昭和のペンギンが、平成21年にフランス語開始。インターネットがあるから家でも勉強できるよ。あなたも一緒にどうですか?

menu

フランス語の扉を開こう~ペンギンと

白鳥の子

白鳥の子とアヒルの子

『みにくいアヒルの子』のフランス語のタイトルをご紹介します。

『マッチ売りの少女』、『人魚姫』、『赤い靴』と同じ、アンデルセン(1805-1875)の作品です。1843年に出版されたました。

これまで紹介した作品は悲しい結末ですが、『みにくいアヒルの子』はハッピーエンド。だたし、この結末を幸せなものにするためなのか、その日までこのアヒルの子はとても悲しい思いをします。

きょうも簡単にあらすじをご紹介しますね。

『みにくいアヒルの子』のあらすじ penバージョン

ある夏の日、農場のうらで、お母さんアヒルが卵をあたためていました。1つだけ、みょうに大きな卵があり、なかなか生まれないのです。

近所のおばあさんアヒルが様子を見に来ます。

「まだ生まれないの?それにしても大きな卵ね~。もしかしたら七面鳥じゃないの?私、前に七面鳥の卵かえしたことあるんだけど、全然泳げないのよ。グワッって鳴けないし。きっと七面鳥よ。もうほっといて、他の子たちの面倒見たほうがいいわよ。」

よくしゃべる近所のおばあさんアヒル。

お母さんアヒルはせっかくここまであたためたのだし、もう少しあたためてみることにしました。

とうとう生まれました。

「あらま~大きな子。それに他の子に全然似てない・・。なんか、ブサイク。やっぱり七面鳥なのかも?」

お母さんアヒルはふと疑念にかられましたが、泳ぐときになればわかることだし、ま、いいや、と気持ちを切り替えました。

翌日、グワっと鳴いたり、泳ぐ練習をさせるため、おかあさんアヒルは子どもたちを池に連れていきました。

一匹だけやけに大きく、灰色で汚いアヒルも、水に入れてみたらそこそこうまく泳ぎます。

「ちゃんと泳いでる。見た目は今ひとつだけど、やっぱりわたしの子だったわ。」

おかあさんアヒルは安心しました。

でも、近所のアヒルはめざとく、この大きなアヒルを見つけ、

「あんた、不器量ね~。」

「ほんと、みっともないやつ!」

とひどいことを言います。

とあるアヒルにはいきなり首をかまれ(何もしていないのに!)、自分の兄弟にはどつかれます。自分よりちょっと先に生まれた雛鳥たちからは、羽ではたかれ、農場のお嬢さんには足でガシッとけられました。

それもこれも、このアヒルがみにくいからです。

来る日も来る日もいじめが続くので、思い余ってこのアヒルは家出をしました。

野生の鴨(カモ)に、

「きみ、いったいどこのアヒル。なんでそんなへんてこりんな顔なの?」

「確かに、驚くほどみっともないやつだが、僕達の仲間をお嫁にくれと言わないなら、そばにいてもいいぞ。」

と言われます。傷つき、また別の場所へ。

雁(ガン)が二匹寄ってきて、空から、

「きみ、すごく変な顔だね。でも、そこが気にいった。よかったら、僕達と渡り鳥にならない?」

と誘われました。

初めて聞いた友好的な言葉。詳しく話を聞こうとすると、いきなり、銃声がとどろき、友達になれそうだった雁は、二匹とも池にぼとっと落ちて、死んでしまいました。

猟が始まったのです。

幸か不幸か、みにくいアヒルは、猟犬にも相手にされず、命拾いしました。

アヒルの放浪は続きます。どこへ言っても「みっともないやつ」とののしられ、いじめられます。アヒルはとことん落ち込みます。季節はめぐり秋から冬、そして、春になりました。

悲しみでいっぱいのアヒルは

「もう死ぬしかない」と思いました。

たまたまそばを白鳥が三羽、優美に泳いでいます。実は、以前、白鳥が群れをなして飛んでいるのを見たことがあり、アヒルはその美しい姿に感銘していました。

「あんなきれいな鳥のそばに、みっともない僕が行けば、きっと殺されるに決まってる。いっそ、殺してもらおう。」

アヒルは白鳥に近づきました。白鳥たちは、アヒルを見て、翼をひろげて、急いで近づいてきます。

「殺してください!」

アヒルは、頭をさげ、殺されるのをじっと待ちました。

ふと見ると、水の上に自分の姿があります。でも、見慣れたいつもの自分ではありません。

灰色のボディは、いつのまにか、美しい白になっていました。

そう、このアヒルは実は白鳥だったのです。

白鳥のイラスト

おわり。

「みにくいアヒルの子」はフランス語で

Le vilain petit canard

le 男性名詞につく定冠詞
vilain (名詞の前で)醜い、見苦しい
petit 小さな
canard アヒル

白鳥は un cygne(シーニュ)

英語は The ugly duckling です。

ディズニーの1939年のアニメ映画より

ディズニー「みにくいアヒルの子」

★こちらは絵本の読み上げです。
小さい子どもむけにやさしいフランス語で書かれ、読み上げもゆっくりです。
40分ありますので時間のあるときにどうぞ。

※YouTubeで見る方はこちらから⇒「みにくいアヒルの子」フランス語の絵本

dotline470

この話は完全にアンデルセンの創作で、伝承の昔話をベースにしたものではありません。

アンデルセン自身がとても背の高い大男で、鼻も大きいですね。

アンデルセンの肖像

30歳頃のアンデルセンの肖像画。前を向いてるから鼻が目立っていませんが・・・

彼は歌やお芝居が好きで、一番最初は歌手か俳優になるつもりでした。子どものとき、歌を歌うと上手なのに、姿形がまずいせいで、笑われたそうです。

そういう体験を書いたのかもしれません。

また、本当はデンマークの王子の愛人の子どもだったのではないか、という説もあります。

でも、彼はすごく想像力が豊かだったから、靴屋さんの子どもでいても、このぐらいは楽に書けたと思います。

この話はハッピーエンドだから人気がありますね。

主人公のアヒルは特に何をしたというわけでもありませんが、いじめられても、じっとたえて自分自身でいたから、最後に居場所を見つけることができたのでしょう。

次の「タイトルのフランス語」はこちら⇒第11回『シンデレラ』

■関連リンク■

青空文庫⇒ハンス・クリスチャン・アンデルゼン Hans Christian Andersen 菊池寛訳 醜い家鴨の子 DEN GRIMME AELING

オリジナルのフランス語訳⇒Le Vilain Petit Canard (Andersen-Soldi) – Wikisource

***************************************************
★このシリーズを最初から読む方はこちらから
第1回『白雪姫』
***************************************************



  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね☆

◆お気に入り登録は Ctrl+D

◆ツイターで更新情報、フランス語の表現などつぶやいてます。
◆つぶやきのログはこちら ⇒pen(@mlle_pen) - Twilog
◆Feedlyでフィードをとって読むと何かと便利↓↓penも愛用中
follow us in feedly

逆アクセスランキング☆彡

毎月1日にリセットします
どなたもふるってご参加を!
2以上のアクセスから参加できます(^O^)/
アクセスランキング

アーカイブ

このブログの運営者

運営者こんにちは。フランス語愛好家のpenと申します。 フランス語を自宅で学習して正味3年8ヶ月です。おもにインターネットの講座とラジオ講座(ストリーミング放送)を利用してます。学習するにつれて自分の世界がどんどん広がってきました。
このブログには日々の学習や、フランス語について書いています。コツコツ謙虚に学んでいきたいです。もう少し詳しい自己紹介はこちら⇒penはこんな人
プライバシーポリシー・免責事項・著作権

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちらからどうぞ
封筒
⇒お問い合わせフォームへ

お気軽に^^