昭和のペンギンが、平成21年にフランス語開始。インターネットがあるから家でも勉強できるよ。あなたも一緒にどうですか?

menu

フランス語の扉を開こう~ペンギンと

ムフタール通りのマルシェ「虎と小鳥のフランス日記」第5話

ムフタール通りのカミーユ

虎と小鳥のフランス日記のバック・ナンバー、今週は第5話です。

この回は第4話 サント・ジュヌヴィエーヴの丘の続きで、カミーユがムフタール通りのマルシェで買い物をします。

ムフタール通りはパリの5区にあるゆるやかな坂道。約700メートルの通りに、八百屋、果物屋、チーズ屋、酒屋などさまざまな食品店が並び、毎日のようにマルシェが行われる通称「パリの胃袋」と呼ばれる場所です。

パリに住む人々の胃袋を支えているというわけ。

グルメな人なら「むふっ」と喜んでしまいそうなこの場所。通称もLa Mouff(ムフ)です。

サヴォア風チーズフォンデュ「虎と小鳥のフランス日記」第122話で登場した店もこの界隈にありました。

きょうのメニュー
・3つのキーフレーズ
・キーフレーズの解説
・ムフタール通り

では、ムフをチェックしましょう。

3つのキーフレーズ

よくしゃべる店員のいるコーヒー店でのやりとり。

コーヒーを買う

自宅用のコーヒーが欲しいのですが。

コーヒー豆店@ムフタール通り

Je voudrais un café pour chez moi.

買うものを相手に伝える

こちらにします。

コーヒー豆店@ムフタール通り

Ben, je vais essayer celui-là.

袋がほしいかどうか聞く(店員さんが)

袋は入りますか?

コーヒー豆店@ムフタール通り

Vous voulez un sac ?

キーフレーズをちょっと解説

これください

Je voudrais ほしいもの。

きょうはvouloirがたくさん出てきました。
確か前回も出てきましたね。買い物の必須表現です。

日本語だと、あまり「ほしい(vouloir)」とは言わず、一気に「ください」となりますが、フランス語では、「ほしい」というのを条件法にして丁寧に頼みます。

●こちらは、カミーユがさくらんぼ買うときに使っていた表現

さくらんぼを2つかみほどください。
Je voudrais des cerises. Je sais pas, à peu près deux poignées.

バラで売っている場所で使えそうですね。

poignée
一握り、ひとつかみ

une poignée de sable
一握りの砂
と書くと、子どもが砂浜で、砂をげんこつ握りしてる雰囲気ですが、「一握の砂」と書くと石川啄木の歌集です。啄木の作品はフランス語でも翻訳があります。

いりますか?

Vous voulez 〇〇 ?

〇〇はご入用ですか?
〇〇をあげましょうか?

vouloirの主語を2人称にすると、相手に何かが必要かどうか尋ねる表現となります。また、「これ、どうぞ」のように、すすめる感じでも使えます。

vouloirについてはこちらをどうぞ⇒「まいにちフランス語」18:L40~動詞 vouloir

こちらにします

Je vais essayer celui-là.

essayer 「試す」という動詞を使っていますが、コーヒーを買うときに「じゃあ、今回はこれを試してみます」というニュアンスで言っています。

別にコーヒーを試着するわけではありません。

その前にさんざん、「こんなコーヒーがあります、あんなのもあります。これもおいしいですよ。これもフルーティでいいです」、などなど、いろんな選択肢を店員さんに提示されたため、「(あ~よくわからんないけど)これを試してみますわ」という感じです。

Rue Muffetard ムフタール通り

サント・ジュヌヴィエーヴの丘にある通り。

この場所はなんと新石器時代からあるそうです。古代ローマ時代はローマ人の路の一つでした。中世になって、教会が建ち始め、18世紀にだんだん今のような通りになってきます。この場所は昔からほとんど変わっていないそうです。

まさに、パリの古い通りで、食品ならなんでも揃う雰囲気。旅行サイトにも、食べ物を買うなら、ここ、といった記述が多いです。

こんな感じのところです。
40秒

※YouTubeで見る方はこちらから⇒パリのムフタール通り

キャプチャーでちょっとご紹介します。

ムフタール通り

道端で「オー・シャンゼリゼ」を歌っていましたが、みんなで楽しむ歌とダンスはマルシェが開いているときは、いつもやっていて、ピアフなど古いシャンソンを歌っているようです。古いパリの雰囲気が味わえる場所ですね。

それでは次回の虎と小鳥のフランス日記の記事をお楽しみに。

【関連記事もどうぞ】
●この日歌っていたオー・シャンゼリゼの訳詞
フランス語の歌の定番:オー・シャンゼリゼの訳詞

●カミーユが見ていた漫画、タンタンについて
タンタンについて淡々と語る アメブロです。



  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね☆

◆お気に入り登録は Ctrl+D

◆ツイターで更新情報、フランス語の表現などつぶやいてます。
◆つぶやきのログはこちら ⇒pen(@mlle_pen) - Twilog
◆Feedlyでフィードをとって読むと何かと便利↓↓penも愛用中
follow us in feedly

逆アクセスランキング☆彡

毎月1日にリセットします
どなたもふるってご参加を!
2以上のアクセスから参加できます(^O^)/
アクセスランキング

アーカイブ

このブログの運営者

運営者こんにちは。フランス語愛好家のpenと申します。 フランス語を自宅で学習して正味3年8ヶ月です。おもにインターネットの講座とラジオ講座(ストリーミング放送)を利用してます。学習するにつれて自分の世界がどんどん広がってきました。
このブログには日々の学習や、フランス語について書いています。コツコツ謙虚に学んでいきたいです。もう少し詳しい自己紹介はこちら⇒penはこんな人
プライバシーポリシー・免責事項・著作権

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちらからどうぞ
封筒
⇒お問い合わせフォームへ

お気軽に^^