昭和のペンギンが、平成21年にフランス語開始。インターネットがあるから家でも勉強できるよ。あなたも一緒にどうですか?

menu

フランス語の扉を開こう~ペンギンと

サン=テグジュペリの生涯

星の王女さま

サン=テグジュペリ
(アマゾンの画像です)

きょう、6月29日は「星の王子さま」を書いたアントワーヌ・ド・サン=テグジュペリの誕生日です。

サン=テグジュペリは1900年生まれなので、覚えやすいですね。亡くなったのは1944年7月31日で、これは彼が地中海上を飛行中に連絡を絶った日です。

最近では、2010年に生誕110周年ということで、ちょっと話題になりましたが、今年は特に何もないですね。

2年前に子ども新聞にのったサン=テグジュペリの生涯について書いたごく短い記事を読んでみました。

【サン=テグジュペリファイル】

飛行士、小説家、ジャーナリスト:「星の王子さま」の生みの親は非凡な人生を送りました。アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリについてお話しします。

大いなる夢想家

アントワーヌは1900年6月29日、リヨンで生まれました。たった4歳のときに父親を亡くしました。母親が彼と、4人の兄弟姉妹の世話をしました。

お母さんはアントワーヌに音楽、絵画などを手ほどきし、トニオ(アントワーヌの愛称)はこういうことがとても得意でした。

彼は夢見がちでぼんやりしていたので、友達は彼のことを «Pique la Lune»* と呼びました。

飛行士

飛行に魅せられていた彼は、12歳のときに初めて飛行機に乗り、21歳のときに飛行士の免許をとりました。

1926年、航空郵便会社に入り、フランス、アフリカ、南アメリカの郵便を運びました。

第二次世界大戦中は、偵察機の仕事をしました。

報道作家

1929年からは、自分の冒険を飛行士 l’Aviateur、南方郵便機 Currier Sud 夜間飛行 Vol de nuit といった小説に書き始めました。

1930年代に、レポーターになり、ロシア、ドイツ、スペインなど世界の大半の地域に行きました。この仕事は 人間の大地 Terre des hommes という作品にまとめられました。

謎の失踪

アントワーヌは1944年7月、飛行中に行方不明になります。彼の飛行機は地中海で粉々になりました。彼はドイツの飛行士に攻撃されたのでしょうか?それとも飛行の運転を誤ったのでしょうか?詳細は不明です。

彼のブレスレットと機体の残骸が55年以上たってから発見されました。

※ブレスレット
サン=テグジュペリのブレスレット

ファイル:Gourmette de Saint Exupery.jpg – Wikipediaより

※単語/表現メモ
une vie hors du commun ふつうではない
rêveur 夢見がち
distrait ぼんやりした
baptême de l’air 初飛行
brevet 免許
décrir 描写する
s’écraser 砕ける、粉々になる
gourmette ブレスレット

・Pique la Lune は直訳すると「月槍」だと思います。「昼行灯」を表す言葉でしょうが、詳細などは不明です。

・baptême de l’air この単語はスイートテーブル(翻訳講座の初回の課題) で出てきました。もちろん運転していたのは大人の飛行士です。

元記事 → Saint-Exupéry expliqué aux enfants1jour1actu

***************************************************

日本の「今日は何の日」によると、6月29日は彼の誕生日にちなんで「星の王子さまの日」です。

それときょうは「ビートルズ記念日」でもあります。1966年のこの日、ビートルズが来日しました。

JALのはっぴを着て、飛行機のタラップの上でポーズをとっている4人の写真を見たことがある方も多いでしょう。

昭和41年ですね。日本武道館で公演。前座はドリフターズでした。

話がそれましたが、子ども新聞の記事はすごくざっくり書いているので、奥さんともめていたことや、大戦当時、アメリカに亡命していたことなどは書いてありません。

そのぶん、短く単語も簡単なので、読む練習にむいていますね。

「星の王子さま」関連記事もどうぞ

もう読んだ?「星の王子さま」出版70周年
70歳だけど若々しい「星の王子さま」
「星の王子さま」の草稿がオークションへ(2012年5月)
「星の王子さま」 The Artistふう
『星の王子さま』~お役立ちリンク集【2014年最新版】



    • アン
    • 2013年 6月 30日

    大学の文学史の授業で、彼は、飛行機乗りになる前、トラックのセールスマンをしていて、口下手で1年に1台くらいしか売れなかったと、聞いたような気がします・・・なんとなく、イイお話じゃないかしら?ガンガン売ってたら、ヤダナと、思う・・・

      • フランス語愛好家
      • 2013年 6月 30日

      アンさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
      へ~、トラックのセールスしてたんですか。
      それでも一年に一台、売れたんですね。
      まあ、あんまり営業が得意な小説家っていない気がします。
      特に、サン=テグジュペリは、基本的に内気で、正直。
      世渡りがヘタだったようなので、セールスマンはむいてなかったでしょうね。
      飛行機に乗るのが好きだったのも、一人になれる場所だというのもあると思います。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね☆

◆お気に入り登録は Ctrl+D

◆ツイターで更新情報、フランス語の表現などつぶやいてます。
◆つぶやきのログはこちら ⇒pen(@mlle_pen) - Twilog
◆Feedlyでフィードをとって読むと何かと便利↓↓penも愛用中
follow us in feedly

逆アクセスランキング☆彡

毎月1日にリセットします
どなたもふるってご参加を!
2以上のアクセスから参加できます(^O^)/
アクセスランキング

アーカイブ

このブログの運営者

運営者こんにちは。フランス語愛好家のpenと申します。 フランス語を自宅で学習して正味3年8ヶ月です。おもにインターネットの講座とラジオ講座(ストリーミング放送)を利用してます。学習するにつれて自分の世界がどんどん広がってきました。
このブログには日々の学習や、フランス語について書いています。コツコツ謙虚に学んでいきたいです。もう少し詳しい自己紹介はこちら⇒penはこんな人
プライバシーポリシー・免責事項・著作権

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちらからどうぞ
封筒
⇒お問い合わせフォームへ

お気軽に^^