昭和のペンギンが、平成21年にフランス語開始。インターネットがあるから家でも勉強できるよ。あなたも一緒にどうですか?

menu

フランス語の扉を開こう~ペンギンと

バレンタインデーとその神秘~その5 相手がいる人のバレンタインデー その2

木製クリップ(ハートの飾り)

フランスの若い女性向けWebマガジンにのっているバレンタインデーの記事を読んでいます。

初回はこちら⇒バレンタインデーとその神秘~その1

タイトルは La Saint Valentin et ses mystères
バレンタインデーとその神秘

きょうは5つめのパラグラフの途中から、バレンタインデーに相手がいるカップルの2つ目の事例を読んでいきます。

1人はさみしいですが、相手がいたらいたで、問題が生じる、という話でした。

L’Individu en Couple (I.C) et la Saint-Valentin カップルとバレンタインデー

別のもっと用意周到な、バレンタインデーに相手のいる人たちは、パートナーはバレンタインデーに興味がないかもしれないが、ちょっとした行ないは喜ばれるのではないかというふうに思っています。

念のため、そういう人たちは「愛しているよ」と伝えるいい方法を探し求めるのです。

問題が微妙なのはこの点においてです。何をしたらいいのか?どんなふうに、相手に適切なシグナルを送るべきか?よくわかるようにあからさまなことをしたらいいのか?どうやって毎年新しい手を思いついたらいいのか?

定番の贈り物(花、チョコレート、アクセサリー、あるいはプレゼントはなし)から、その他の物(2人でバンジージャンプをすることや、恋人の顔のついているトイレットペーパーや、命を捧げること)まで、選択の幅は大きいです。

あまりに選択肢が多いので、時に相手のいる人は、けんかになることがあります。

このようにして、間に合わせの愛の証(あかし)をおくることに頼ってしまったせいで、いくつの冷戦状態が生まれたことでしょうか?

– « Jenny, tu es comme un rossignol qui susurre à mon oreille. Laisse-moi être la branche sur laquelle tu installeras ton nid ».
– C’est quoi ce texto ? T’as bu ?
– Non, je t’envoie un poème pour la Saint Valentin, mon amour.
– Nan, pas possible : tu l’as piqué au 82222.
– Ben ? Comment tu le sais
– D’habitude, tu fais plein de fautes d’orthographe. Blaireau.
– C’est quoi un blaireau ?

「ジェニー、きみは僕の耳元でささやくナイチンゲールのようだ。僕を、君の巣に使っている1本の枝にしておくれ。」
何、この文章?飲んでるの?
いや、バレンタインデーの詩だよ。愛しい人。
うそ~、ありえないわ。文字化けかと思ったわ*
え?どうしてそんなことがわかるの?
いつものように、誤字脱字だらけだもん。ブレロー(=おバカさん)
ブレローって何?

愛の地獄は善意で敷き詰められているのです。

※元記事 → La Saint Valentin et ses mystères

単語メモ

prévoyant 用意周到な

partir d’un principe ある原則にのっとる

admettre 受け入れる

s’avérer  証明される

è l’effigie de ~の肖像のある

recours à ~に頼る(訴える)こと

rossignol ナイチンゲール

blaireau  アライグマ;(話)朴訥でひょうきんな人

L’enfer est pavé de bonnes intentions.
ことわざ:地獄は善意で敷き詰められている⇒善意も悪い結果を生むことがある;行為の伴わない善意は不十分である。

*tu l’as piqué au 82222の意味がわからないので、でっちあげました。

saut à l’élastique en tandem タンデムジャンプ

タンデムジャンプ(カップルバンジージャンプ)とは、カップルで一緒にバンジージャンプする余興(?)

saut ジャンプ
élastique ゴム
en tandem 2人一緒に

こんな感じです。

※YouTubeで見る方はこちらから⇒タンデムジャンプ(カップルバンジージャンプ)

お互いに信頼しあっていないとできないジャンプらしいです。

いかがでしたか?

バレンタインデーのプレゼントは、やはり定番のものが喜ばれるのではないでしょうか?花はいつまでも残らないので、後くされがなくてよさそうです。

★この続きはこちらから⇒バレンタインデーとその神秘~その6(終)いつもと何ら変わらないカップル

●トップページ⇒フランス語の扉を開こう~ペンギンと
●自己紹介⇒penはこんな人
●ご質問などはこちらから⇒お問い合わせフォーム


  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね☆

◆お気に入り登録は Ctrl+D

◆ツイターで更新情報、フランス語の表現などつぶやいてます。
◆つぶやきのログはこちら ⇒pen(@mlle_pen) - Twilog
◆Feedlyでフィードをとって読むと何かと便利↓↓penも愛用中
follow us in feedly

逆アクセスランキング☆彡

毎月1日にリセットします
どなたもふるってご参加を!
2以上のアクセスから参加できます(^O^)/
アクセスランキング

アーカイブ

このブログの運営者

運営者こんにちは。フランス語愛好家のpenと申します。 フランス語を自宅で学習して正味3年8ヶ月です。おもにインターネットの講座とラジオ講座(ストリーミング放送)を利用してます。学習するにつれて自分の世界がどんどん広がってきました。
このブログには日々の学習や、フランス語について書いています。コツコツ謙虚に学んでいきたいです。もう少し詳しい自己紹介はこちら⇒penはこんな人
プライバシーポリシー・免責事項・著作権

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちらからどうぞ
封筒
⇒お問い合わせフォームへ

お気軽に^^