昭和のペンギンが、平成21年にフランス語開始。インターネットがあるから家でも勉強できるよ。あなたも一緒にどうですか?

menu

フランス語の扉を開こう~ペンギンと

ハート型のキャンドル

毎週読んでいるフランスの若い女性むけのWebマガジン。ちょっと早いのですが、きょうからバレンタインデーの記事を読んでいくことにします。

タイトルは La Saint Valentin et ses mystères
バレンタインデーとその神秘

5年前の記事です。やや長いので、少しずつ読んでいきます。きょうはまず最初の2パラグラフです。

La Saint Valentin et ses mystères バレンタインデーとその神秘

聖バレンタインデー。2月14日の頃、さけては通れません。ある人たちいとっては、ゆううつな時期、ある人たちにとっては、ストレスを感じる時期、別の人たちにとっては、楽しい時期、また別の人たちにとってはまったく何でもない時期。バレンタインデーは誰にでもついてまわります。

この不思議な習慣はどこから来たのでしょうか? どんなふうに現れ、どんな影響を人間の行動に与えたのでしょうか?

日曜日の科学の番組を見るような心構えをしてください。これから、この不思議な現象を解明してみましょう。私のことは、フェイ・ロモン博士と呼んでくださいね。

歴史を少し

みなさんが思うのとは違って、聖バレンタインデーは恋人*が作り出したものではありません。この起源はさまざまな憶測をうんでいます。とにかく、なぜ聖人バレンタインの日が愛を祝う日なのでしょうか? 聖エメ(Aimée)や聖ロミオ、聖アムールの日ではなく? 

かくも有名な神さまの気まぐれの祝日、聖バレンタインデーについて、たくさんの仮説が唱えられています。残念ながら、私はどれも支持しません。

聖バレンタインデーの歴史について、ちゃんとした説明ができないからこそ、私は、この日が来ると、人間がどんな行動をとるかということを検証したいと思います。

言い換えれば、クレープを焼くのに没頭したあと、人類がバレンタインに「きみを愛していいるよ(ジュ・テーム)」と言うのか、言わないのか、ということです。

・・・和訳ここまで・・・

元記事 → La Saint Valentin et ses mystères le 31 janvier 2008

単語メモ

aux alentours de ~の周囲に、~の付近に、あたりに

déprime (話)うつ状態、落ち込んだ状態

se manifester 現れる

comportement 行動、振る舞い

tenter 試みる

toutefois それでも、しかしながら

faire l’objet de qc  ~の対象になる、を受ける

la fête du caprice à deux  le fromage caprice des dieux にかけている

s’employer à ~に没頭する、専念する

補足

Le fromage Caprice des Dieux

カプリス・デ・デュー
直訳は「神様の気まぐれチーズ」

1956年からあるチーズで、硬いチーズと柔らかいチーズがダブルになっているらしいです。神さまのdieux(デュー)と数字の2のdeux(ドゥ)をかけているのではないかと思います。

こちらは1989年のCM

※YouTubeで見る方はこちらから⇒Publicité – Caprice des dieux (fromage) (1989) カプリス・デ・デューの1989年のCM

après s’être employé à faire sauter des crêpes 

クレープを焼くのに没頭したあと

これはシャンドルール(La Chandeleur)のことです。毎年2月2日は、フランスで「クレープを焼いて食べる日」なのです。

※詳しくはこちらに書いています。
シャンドルール(La Chandeleur)の起源:クレープの簡単レシピつき アメブロ

確かに、バレンタインデーはシャンドルールから2週間もたたないうちにやってきますね。

1月6日のエピファニーはクリスマスから12日後ですから、これもわりとすぐに来ます。考えてみると、フランスって甘いものを食べる機会が多いですね。

もちろん、昔の人は、ふだんは甘いものなんてそんなに食べておらず、こういった祝日や記念の日に、ここぞとばかり食べていたのでしょうけれど。

さて、この記事を訳すの、大変難しかったです。洒落というか、言葉遊びが多いのですが、そのネタがまったくピンと来ない私です。

そこで、そういう言葉遊びは訳さず(訳せず)、単に意味をとっていくようにしました。

このあとは、バレンタイデーでの実際の会話例などがのっているのですが、「はたして訳せるのだろうか?」、とはなはだ不安です。

ちなみに、「バレンタインデーの起源は諸説あって、わからない」と書かれていますが、以前こども新聞の記事を訳したものがありますので、起源について、興味のある方はそちらをごらん下さい。
バレンタインデーの起源|penのフランス語日記

この続きはこちらから⇒バレンタインデーの神秘~その2

●トップページ⇒フランス語の扉を開こう~ペンギンと
●自己紹介⇒penはこんな人
●ご質問などはこちらから⇒お問い合わせフォーム


  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね☆

◆お気に入り登録は Ctrl+D

◆ツイターで更新情報、フランス語の表現などつぶやいてます。
◆つぶやきのログはこちら ⇒pen(@mlle_pen) - Twilog
◆Feedlyでフィードをとって読むと何かと便利↓↓penも愛用中
follow us in feedly

逆アクセスランキング☆彡

毎月1日にリセットします
どなたもふるってご参加を!
2以上のアクセスから参加できます(^O^)/
アクセスランキング

アーカイブ

このブログの運営者

運営者こんにちは。フランス語愛好家のpenと申します。 フランス語を自宅で学習して正味3年8ヶ月です。おもにインターネットの講座とラジオ講座(ストリーミング放送)を利用してます。学習するにつれて自分の世界がどんどん広がってきました。
このブログには日々の学習や、フランス語について書いています。コツコツ謙虚に学んでいきたいです。もう少し詳しい自己紹介はこちら⇒penはこんな人
プライバシーポリシー・免責事項・著作権

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちらからどうぞ
封筒
⇒お問い合わせフォームへ

お気軽に^^