昭和のペンギンが、平成21年にフランス語開始。インターネットがあるから家でも勉強できるよ。あなたも一緒にどうですか?

menu

フランス語の扉を開こう~ペンギンと

歌と訳詞:すてきな王子様~フランス・ギャル

天使

4 Albums Originaux
amazon.jpより

『眠れる森の美女』はフランス語だと? の記事にアンさまより「プリンス・チャーミングにあたるフランス語をあるか」というコメントをいただきました。

そのコメントの返事を書いているとき、フランス・ギャルの『すてきな王子様』« Un prince charmant »という曲を思い出しましたので、きょうはこちらをご紹介します。

やはり王子さまは白馬に乗ってくるようです。

では、まず聞いてください。とってもさわやかな曲です。

1965年 18歳ぐらい

最初とサビの部分の歌詞だけオリジナルを引用します。

Un prince charmant
すてきな王子様

Un prince charmant sur un cheval blanc
Galopait dans mes rêves d´enfant
Dès que je dormais je le retrouvais
Et alors il m´emmenait

白馬に乗ったすてきな王子様
子どものころ私の夢の中に駆けてきたの
眠りにつけば、すぐに会えたの
そして、彼は私を連れて行った。

森の奥に彼のお城があった
そこでは、彼のお母さんが先に私を待っていてくれた
王子様は急いで着替え、私も急いで髪を整えて
真夜中に、彼は私と結婚したの

★Tu sais il ne faut pas m´en vouloir
J´avais à peine 15 ans
Non tu sais il ne faut pas m´en vouloir
Ce n´était qu´un prince charmant

あのね、私をほしがるわけにはいかないでしょ
私、まだ15歳になったばかり
ううん、私をほしがるわけにはいかないでしょ
すてきな王子様のままでいなくちゃ★

白馬に乗ったすてきな王子様
子どものころ私の夢の中に駆けてきたの
もし、彼が怪我をしたら、私がやさしくなでてあげた
そして王子様はよくなったの

私のことを愛していた彼は王様になったの
何をするのも楽しかったころ
あなたは何でもできて、何にでもなれたけど、
それで好きになったんじゃないのよ

★~★ 繰り返し

白馬に乗ったすてきな王子様
子どものころ私の夢の中に駆けてきたの
私と踊り、キスをしてくれた
そして私の人生が始まったの

ええ、私あなたをずっと愛し、あなたの妻になる
私は決して忘れない
白馬に乗った王子様のことを
私の見た美しい夢、15歳の頃の私を

歌詞はこちらを参照願います⇒Un Prince Charmant – France Gall – Lyrics of the song

★単語メモ
pourras < pouvoir 単純未来 galopait < galoper 馬がギャロップで走る。ギャロップについてはこちらを⇒フランス語のことわざ12~三つ子の魂百まで

サビの部分、私の訳であってますよね?
雰囲気はまるで違いますが、山口百恵の「青い果実」や「ひと夏の経験」の歌詞と微妙にかぶる感じがあります。

でも、フランスって感じもします。

さて、日本語のレコーディングも見つかりましたので、ご紹介します。こちらは清純路線を貫いています。

フランス・ギャル、たぶん自分が何を歌っているのか全くわかってないと思いますが、日本語、うまく聞こえますよね? こういうところが彼女の才能なのかもしれません。

2分34秒

dotline470

「白馬に乗った王子様」は女性にとって運命の相手を象徴しています。

自分にぴったりあった理想の相手。一緒になれば必ず幸せになれる人。

今はこんなふうに思っている人はいない気もしますが「結婚だけが女性の幸せ」と考えられていた頃はこういう王子さまのイルージョンがあったのでしょうね。

私は子どものころ、白馬に乗った王子様的なものには全くあこがれていませんでした。

でも、自分はこの家の子どもじゃなくて、いつか本当のお金持ちのお父さんとお母さんが、迎えに来てくれるんじゃないだろうか、とは思ってました。

誰も迎えに来てくれませんでしたが。

・・・関連記事もどうぞ・・・
【フランス・ギャル】
おしゃまな初恋:フランス・ギャル~歌と訳詞、フランス・ギャルの詳しいプロフィールつき
歌と訳詞♪:『夢見るシャンソン人形』・フランス・ギャル アメブロ
歌と訳詞:Laisse tomber les filles~フランス・ギャル(娘たちにかまわないで

【王子さま】
もう読んだ?「星の王子さま」出版70周年
70歳だけど若々しい「星の王子さま」

【馬】
馬術のチャンピオン、ペネロペ・ルプレヴォス
馬肉入りラザーニャ問題

dotline470

2013/06/19追記 フランス語学習仲間のbird_birdさんも同じ曲を訳してブログの記事にされています

bird_birdさんは時制など分析しながら訳して、独自の解釈をしておられるので、ごらんになってね。

penのブログは初心者すぎて物足りない方にもbird_birdさのブログはおすすめです。スタートレック好きな人なんかもお話があうかも・・

フランス語の歌 Un prince charmant 素敵な王子様:フランス語、いつか小鳥のように…:So-netブログ



  1. 私を欲しがるわけにはいかないでしょ。

    なんて、魅惑的な訳ですね♪

    私もPenさんと同じで、お金持ちがどうかはともかく、
    別のところに本当のお母さん、お父さんがいるのかも・・・
    と思ったことは何度かあります。

    「橋の下で泣いているのを連れてきたんだよ^^」

    と明るくブラックユーモアを言う母だったもので。
    (真相は、もう母が亡くなったので
    確かめようがありませんが)

      • フランス語愛好家
      • 2013年 6月 14日

      月子さん、こんにちは。コメントありがとうございます。
      え^^;魅惑的な訳ですか?う~ん。どう訳そうかちょっと悩んだところです。

      昔の親ってたまに「あんたはこの家の子じゃない」って叱りませんでしたか?
      だから、そうなのかもと思ってましたよ。

      お母様、ブラックユーモア好きだったのですね。私もです。

  2. サビを私も訳してみました。

    ねえ、私のことを悪く言わないで
    私はほんの15歳だったのよ
    そうよ。お願い、私のことを怒らないで
    あれは、おとぎ話の王子さまにすぎなかったのよ

    状況としては、今彼に過去の夢の中での王子様との出来事を謝っているという解釈です。
    なんか私が訳すと殺伐としてしまうみたいで、
    自分の品性の無さが情けなくなりました。

      • フランス語愛好家
      • 2013年 6月 18日

      bird_birdさん、こんにちは。

      実は私はこれを訳したときtuって誰なのか今ひとつわからなかったのです。
      もしかしたら今目の前にいる人かもしれません。

      該当の箇所は、sais が現在形だから、私のことを悪く思うべきではない、かもしれないです。
      おしまいのほうに出てくるtu toi が、今、目の前にいる人かもしれないです。
      でもそうすると、なんかタイトルが合わない気がしたのと、
      以下のようにところどころ、論理が私的につながってないきがしたので、
      登場人物は王子様と、その母と、フランス・ギャルだけにしてしまいました。

      最初 Un prince charmant って出てきて、
      つぎにこれをilで受けてます。これは普通ですね。

      そして、
      Au fond des forêts il avait un palais
      Où déjà sa mère m´attendais
      Vite ton habit et vite on me coiffait
      À minuit, il m´épousait

      この Vite ton habit et vite on me coiffait は
      プリンスのお母さんがプリンスに言ってるってことかもしれませんが

      おしまいのほうの、
      Par amour pour moi il devenait Roi
      Quand on aime on fait n´importe quoi
      Toi tu deviendras ce que tu pourras
      Je ne t´aime pas pour ça

      王子さまは王様になった
      人は好きあっていれば何でもできる
      あなたは、何にでもなれる
      でもそれで好きになったわけではない

      ってどういうことなのか、とか?

      Un prince charmant sur son cheval blanc
      Galopait dans mes rêves d´enfant
      Tu m´as fait danser, tu m´as embrassé
      Et ma vie a commencé

      ここのtuのところは複合過去形なってるから、
      半過去のとこは王子様との過去で、
      複合過去のところは今の彼とのことなのかとも思えるけど、
      でもなんか論理がうまくつながってないし・・
      だって、王子さまが夢にでてきた、とか行って、
      なんであなたとダンスした、なんていきなり言うのか?

      などと悩みました。

      ※ミスタイプは、訂正しておきました。

  3. 昨日はさらっと見ただけでしたが、思い切って全訳したので、
    サイトにアップしました。
    時制と人称だけをヒントに解釈しまくったので、
    合っているとは思えないですが、面白かったです。
    わざわざリンクは張らないでいいけど、良ければ見てください。

      • フランス語愛好家
      • 2013年 6月 19日

      bird_birdさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
      >思い切って全訳した
      そうですか。素晴らしいですね。
      では、あとで拝見します。
      リンク、もちろん記事内に貼ります。
      それもなるべく目立つように・・

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね☆

◆お気に入り登録は Ctrl+D

◆ツイターで更新情報、フランス語の表現などつぶやいてます。
◆つぶやきのログはこちら ⇒pen(@mlle_pen) - Twilog
◆Feedlyでフィードをとって読むと何かと便利↓↓penも愛用中
follow us in feedly

逆アクセスランキング☆彡

毎月1日にリセットします
どなたもふるってご参加を!
2以上のアクセスから参加できます(^O^)/
アクセスランキング

アーカイブ

このブログの運営者

運営者こんにちは。フランス語愛好家のpenと申します。 フランス語を自宅で学習して正味3年8ヶ月です。おもにインターネットの講座とラジオ講座(ストリーミング放送)を利用してます。学習するにつれて自分の世界がどんどん広がってきました。
このブログには日々の学習や、フランス語について書いています。コツコツ謙虚に学んでいきたいです。もう少し詳しい自己紹介はこちら⇒penはこんな人
プライバシーポリシー・免責事項・著作権

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちらからどうぞ
封筒
⇒お問い合わせフォームへ

お気軽に^^