昭和のペンギンが、平成21年にフランス語開始。インターネットがあるから家でも勉強できるよ。あなたも一緒にどうですか?

menu

フランス語の扉を開こう~ペンギンと

かごに入ったリンゴ

「そのタイトル、フランス語だと?」という連載を始めることにしました。

本や映画のタイトルのフランス語を調べて書く、それだけの記事です。

なぜそんな記事を書こうと思ったのか?

もちろんフランス語の勉強のためですが、特にタイトルを選んだのは以下の四つの理由からです。

1.タイトルは短い。
2.タイトルは重要。
3.フランス語で発信されているものの理解のため。
4.フランス語で話すときのネタになる。

以下に順番に説明していきますね。

1.タイトルは短い

まず、タイトルは短いので、フランス語も短く、フランス語をご存知ない方や、勉強を始めたばかりの方にもとっつきやすいと思ったからです。

たまに『二丁目の未亡人は、やせダンプといわれる凄い子連れママ』みたいに、やたらと長いタイトルもありますけど、基本は短いです。

2.タイトルは重要

名は体を表すと言われます。タイトルはその作品のエッセンスで、そのよしあしが作品の評価を決めてしまう部分があります。

うまいタイトルのつけ方を味わうのは外国語を学ぶ人には有益ではないでしょうか。

ま、それほど大げさなものでもありませんが、タイトルだけで、読みたくなったり、その逆になったりするのはよくあることです。

3.フランス語で発信されているものの理解のため。

とても有名な作品で、自分もよく知っているのに、題名が自分の想像の範囲以外のところにあると、それを言われてもピンと来ません。

よく知られている物語や映画のタイトルは、ことわざなどと同様に雑誌や新聞のヘッドラインに引用されていたり、ニュースや別の作品の中で、ふれられていることも多く、これを知っていれば、内容の理解度があがります。

4.フランス語で話すときのネタになる。

自分が好きな作品の名前をフランス語で知っていれば、ネイティブと話すときのトピックとして使えます。

会話している者どうしが、何か同じものを知っていると、きゅうに話がはずむことはよくありますね。

固有名詞のパワーでしょうか。

このような理由で、ちょっと書いてみることにしました。

フランス語が難しくなりすぎないように、なるべくやさしいタイトルを選んでいこうと思っています。

***************************************************

きょうは「白雪姫」です。

私が、ごく小さいとき絵本で読んだお姫さまが出てくるお話です。

グリム童話の一つで1812年にグリム兄弟が書きました。もとをたどるとドイツの民話です。オリジナルのドイツ語では、Schneewittchen シュネーウィットヘン で、このお姫様の名前がタイトルですね。

仏語は Blanche-Neige

発音の確認はこちらで(▶マークをクリックすると音が聞こえます)⇒

blanche (ブロンシュ)白い 形容詞で男性形は blan
neige (ネージュ)雪 eiというつづりは「エ」と読みます。

仏語の形容詞はふつう名詞のあとに来るのですが、これは固有名詞で、前に来ています。

日本語と同じで、雪のように色白のお姫様という意味です。

ちなみに、1937年のディズニーの映画のタイトルは

«Blanche-Neige et sept nains» 白雪姫と七人の小人

英語は Snow-White

■ついでに覚えられるこの物語のキーワードでごく基本的な単語三つ

・un miroir 鏡
・une pomme りんご
・une princesse お姫様 プランセス inを「アン」と発音することに注意。

この物語で印象にのこっているのは、義理のお母さんの王女さまが鏡にむかって、世界で一番の美女を聞いているところ。王女さまの爪がすごく長くて怖かったです。

それから、王女さまが変装して、りんごを売りにくるところも恐ろしかったですね。

そして一番びっくりしたのは、白雪姫が毒リンゴを食べて、バタンとたおれてしまうところ。

王子様の出現はあまり覚えていません。最後に助けてもらうことは重要なできごとですが、王女さまのキャラが強すぎて、王子さままで気を配る余裕がなかったようです。

私の絵本はディズニーの映画がベースのものでしたが、いろんな映像やお芝居、本に脚色されています。

きょうは2012年の«Mirror, Mirror»『白雪姫と鏡の女王』というアメリカ映画の予告編(仏語吹き替え版)をご紹介します。

ジュリア・ロバーツが王女さまを演じている実写版です。

41秒で、お姫様が名前をきかれ«Blanche-Neige»と答えているので、全くフランス語を知らなくても聞き取れると思います。


Blanche Neige (Mirror, Mirror) – Bande-Annonce… by Lyricis

この白雪姫はみょうに勇敢でパワフルですね。

「白雪姫」のお話をフランス語で読んでみたい方はIl étatit une histoireというネイティブの子どもむけのお話を集めたサイトにあるのでそちらでどうぞ⇒Lire l'histoire : Blanche-Neige – Contes-legendes – Il était une histoire

右側のÉcoute l’histoireを選ぶと、朗読音声を聞くことができます。

※Il étati une histore の使い方はこちらでご紹介しています⇒フランス語の子どもむけのお話が読めるサイト(音声つき)

フランス語が難しくなり過ぎないように、また、記事がやたらと長くなりすぎないように、さらっと書いていこうと思っています。この作品のフランス語名を知りたい、などリクエストがありましたら、コメントなどでお知らせくださいね。

★関連記事もどうぞ
ビュット・ショーモン公園とアリスの靴(虎と小鳥#3の補足)「不思議の国のアリス」
ティム・バートンの世界
大事なのは自分の足にあう靴をはくこと「シンデレラ」
フランス語の数字【第8回】~7(セット)「白雪姫と7人の小人たち」

第2回はこちらから⇒第2回『赤ずきんちゃん』



    • アン
    • 2013年 5月 17日

    有名なお話ほど、いざというとき、英語やフランス語のタイトルがわからん・・・と、なりがちですよね。
    日本人の男子学生が、フランスの女の子に、シンデレラシンデレラと何度も言ってわかってもらえないのを、目撃したことあります。(心の中で笑っちゃった。)
    私も、発音悪いためにサルトルがわかってもらえず、作品を言おうとしたけど、「嘔吐」って、何???と、困ったことあります。
    白雪姫はブランシュが前に来るのね。知らなかったです。フツーに逆だと思ってた。覚えておきます~。

      • フランス語愛好家
      • 2013年 5月 18日

      アンさん、こんにちは。そうですね。知っているようで知らないタイトルが多いのではないでしょうか?
      サルトルの嘔吐ね、じゃ、次回はそれにしましょうか・・・冗談です。
      サルトルなんてふるとあとが大変そうなので、しばらくは誰でもしっている童話をとりあげようと思っています。
      嘔吐は La Nausée ですね。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね☆

◆お気に入り登録は Ctrl+D

◆ツイターで更新情報、フランス語の表現などつぶやいてます。
◆つぶやきのログはこちら ⇒pen(@mlle_pen) - Twilog
◆Feedlyでフィードをとって読むと何かと便利↓↓penも愛用中
follow us in feedly

逆アクセスランキング☆彡

毎月1日にリセットします
どなたもふるってご参加を!
2以上のアクセスから参加できます(^O^)/
アクセスランキング

アーカイブ

このブログの運営者

運営者こんにちは。フランス語愛好家のpenと申します。 フランス語を自宅で学習して正味3年8ヶ月です。おもにインターネットの講座とラジオ講座(ストリーミング放送)を利用してます。学習するにつれて自分の世界がどんどん広がってきました。
このブログには日々の学習や、フランス語について書いています。コツコツ謙虚に学んでいきたいです。もう少し詳しい自己紹介はこちら⇒penはこんな人
プライバシーポリシー・免責事項・著作権

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちらからどうぞ
封筒
⇒お問い合わせフォームへ

お気軽に^^