるから家でも勉強できるよ。あなたも一緒にどうですか?

menu

フランス語の扉を開こう~ペンギンと

フランス語のことわざ14~ちりも積もれば山となる

鳥の巣

今日、ご紹介するフランス語のことわざはこちらです。

Petit à petit l’oiseau fait son nid.
鳥は少しずつ巣を作る。

発音はIVONA Text-to-Speechなどで確認してください。

「鳥は少しずつ巣を作る。」

時間と忍耐を友に、毎日の継続をすることが、あなたに成功をもたらす、という意味です。

このことわざはきのう「まいにちフランス語」6:初級編L16-18~動詞avoirで勉強した、ラジオ講座の5月14日の放送、L.17の最後で、マダムがおっしゃったことわざです。

放送では

久松先生:動詞の活用は大変ですが、これができればはずみがつくこと請け合いです。
でもあせらないで。
マダム:Oui, petit à petit l’oiseau fait son nid.

という会話でした。

この場合の「巣」は動詞の活用のマスター。毎日の小さな努力の積み重ねが動詞の活用の習得につながりますよ、ということですね。

具体的には、目、口、耳、手にしみこませること、と言われてました。

もちろん、このことわざは語学だけの話ではありません。一見、自分には無理に思えることも、我慢強く、少しずつ、着実に手がけていくと、できてしまうよ、ということわざです。

なんとなく、わくわくして、勇気が出てくることわざですね。

【よくわかる!フランス語の文法解説】

★単語の意味

petit à petit 少しずつ 

l’= le という定冠詞 のエリジオン

oiseau 鳥

fait  ← faire 作る

son この場合は「鳥の」あるいは「その」

nid 巣

★直訳

「少しずつ鳥はその巣を作る」

★補足

●petit à petit

この形は「無冠詞名詞+à+無冠詞名詞」のパターンで
ほかの例:
pas à pas 一歩一歩(このラジオ講座のタイトルにもなっています)
mot à mot 一語一語
peu à peu 少しずつ

●リエゾン

petit は一語だとプティ

petit à petit となるとリエゾンしてプティタプティという発音になります。 

***************************************************

このことわざの起源は、鳥が巣を作っている様子を見た人が、我慢強く、毎日の努力を続けることを諭すために比喩として使ったことのようです。

初出は1835年の本。

ちなみに、英語にも同じ意味のことわざがあります。

Little strokes fell great oaks.
小さな打撃も大きなカシの木を倒す。

strokeは木こりの一振りです。これが複数になっていますので、何度も斧を入れて、最後には大木を倒すということですね。

こちらのことわざを見た時、私は ’The Shawshank Redemption’(ショーシャンクの空に)という映画を思い出しました。この映画の主人公も毎日少しずつ、あることをやっていました。

でも、毎日たゆまず何かをやるのは簡単なことではありません。「ショーシャンクの空に」の主人公は心に「希望」を持っていました。夢や希望といったものは時に人間にすばらしい力を与えてくれますね。

フランス語の同様のことわざに

Rome n’a pas été construite en une seule journée.
ローマは一日にしてならず

があります。これは日本語のことわざにもなっています。

ほかに、日本のことわざでは

・塵も積もれば山となる

・学者と大木はにわかにできぬ

があります。

とはいえ、塵と鳥の巣はけっこう違いますよね。塵やほこりってほっといても勝手にどんどん積もっていきますから。

その点、鳥の巣は鳥がいちいち遠くまで飛んで行って、小枝やら何やらを1本だけ加えて戻って、また行って、という具合です。

鳥にとってあのように羽ばたくことは私たちが歩いたりするようなものなのでしょうが、それでもきっと疲れますよね。

こうした「コツコツ行きましょう」ということわざは、ほかにも

・石の上にも三年

・千里の道も一歩より

など、たくさんあります。

逆に言えば、人はついついあせって、すぐにできそうな手段を探したり、やってみたりする傾向があるということでしょうか?

確かに、本屋さんには「3日でできる〇〇」「5分でわかる〇〇」などという本がたくさん並んでいますから。

dotline470

さて、このことわざほど、語学ブログにぴったりなことわざはないのではないか、と思います。

毎日少しずつが語学の王道ですね。

「フランス語脳プロジェクト」では、先生に「間違った努力をするな」と言われていますが、たとえ正しい方法、自分にあった方法であったとしても、毎日の継続は欠かせません。

少なくとも巣の形がある程度できあがるまでは、きょうもまた、petit à petit ですね。

●このことわざは映画「アメリ」のことわざのシーンに出てきたものの一つです。映画のシーンはこちらでご紹介しています⇒【追記あり】フランス語のことわざ 敵もさるもの+映画『アメリ』に出てくる6つのことわざ

●ことわざの記事の目次⇒フランス語のことわざ・名言



  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね☆

◆お気に入り登録は Ctrl+D

◆ツイターで更新情報、フランス語の表現などつぶやいてます。
◆つぶやきのログはこちら ⇒pen(@mlle_pen) - Twilog
◆Feedlyでフィードをとって読むと何かと便利↓↓penも愛用中
follow us in feedly

逆アクセスランキング☆彡

毎月1日にリセットします
どなたもふるってご参加を!
2以上のアクセスから参加できます(^O^)/
アクセスランキング

アーカイブ

このブログの運営者

運営者こんにちは。フランス語愛好家のpenと申します。 フランス語を自宅で学習して正味3年8ヶ月です。おもにインターネットの講座とラジオ講座(ストリーミング放送)を利用してます。学習するにつれて自分の世界がどんどん広がってきました。
このブログには日々の学習や、フランス語について書いています。コツコツ謙虚に学んでいきたいです。もう少し詳しい自己紹介はこちら⇒penはこんな人
プライバシーポリシー・免責事項・著作権

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちらからどうぞ
封筒
⇒お問い合わせフォームへ

お気軽に^^