昭和のペンギンが、平成21年にフランス語開始。インターネットがあるから家でも勉強できるよ。あなたも一緒にどうですか?

menu

フランス語の扉を開こう~ペンギンと

トリュフォー監督の処女作は『ある訪問』~入門日記第8回

pen 学習中

二ヶ月ほど間があきましたが、フランス語の学習を始めたばかりのころの日記の続きを掲載します。

私は、2009年の春にフランス語の学習を始めました。

当時使っていた教材は
・ラジオ講座(パソコンのストリーミング放送を利用)
東外大言語モジュール|フランス語です。

開始二ヶ月後あたりから、トリュフォー監督の映画のタイトルを辞書でひきながら、語彙を覚えようとしていました。

きょうの日記はトリュフォー監督のお世話になることを決意の続きです。

***************************************************

2009年6月1日の日記の後半部分

注:おもしろくありません。

さて、上記サイトにトリュフォーの一番最初の作品としてあげられているのは、1954年の「Une visite」

辞書*をひいたら、visitとあったから「ある訪問」。この単語は英語にそっくりで、発音もほぼ同じ。ちなみにこの名詞の性別は女性。

あらすじも書いてあるのだが、読めないのでGoogleに英訳してもらったところ、部屋探しをしていた男性が、広告で見つけた番号にかけると女性が応対。

その女性には不幸な結婚をしたお兄さんがいて、男性はこのお兄さんの5歳の娘を押し付けられる、といった感じ。

なるほど若い女性がベッドの上に腹ばいになって電話をしている画像があった。ボーイミーツガールタイプの映画のようである。訳文を見たらすでにテキストで見かけて知っているはずの単語がいくつかあった。

un garçon 若い男性。これぐらいはわかったのだが、
une fille  若い女性。これはまだちょっとあやふや。
arrive arriverの活用したもの。とテキストに出てきたけど、もちろん活用はまだ覚えてない。
petite fille âgée de cinq ans 5歳の女の子 âgée deというのは初めて見たが、filleを修飾しているんだろうとは想像がつく。

英語とよく似た単語(電話など)もいくつかあるので、訳文を読んだあとこの単語はこんな意味なんだな、とうっすらわかるのだが、フランス語の文章を見ただけだと、そういうふうな情報としては入ってこない。

今の段階では訳文を読んで仏文を読んだ方が勉強になるかもしれない。

データによると、この映画は16ミリフィルムの白黒(noir et blanc)で、長さ(durée)は7分40秒。脚本は(scénario)はトリュフォー。

トリュフォーは1932年生まれ。私の母より1歳年上、グールド(ピアニストの)と同い年。残念ながらトリュフォーもグールドも80年代に亡くなってしまった。おかげさまで母は健在だ。

*注:仏英辞書です⇒初めて買った辞書:Oxford Learner’s French Dictionary

***************************************************

この日記で私がチェックしていた仏文はトリュフォー監督のファンらしき人が作っていたホームページでした。

こうしたファンが作ったサイトというのは、その対象を本当に好きであるために、みょうに力があります。

公式サイトなどのほうがデータは豊富でしょうが、こちらは暗い図書館でひんやりたたずんでいる古い百科事典のような趣です。

ファンサイトは熱いです。ものすごくマニアックに調べてあったり、想像もつかないようなことに着眼していたり、とにかく読んでいてずっとおもしろいですね。

この方のサイトは、わりと専門的でもあったので、もしかしたら何かの形で映画を作るような仕事をしている人だったのかもしれません。

作品ごとにデータと解説がありましたが、とても充実している雰囲気でした(フランス語がろくに読めなかったのでここは推測)。

でも、ある日をさかいにサーバー上から消えてしまいました。古いサイトだったので、サーバーとの契約が切れてしまったのかもしれません。

何の告知もなかったので、どこかに引っ越したようでもありませんでした。

あれだけのコンテンツがネット上のブラックホールに消えてしまったのだとしたら、こんなに残念なことはありません。

どこか別のところに何かの形で掲載されていることを願っています。

dotline470

「ある訪問」スティル

«Une visite(ある訪問)» は7分ぐらいの短い作品です。

1954年、トリュフォーはカイエ・デュ・シネマという映画の批評誌に原稿を書いていた映画批評家でした。21歳か22歳ぐらいですね。

その夏、彼が初めて作った映画です。撮影機材はロメール監督に借りたようです。

長らく幻の作品でしたが、1982年に関係者の家で発見されました。あんまりしっかり確認していませんが、これはコピーだと思います。

撮影はジャック・リヴェット Jacques Rivette ですね。

リヴェット監督は、1928年生まれで現在85歳。まだまだお元気のようです。

過去の日記、しばらくマニアックにトリュフォーのことを書いているので^^;、掲載するかどうか未定です。

***************************************************
このシリーズはほかに、
● フランス語を始めたばかりの頃
● フランス語を始めて二ヶ月たった頃
● 初めて買った辞書:Oxford Learner’s French Dictionary
● 初めて買った教材はラジオ講座のテキスト
● ラジオ講座を聞き始めたものの・・
● トリュフォー監督のお世話になることを決意
などがあります。
***************************************************

入門日記第9回はこちらから⇒フランソワ・トリュフォー監督の映画 「Les mistons」(あこがれ)のmistonとは?



  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね☆

◆お気に入り登録は Ctrl+D

◆ツイターで更新情報、フランス語の表現などつぶやいてます。
◆つぶやきのログはこちら ⇒pen(@mlle_pen) - Twilog
◆Feedlyでフィードをとって読むと何かと便利↓↓penも愛用中
follow us in feedly

逆アクセスランキング☆彡

毎月1日にリセットします
どなたもふるってご参加を!
2以上のアクセスから参加できます(^O^)/
アクセスランキング

アーカイブ

このブログの運営者

運営者こんにちは。フランス語愛好家のpenと申します。 フランス語を自宅で学習して正味3年8ヶ月です。おもにインターネットの講座とラジオ講座(ストリーミング放送)を利用してます。学習するにつれて自分の世界がどんどん広がってきました。
このブログには日々の学習や、フランス語について書いています。コツコツ謙虚に学んでいきたいです。もう少し詳しい自己紹介はこちら⇒penはこんな人
プライバシーポリシー・免責事項・著作権

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちらからどうぞ
封筒
⇒お問い合わせフォームへ

お気軽に^^