昭和のペンギンが、平成21年にフランス語開始。インターネットがあるから家でも勉強できるよ。あなたも一緒にどうですか?

menu

フランス語の扉を開こう~ペンギンと

音週間~耳の健康に気をつけて

ヘッドフォン

こども新聞(JDE)から音週間に関する短い記事を読みました。

音週間は、こういう訳語でいいのかどうかわかりませんが、耳の健康について、人々の意識をたかめるための週間のようです。

それでは早速訳していきます。

Semaine du son : attention les oreilles !
音週間~耳に気をつけて

中学や高校の生徒が日に1時間から2時間ヘッドフォンで音楽を聞いていることを知っていますか?また、CE1(小学校2年相当、7歳ぐらい)からは、10人のうち1人は、ヘッドフォンをしたまま眠ってしまうと話していることを。

あまりに大きな音で音楽を聞くと、耳の小さな部分が損なわれ、二度と作られることはありません。だから耳が聞こえなくなってしまう怖れがあるのです。

2004年にフランスのある技術者によって、音週間が作られたのはまさにこのためです。音週間は、何カ国かの国で、一般大衆と関係者(ヘッドフォンやMP3メーカー)の注意を促すために開催されます。

11回めの今年は、1月27日から2月1日までパリで、2月2日から9日までフランス全土、ブリュッセル(ベルギー)、そしてジュネーヴ(スイス)で催しものがあります。

5日間*に渡って、どうやって耳を守るか、音の専門家に会う方法、そして聴覚をおびやかさずに音楽を楽しむ方法など学ぶことができます。

Conseils

Pour limiter les risques de surdité, il faut faire des pauses toutes les 45 minutes.
Certains signes peuvent alerter : des bourdonnements, l’impression que ses oreilles sont bouchées, ou des douleurs aux oreilles lorsqu’on entend certains bruits.
Quand on pense avoir des problèmes d’audition, le mieux est d’aller voir un audioprothésiste, spécialiste des oreilles.

アドバイス
耳のために、45分毎に休憩をとるべきです。
こんな症状があるときは気をつけてください:ぶんぶんいう音、耳がふさがったような感じ、特定の音をきいたときに耳に痛みがある。
聴覚に問題があると思うときは、補聴器士(耳の専門家)に見てもらうのが一番です。

元記事 → www.jde.fr : Tous les articles : Semaine du son : attention les oreilles !

単語メモ

casque ヘッドフォン

s’endormir 寝つく

se reformer 再び作られる

courir le risque de inf. ~の危険を冒す

sourd 耳が聞こえない

sensibiliser 関心を持たせる

acteur 当事者

lecteur プレイヤー

se dérouler 繰り広げられる

audition 聴覚

surdité つんぼ、難聴

bourdonnement ぶんぶんいう音

bouché ふさがった、詰まった

audioprothésiste 辞書には「補聴器士」とあったのですが、お医者さんとは違うのでしょうか。

*記事には5日間とありますが、数えてみるともっとありますよね?だいたい「週間」なのだから、5日感は変。誤植かもしれません。
スケジュールなどは、音週間のサイトに書いていあります。
La Semaine du Son – Les enjeux sociétaux du sonore

※フランスの学校の学年についてはこちらの記事に書いています。
フランスの小学校:授業は長い、でも結果が伴わず・・

音週間のプロモーションビデオ


Bande annonce de la semaine du son

小さな子どもが、そんなに長く、耳にヘッドフォンを差し込んでいるのはよくないですね。しかも、そのまま眠ってしまうとは…

でも、うちの娘もたぶんやってると思います。ヘッドフォンの使用時間は休みの日は一日2時間どころじゃないですね。耳が疲れないんでしょうか?

「あまり大きな音で聞いてはいけないよ」、とずいぶん前から言ってますが、はたしてどの程度、危機感を感じているのか、はなはだ疑問です。

私が小学生のころは、日常的にヘッドフォンをしている子どもなんていませんでした。

今のような、直に耳の穴に入れるヘッドフォンができたのは、ウォークマンの登場と同じ時期でしょうか?だとしたら80年代ですね。

それまでは、競馬の中継か株式市場を聞いているおじさんが、白い短めのイヤホンを片耳にさしてるぐらいだったと思います。

実は、私も昔、ウォークマンを聞きすぎたせいで、どっちかの耳が片方より、聞こえが悪いのです。健康診断のとき、耳の検査をして、発覚した事実です。

でも「特に治療しろ」、と言われなかったので放置しています。この記事に書いてあるように治療方法はないのかもしれません。

ただ、どっちの耳が悪いのか、自分ではわからないので、そんなにひどくはないのだと思います。

ふだん当たり前のように、いろんな音を聞いていますが、耳が聞こえるというのは、大変ありがたいことなのですから、耳の健康について考えることも大事ですね。

それでは、次回の子ども新聞の記事をお楽しみに。

●トップページ⇒フランス語の扉を開こう~ペンギンと
●自己紹介⇒penはこんな人
●ご質問などはこちらから⇒お問い合わせフォーム


  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね☆

◆お気に入り登録は Ctrl+D

◆ツイターで更新情報、フランス語の表現などつぶやいてます。
◆つぶやきのログはこちら ⇒pen(@mlle_pen) - Twilog
◆Feedlyでフィードをとって読むと何かと便利↓↓penも愛用中
follow us in feedly

逆アクセスランキング☆彡

毎月1日にリセットします
どなたもふるってご参加を!
2以上のアクセスから参加できます(^O^)/
アクセスランキング

アーカイブ

このブログの運営者

運営者こんにちは。フランス語愛好家のpenと申します。 フランス語を自宅で学習して正味3年8ヶ月です。おもにインターネットの講座とラジオ講座(ストリーミング放送)を利用してます。学習するにつれて自分の世界がどんどん広がってきました。
このブログには日々の学習や、フランス語について書いています。コツコツ謙虚に学んでいきたいです。もう少し詳しい自己紹介はこちら⇒penはこんな人
プライバシーポリシー・免責事項・著作権

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちらからどうぞ
封筒
⇒お問い合わせフォームへ

お気軽に^^