昭和のペンギンが、平成21年にフランス語開始。インターネットがあるから家でも勉強できるよ。あなたも一緒にどうですか?

menu

フランス語の扉を開こう~ペンギンと

新世代のネイルチップ(つけ爪)「インプレス」その1

つけ爪

つけ爪

週に一度ファッション関係のフランス語を読んでいますが、きょうは「つけ爪」の記事を選びました。

つけ爪は、自前の爪に、作り物の爪をつけるおしゃれですね。

私はやりませんが、ハロウインの仮装で、魔女の長い爪を貼り付けたりします。あれのちょっとグレードがあがった感じでしょうか。

「つけづめ」というと「つけ麺」や「働きづめ」と勘違いされるせいか「ネイルチップ」と呼ばれることも多いようです。

2011年の暮れに、アメリカで、インプレス(imPRESS)という、ワンタッチで簡単につけられる爪(ハロウイン用のもそうですが)で、なおかつおしゃれ用として使用できるつけ爪が発売されました。

きょう読む記事はこの製品のレビューです。記事はフランス語ですが、製品の概要を知るために、発売当時、アメリカで流れたニコール・シャージンガーの出ているコマーシャルをごらんください。

impress は人に感銘を与える、感心させる、という意味です。この単語のpress と爪に押し付けるpressをかけた商品名です。といってもimpressという単語(im+press)の語源が「上に跡が残るように押し付ける」なのですけど。

さて、このつけ爪、簡単そうですね。見た目もけっこういいです。コマーシャルだからよく見えるべきなのですが。

爪のサイズは人によってさまざまなのですが、この製品はワンパッケージに12ピース入っていて、そこから自分の爪のサイズにあったものを選びます。

アマゾンで何人かのレビューを見ましたが、爪が小さい人も比較的、簡単に自分の爪にあったものを見つけられたそうです。

では、レビューを読んでいきましょう。

きょうは最初の導入部分のみにします(もっと訳したいところですが、それをするとまた記事が長くなってしまうのでやめておきます)。

元記事 → J’ai testé pour vous : les faux ongles nouvelle génération

タイトル:J’ai testé pour vous… les faux ongles nouvelle génération

新世代のつけ爪をみなさんのために試してみました。

Tu connais les faux ongles de pro (gel ou capsules), ou ceux à coller chez soi… Il existe désormais des faux ongles « nouvelle génération », qui se veulent plus confortables et moins artificiels. Est-ce que ça marche vraiment ?

プロのつけ爪(ジェルまたはカプセル)や、自宅ではりつけるつける爪を知ってますよね。これからは「新世代」のつけ爪があります。それはずっとつけ心地がよく、不自然ではないというのです。本当にそんなにうまく行くでしょうか?

La marque Broadway Nails a lancé imPRESS, un système de faux ongles qui se veut plus naturel que ceux qu’on connaît. Qu’en est-il vraiment ? A-t-on toujours l’impression d’avoir un corn flake au bout de chaque doigt ?

ブロードウエイネイルスというブランドがimPRESSという商品を発売しました。従来の商品よりもっと自然なつけ爪のキットだといいます。本当にそうなのでしょうか?いつも指先にコーンフレークをつけてるように見えはしないでしょうか?

※単語メモ 基本的な単語を拾ってみました。
les faux ongles つけ爪
ongle は爪
つけ爪は何本かある指先につけるので(まあ、たいていの人はつけるなら10本つけるでしょうが)複数形です。
faux 人口の、模造の 英語のfakeです。
capsule ジェルタイプでない形がきまっているプラスチックなどのつけ爪だと思います。
marque 銘柄、ブランド
au bout de  ~の先端に
doigt 指 この単語はマッチ売りの少女はフランス語だと?でとりあげました。
ça marche < ça marcher うまく行く

この導入を読むかぎり、つけ爪が自然に見えないことが一番の問題のようです。

「指先にコーンフレークをつけてるように見える」なんてありえないと思うのですが。

dotline470

私は「つけ爪」愛好者ではありませんが、素人目で考えて、つけ爪のよしあしを決めるポイントをあげてみます。

1.装着のしやすさ
2.装着感
3.つけたあとの見た目の美しさ
4.はずしやすさ
5.爪のもち
6.品揃え(色やパターンの豊富さ)
7.パッケージ
8.価格
9.入手のしやすさ

2の装着感はつけているときの感じや、フィット感。指に違和感があるとか、指が動かしやすいとか、そういったことです。

3のできあがりの爪の美しさはかなり大事なポイントです。というのも、これがきれいだと他にマイナスポイントがあっても、我慢する人が多いので。

若い時は、おしゃれがかなり重要な問題で、お昼ご飯代をおしゃれに回す人も多いですからね。

CMを見る限り、この爪の見た目はなかなか素敵です。爪が長すぎないのも、かえって洗練されています。

7のパッケージですが、この商品、日本ではアマゾンで扱いがあるので、写真を見てください。

キスプロダクツジャパンimPRESSプレスオンマニキュアパターンM100J 【HTRC3】

わかりにくいと思いますが、ふつうのマニキュアの瓶の形をしたプラスチックのケースにつけ爪が入っています。

※パッケージの形は、アメリカのメーカーのサイトの画像がわかりやすいです⇒Impress Press-On Manicure by Broadway Nails

ふたをとると、本体部分がぱかっとふたつに割れるのです。このパッケージが可愛いと若い女性には人気です。プレゼントにしてもよさそうですね。もちろん、ゴミが増えるだけ、という考え方もありますが。

以上の点はこのレビューに出てくるのかなあと、内容をある程度予測しながら読むと、ただ漠然と読むよりは記事を理解が進みますね。

この続きはこちらから⇒新世代のネイルチップ(つけ爪)「インプレス」 その2



  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね☆

◆お気に入り登録は Ctrl+D

◆ツイターで更新情報、フランス語の表現などつぶやいてます。
◆つぶやきのログはこちら ⇒pen(@mlle_pen) - Twilog
◆Feedlyでフィードをとって読むと何かと便利↓↓penも愛用中
follow us in feedly

逆アクセスランキング☆彡

毎月1日にリセットします
どなたもふるってご参加を!
2以上のアクセスから参加できます(^O^)/
アクセスランキング

アーカイブ

このブログの運営者

運営者こんにちは。フランス語愛好家のpenと申します。 フランス語を自宅で学習して正味3年8ヶ月です。おもにインターネットの講座とラジオ講座(ストリーミング放送)を利用してます。学習するにつれて自分の世界がどんどん広がってきました。
このブログには日々の学習や、フランス語について書いています。コツコツ謙虚に学んでいきたいです。もう少し詳しい自己紹介はこちら⇒penはこんな人
プライバシーポリシー・免責事項・著作権

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちらからどうぞ
封筒
⇒お問い合わせフォームへ

お気軽に^^