昭和のペンギンが、平成21年にフランス語開始。インターネットがあるから家でも勉強できるよ。あなたも一緒にどうですか?

menu

フランス語の扉を開こう~ペンギンと

フランス語のことわざ30~割れ鍋にとじぶた

鍋

今日、ご紹介するフランス語のことわざはこちらです。

ふたが見つからないほどひどい鍋はない。
Il n’est si méchant pot qui ne trouve son couvercle.

⇒音声はIVONA Text-to-Speech Voices でチェック!
(クリック後、ページが表示されると自動的に音声が始まります)

ふたが見つからないほどひどい鍋はない

このことわざは、日本のことわざで言うと「割れ鍋(われなべ)にとじぶた」です。

もしかしたら、若い方は「割れ鍋にとじぶた」をご存知ないかもしれないですね。

きょうは、まずこちらを解説します。

「割れ鍋」は文字通り割れた鍋。鍋といっても、シチューを作るような西洋風の鍋ではなくて、土鍋だと思います。

割れた土鍋など使い道がないようですが、それでも「とじぶた」というパートナーはいます。

「とじぶた」は「綴じ蓋」。繕って修理したふたです。「綴じる(とじる)」は「紙を糸でひとまとめにする」、という意味のほかに、「縫い合わせる」という意味もあり、「破れを綴じる」「口を綴じる」と言う使い方もしますね。また「卵とじ」の「とじる」もこの「綴じる」です。

「とじぶた」は修理したふただから、木製でしょうか?

これは江戸のいろはがるたの「わ」の札に書かれています。

たまに「閉じぶた」という漢字をあてているものがありますが、厳密に言うとこれは間違いです。

意味は、「割れた鍋にも修理したふたがあるように、どんな人にもその人にふさわしい相手が見つかるものである」ということ。

また、「自分にふさわしい伴侶とは自分と似た境遇の人がよい、分不相応な相手とはうまくいかない」、という意味もあります。

フランス語のほうは、「ひどい鍋でも、それに合うふたは見つかる」という意味で、「割れ鍋ととじぶた」の関係とほぼ同じです。

よくわかる!フランス語の解説

単語の意味

Il n’est ~ はない

Il est は文章のみでの表現で、~がある = il y a
例)Il était une fois ~ 昔々~があった、いた。
(お伽話の出だしの決まり文句)

n’はne で est とエリジオン
neは否定を表します。
むかしは、neだけで、否定を表すこともありました。
ne trouve の neも、単独で使っている否定のneです。

est は être ~がある

si (強調) とても

méchant (古い使い方、名詞の前で)価値のない、取るにたりない

pot (古い使い方)鍋
potの今の意味は、壺(鉢、かめ、瓶、缶)です。鍋はcasserole(片手鍋)marmaite (両手鍋)。鍋という意味で使うpotは poule au pot (チキンのポトフ)という表現などに残っています。ただし、このことわざでは、potを「鍋」としても「壺」としても、いいと思います。

qui 関係代名詞 ~するところの

trouve < trouver (探していたものを)見つける son その couvercle ふた 男性名詞

直訳

「ふたが見つからないほど価値のない鍋などない。⇒どんな鍋であろうとも、ふたは見つかる。」

補足

trouverはER動詞で、3人称の場合、直接法現在形も接続法現在形も同じ活用なので、一見わかりませんが、このことわざのtrouveは接続法です。

「ふたが見つからない鍋はない」と否定しているのは主観的な表現だから、という説明になります。

文法用語に免疫のある人むけの説明:
関係代名詞節で前の名詞を説明しているとき、主節が否定なら、関係代名詞節の動詞は接続法です。

ほかの例)
この問題を解決できるような人は誰もいない。
Il n’y a personne qui puisse résoudre ce prblème.

英語では
Every Jack has his Jill.
どんなジャックにもジルがいる。

というのが同じ意味のことわざです。

ロワイヤル仏和中辞典では
Il n’est si méchant pot qui ne trouve son couvercle.
の訳として、「どんな醜い娘にも結婚相手は見つかる」とのっていました。

この場合pot(鍋)を女性としています。きっと、古くはそういう意味で使われることが多かったのでしょう。しかし、potを男性としているイラストもありました。ちなみに、potもcouvercleもともに男性名詞です。

いずれにしても、このことわざは日本の「割れ鍋にとじぶた」と同じように、古いので書物や新聞などには出てきても、あまりに日常会話には登場しないかもしれません。

今、相手がいなくてさみしいあなたも、いつか自分にあった相手が見つかることになっています。希望を持って日々、暮しましょう。

それでは、次回のことわざの記事をお楽しみに。

●トップページ⇒フランス語の扉を開こう~ペンギンと
●ほかのことわざはこちらから⇒フランス語のことわざ・名言
●自己紹介⇒penはこんな人
●ご質問などはこちらから⇒お問い合わせフォーム


  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね☆

◆お気に入り登録は Ctrl+D

◆ツイターで更新情報、フランス語の表現などつぶやいてます。
◆つぶやきのログはこちら ⇒pen(@mlle_pen) - Twilog
◆Feedlyでフィードをとって読むと何かと便利↓↓penも愛用中
follow us in feedly

逆アクセスランキング☆彡

毎月1日にリセットします
どなたもふるってご参加を!
2以上のアクセスから参加できます(^O^)/
アクセスランキング

アーカイブ

このブログの運営者

運営者こんにちは。フランス語愛好家のpenと申します。 フランス語を自宅で学習して正味3年8ヶ月です。おもにインターネットの講座とラジオ講座(ストリーミング放送)を利用してます。学習するにつれて自分の世界がどんどん広がってきました。
このブログには日々の学習や、フランス語について書いています。コツコツ謙虚に学んでいきたいです。もう少し詳しい自己紹介はこちら⇒penはこんな人
プライバシーポリシー・免責事項・著作権

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちらからどうぞ
封筒
⇒お問い合わせフォームへ

お気軽に^^