昭和のペンギンが、平成21年にフランス語開始。インターネットがあるから家でも勉強できるよ。あなたも一緒にどうですか?

menu

フランス語の扉を開こう~ペンギンと

歌と訳詞:「あなたが旅立つというので」~フランソワーズ・アルディ 前半

電車の駅

フランソワーズ・アルディが元ご主人のジャック・デュトロンとデュエットしている曲をご紹介します。

タイトルは
Puisque vous partez en voyage
あなたが旅立つというので

2004年の曲ですが、もとは1935年発売の古い曲のカバー。恋人が列車で旅立つ前に2人で話してるという設定です。

まずは聞いてください。


※YouTubeで見る方はこちらから⇒Puisque vous partez en voyage

この曲、セリフが多いので、前半と後半の2回に分けます。

それでは訳詞に挑戦!

Puisque vous partez en voyage あなたが旅立つから

[Jacques] Il la remercie de l’avoir accompagnée à la gare.
[Françoise] Vous parlez sérieusement ou vous vous moquez de moi ?
[Jacques] Mais non, il se moque pas d’elle, regardez.
Ces journaux, ces cigares, tout ça.
[Françoise] Ah je manque d’originalité, c’est vrai.
Savez-vous que nous nous séparons pour la toute première fois ?
[Jacques] Oui mais enfin c’est pas très long et puis
Il ne part que quinze jours.
[Françoise] Attendez un p’tit peu, dois-je comprendre que
Vous allez passer ces quinze horribles jours sans compter les heures ?

彼は彼女が駅まで見送りに来てくれたことに感謝している
まじめに言ってるの、それともからかってるの?
いやいや、彼はからかってなんかいない。見て下さいよ。
この新聞、タバコ、その他もろもろ
ああ、私ってオリジナリティーに欠けるのね。本当に
私たち、はじめて別れ別れになるってご存知?
もちろん、でも長いことじゃない。たった2週間さ。
ちょっと待って。あなたは、このおぞましい2週間を指折り数えて過ごさないって、私、そういうふうに理解しなきゃいけないの?

あなたが旅立ってしまうから
今夜僕たちは別れるから
僕は心の準備をしている
元気をだして微笑みたいわ
あなた、前のステップに荷物を置いたわね。通路の脇の
お決まりのおおげさなジェスチャーのために
大きなハンカチを準備したさ
もうすぐ、列車は出る
私はホームに1人残り、あなたは、駅にいる私を見る
君は小さな声で僕にさよならを言う。花束を持って。
いい子にしてると約束して
毎日、私のことを考えると
そして、僕たちの家に戻って、大人しく僕の帰りを待っていると

※歌詞はこちらを参考にしました⇒Francoise Hardy Lyrics – Puisque Vous Partez En Voyage (duet with Jacques Dutronc)

単語メモ

accompagner  一緒に来る

se moquer de ~をばかにする

quinze jours 2週間
「15日」で2週間です。詳しくは⇒フランス語の数字【第17回】~15(カーンズ)

compter les heures [les jours, les moments]
(期待や不安で)時のたつのを長く感じる、今か今かと待つ

se quitter (互いに)別れる、離別する

marche 階段のステップ

usage 慣例、慣習、しきたり

verrez < voir の単純未来形

補足

最初のほうで、デュトロンが話す言葉は、il(彼が)となっていますが、これはわざと自分のことを3人称で描写しています。

アルディや、デュトロンとのことはこちらの記事で詳しく書いています。
歌と訳詞:霧のコルヴィザール~フランソワーズ・アルディ

相手のことをvousで呼んでいますが、古い歌だからでしょうかね。

ジャン・サブロンとミレイユのPuisque vous partez en voyage 

オリジナルは、ジャン・サブロンとミレイユという往年のシャンソン歌手のデュエット。この動画には当時の列車のことなど出てきておもしろいです。


※YouTubeで見る方はこちらから⇒Puisque vous partez en voyage – Mireille et Jean Sablon

歌詞は一部違っており、男女が入れ変わっているところもあります。

いかがでしたか?
オリジナルのミレイユとサブロンのほうは、ピアノ伴奏だけで、なかなかいい感じですね。

この続きはこちら⇒歌と訳詞:「あなたが旅立つというので」~フランソワーズ・アルディ 後半



  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね☆

◆お気に入り登録は Ctrl+D

◆ツイターで更新情報、フランス語の表現などつぶやいてます。
◆つぶやきのログはこちら ⇒pen(@mlle_pen) - Twilog
◆Feedlyでフィードをとって読むと何かと便利↓↓penも愛用中
follow us in feedly

逆アクセスランキング☆彡

毎月1日にリセットします
どなたもふるってご参加を!
2以上のアクセスから参加できます(^O^)/
アクセスランキング

アーカイブ

このブログの運営者

運営者こんにちは。フランス語愛好家のpenと申します。 フランス語を自宅で学習して正味3年8ヶ月です。おもにインターネットの講座とラジオ講座(ストリーミング放送)を利用してます。学習するにつれて自分の世界がどんどん広がってきました。
このブログには日々の学習や、フランス語について書いています。コツコツ謙虚に学んでいきたいです。もう少し詳しい自己紹介はこちら⇒penはこんな人
プライバシーポリシー・免責事項・著作権

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちらからどうぞ
封筒
⇒お問い合わせフォームへ

お気軽に^^