昭和のペンギンが、平成21年にフランス語開始。インターネットがあるから家でも勉強できるよ。あなたも一緒にどうですか?

menu

フランス語の扉を開こう~ペンギンと

歌と訳詞:シェリーに口づけ~ミシェル・ポルナレフ

花瓶の中のバラ
シェリーに口づけ
画像はアマゾンより

かわいいフランス語、教えます~その11 愛をこめた呼びかけでちらっとふれましたミシェル・ポルナレフの « Tout, tout pour ma chérie »(シェリーに口づけ)を訳してみました。

上記の記事にも書きましたように、chérieは人の名前ではなく、ma chérie で「僕の恋人」「僕の愛しい人」という呼びかけです。

「シェリーに口づけ」は、おそらく日本で一番よく知られているポルナレフの作品ですね。とてもキャッチーな1969年発売の歌です。

ma chérieとmon amour という2つの愛の呼びかけが出てきますので、聞き取ってみてくださいね。

2分57秒

Tout tout pour ma cherie

では、訳詞に挑戦!

Tout, tout pour ma chérie(すべてを、かわいい君に)

すべてを、かわいい君にX4

ねえ、僕と一緒に来て
僕の腕にぶらさがって
すごく寂しいんだ
君がここにいなくて、
君の声がしなかったり、君のからだが感じられないとね
そう、だから来て!
僕のそばに来て
僕は、君のことは何も知らない
名前も、年も
それでもきみは後悔しないよ
だって、僕、あげるから、

すべてを、かわいい君にX4

Je suis sur un piédestal de cristal
Et j´ai peur un jour de tomber
Sans avoir personne à mes côtés
Mais si tu viens
Viens avec moi
Je sais qu´il y aura
Quelqu´un qui marchera près de moi
Qui mettra fin à mon désarroi

大理石の台座の上にいる僕
ある日、落ちるかもしれないと恐れている
そばに誰もいないとね
でも、もし君が
僕といっしょに来てくれたら
僕のそばで歩いてくれるその人が
僕の苦しみを終わらせてくれるってわかるんだ。

ねえ、君、僕といっしょに来て
どうしても君が必要なんだ
君への愛はあふれんばかり
ぼくに君を抱きしめさせて
さあ、僕と来て
そして、どこにも行かないで
もう何年も君を待っていた
僕の恋人、僕は何年も泣いていたんだ

※歌詞はこちらを参照しました⇒Tout, Tout Pour Ma Chérie – Michel Polnareff – Lyrics of the song

※単語メモ
piédestal (円柱、彫像などの)台座、台石 複数:piédestaux
mettre fin à qc ~を終わらせる、(問題)にけりをつける
désarroi 不安、苦しみ
serrer 抱きしめる

ワンポイントフランス語~命令法

この歌には命令法が4種類出てきますが、うまい具合に文法ポイントが入っていますので、ちょっと解説します。

命令法について詳しくはこちら⇒13:初級編L35~動詞prendreと命令法

ぜんぶtu(きみ、ma chérieと呼びかけている人)への命令法です。命令といっても、ここでは「お願い」に近いですね。

命令法はふつうの文の主語をとるだけです。

でてきた命令法とふつうの文、そして動詞の不定法を書いておきます。

ごく素直な命令法

viens – Tu viens – venir 来る
pends – Tu pends – pendre ぶらさがる

Sの脱落など少し注意が必要なもの

・-er動詞と、allerとほか一部の動詞は現在形の活用のSが脱落。
・肯定の命令法に代名詞がつく場合は動詞の後ろにおきトレデュニオンで結ぶ。
・te,meがつくときはそれぞれ強勢形(toi,moi)になる。

laisse-moi – Tu laisses – laisser …をさせておく

否定の命令法

否定のとき、代名詞はふつうの文ど同じようにneと動詞のあいだにおく。

ne me quitte pas – Tu ne me quittes pas – quitter – ~から離れる
※quitterもer動詞なので、命令法では、tuの活用からSが落ちています。

さて、この曲はいたってシンプルなラブソングですが、ひとつだけ比喩が出てきますね。

un piédestal de cristal
クリスタルの台座

なぜ、彼はこんなものの上にいるんでしょうか?お人形さん?

こわれやすいってことかもしれません。実際、ポルナレフはかなり大胆な行動をする方ですが、反面ナイーブで繊細なのです。

●ポルナレフ(1944~)の経歴については「渚の思い出」の記事で書いています。
歌と訳詞:「渚の想い出」ミッシェル・ポルナレフ

2分で彼のことを紹介したビデオを見つけましたので、貼っておきます。若いころのインタビューの映像もあります。話し声もとてもいいですね。

※YouTubeで見る方はこちらから⇒ミシェル・ポルナレフ~ミニバイオグラフィー

最後に、ピチカート・ファイヴのカバーをご紹介します。こちらもスピード感があっていいですよ。
5分5秒

※YouTubeで見る方はこちらから(静止画ですが)⇒シェリーに口づけ~ピチカート・ファイヴ

ポルナレフのデビュー曲も記事にしています⇒歌と訳詞:ノンノン人形~ミッシェル・ポルナレフ



    • 黄色い猫
    • 2016年 3月 03日

    すごく素敵な和訳ありがとうございました。
    読んでて本当に感動しました。
    YOUTUBEで聴きながら歌詞読むと最高ですね!!
    これからも活躍してくださいね。

      • フランス語愛好家
      • 2016年 3月 04日

      黄色い猫さま

      はじめまして。penです。

      コメントありがとうございます。
      訳詞を楽しんでいただき、うれしいです。

      これからもよろしくお願いいたします。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね☆

◆お気に入り登録は Ctrl+D

◆ツイターで更新情報、フランス語の表現などつぶやいてます。
◆つぶやきのログはこちら ⇒pen(@mlle_pen) - Twilog
◆Feedlyでフィードをとって読むと何かと便利↓↓penも愛用中
follow us in feedly

逆アクセスランキング☆彡

毎月1日にリセットします
どなたもふるってご参加を!
2以上のアクセスから参加できます(^O^)/
アクセスランキング

アーカイブ

このブログの運営者

運営者こんにちは。フランス語愛好家のpenと申します。 フランス語を自宅で学習して正味3年8ヶ月です。おもにインターネットの講座とラジオ講座(ストリーミング放送)を利用してます。学習するにつれて自分の世界がどんどん広がってきました。
このブログには日々の学習や、フランス語について書いています。コツコツ謙虚に学んでいきたいです。もう少し詳しい自己紹介はこちら⇒penはこんな人
プライバシーポリシー・免責事項・著作権

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちらからどうぞ
封筒
⇒お問い合わせフォームへ

お気軽に^^