昭和のペンギンが、平成21年にフランス語開始。インターネットがあるから家でも勉強できるよ。あなたも一緒にどうですか?

menu

フランス語の扉を開こう~ペンギンと

ミシェル・フュガンの『愛の歴史(Une Belle Histoire)』の歌と訳詞~時制の学習に最適です

愛の物語

ミシェル・フュガンの1972年の大ヒット曲、Une Belle Histoire愛の歴史)という曲をご紹介し、訳詞をします。ひと夏の恋の歌です。

☆動画が終わったあとCMが出ますが、右上のぺけマークを押せば止まります。


Michel Fugain Une belle histoire

日本ではサーカスがカバーした「Mr.サマータイム」がヒットしました(後半で紹介しています)。


Une Belle Histoire ある美しい物語

C’est un beau roman, c’est une belle histoire
C’est une romance d’aujourd’hui
Il rentrait chez lui, là-haut vers le brouillard
Elle descendait dans le midi, le midi
Ils se sont trouvés au bord du chemin
Sur l’autoroute des vacances
C’était sans doute un jour de chance
Ils avaient le ciel à portée de main
Un cadeau de la providence
Alors pourquoi penser au lendemain

それは美しい小説、それは美しい物語
現代の恋の物語
彼は自分の家へ帰ろうとしていた。北の霧のほうへ
彼女は南へ、南仏へ向かっていた
二人は道の端で出会った
ヴァカンスにむかう高速道路の
幸運な日だったことは疑いない
手の届く所に空があったのだ
神さまの贈り物が
翌日のことなど、なぜ考える必要があったろう

二人は大きな麦畑に身を隠した
流れに身を任せたんだ
始まったばかりの自分たちの人生について語った
まだ子どもに過ぎなかったのだ。子どもだ
道の端で出会った
ヴァカンスにむかう高速道路の
幸運な日だったことは疑いない
2人は天国を手にしたのだ
人が幸運をつかむように
明日のことは考えていなかった

それは美しい小説、それは美しい物語
現代の恋の物語
彼は自分の家へ帰ろうとしていた。北の霧のほうへ
彼女は南へ、南仏へ向かっていた
2人は昼前に、道の端で別れた
ヴァカンスにむかう高速道路の
それは幸運な日の終わり
2人はまたそれぞれの道に向かった
手をふりながら、幸運に感謝した

Il rentra chez lui, là-haut vers le brouillard
Elle est descendue là-bas dans le midi
C’est un beau roman, c’est une belle histoire
C’est une romance d’aujourd’hui

彼は自分の家、北の霧のほうへ帰っていくのだろう
彼女は南仏に下って行ったのだ
それは美しい小説、それは素晴らしい物語
現代の恋の物語

☆歌詞はこちら⇒Fugain Michel – Une Belle Histoire Lyrics | MetroLyrics

単語メモ

providence  神の摂理、救いの神 la Providence 神

cueillirent < cueillir  摘む、迎える creux  くぼみ au creux de la main  手のひら、たなごころ reprirent < reprendre  単純未来 saluèrent < saluer   単純未来 敬意を表する、たたえる faire un signe de la main  手で合図をする

この曲に出てくる時制について

歌詞には5つの時制が出てきます。

現在形

物事の説明。
C’est un beau roman

半過去形

物語を語っている箇所、状況を伝える。
Il rentrait chez lui 彼は家路に向かっていた

単純過去

過去の1点をズームアップ。
Ils reprirent alors chacun leur chemin
Saluèrent la providence en se faisant un signe de la main
手を降って別れの挨拶をしているところがズームアップ

単純未来形

これから起きること。
Il rentra chez lui, là-haut vers le brouillard
彼は自分の家、北の霧のほうへ帰っていくのだろう

複合過去

複合過去は話者が強調したい大事なできごとを述べています。半過去は背景描写です。

詳しくは
「まいにちフランス語」34:L56 2つの過去~半過去と複合過去

半過去と複合過去の使い分け~仏作文力養成講座第4回 後半

Ils se sont trouvés au bord du chemin
Ils se sont cachés dans un grand champ de blé
Ils se sont quittés au bord du matin

Il rentra chez lui, là-haut vers le brouillard
Elle est descendue là-bas dans le midi

彼は北の霧のほうに向かうのだろう
彼女は南に下って行った

彼が車で出発したのを見送って、女性も逆方向に車を走らせてこの物語が終わります。

「愛の歴史」はこのアルバムに入っています。

ミュシェル・フュガンの春の曲もどうぞ

ミュシェル・フュガン Une Belle Histoire カテリーナ・カセッリとデュエット

カセッリはイタリアの歌手。彼女が登場してからイタリア語になります。


※YouTubeで見る方はこちらから⇒michel fugain – Une belle histoire

サーカス:「Mr.サマータイム」

1978年のヒット曲。このメンバーとしてサーカスのデビュー曲です。子の年のカネボウのキャンペーンソング。サーカスはリードボーカルがお姉さん、男性2人がその弟、もう1人の女性が従兄弟という、ファミリー・グループ。

このアレンジはフランスというよりアメリカンな感じがしますが、こちらも好きです。


レイモン・ルフェーブルの「愛の歴史」


※YouTubeで聞く方はこちらから⇒RAYMOND LEFEVRE-UNE BELLE HISTOIRE

いかがでしたか?

Mr.サマータイムって、夏に会った行きずりの恋人のことのことなのか、もともといた恋人のことなのか、何度聞いてもよくわかりません。どっちみち彼女は両方とも失いました。美しい思い出が残っているからいいのでしょうか?

それでは次回の歌の回をお楽しみに。







関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね☆

◆お気に入り登録は Ctrl+D

◆ツイターで更新情報、フランス語の表現などつぶやいてます。
◆つぶやきのログはこちら ⇒pen(@mlle_pen) - Twilog
◆Feedlyでフィードをとって読むと何かと便利↓↓penも愛用中
follow us in feedly

更新情報をメールで配信中。

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

アーカイブ

このブログの中を検索

このブログの運営者

運営者こんにちは。フランス語愛好家のpenと申します。 フランス語を自宅で学習して正味3年8ヶ月です。おもにインターネットの講座とラジオ講座(ストリーミング放送)を利用してます。学習するにつれて自分の世界がどんどん広がってきました。
このブログには日々の学習や、フランス語について書いています。コツコツ謙虚に学んでいきたいです。もう少し詳しい自己紹介はこちら⇒penはこんな人
プライバシーポリシー・免責事項・著作権

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちらからどうぞ
封筒
⇒お問い合わせフォームへ

お気軽に^^